「大人の童話」
Wonderful(やま)

Wonderful ③

 ←Wonderful ② →Wonderful ④


ショーはゴクッと唾を飲むと、サトシの唇に近づきます。

プルンプルンで柔らかそうな唇に、ショーは吸い込まれそうになって、

ブルブルッと頭を振ります。

吸い込まれては大変です。

ショーは中指ほどしかないのです。

そっと、そぉっとサトシの唇に手を掛けます。

案の定、サトシの唇は柔らかく、その襞の一つに自分の唇を落とします。

サトシに気付く様子はありません。

大胆になったショーは、さらにサトシの唇を舐めまくります。

なぜだかとても甘いのです。

夢中で舐めていると、サトシの大きな舌がショーの顔を掠めます。

唇を舐めたのでしょう。

不意をくらったショーは、サトシの舌に振り落とされそうになりながら、

辛うじて唇にしがみ付きます。

柔らかい舌とはいえ、ショーにとっては自分と同じくらいの大きさ。

危険を感じ、顎から下りようとすると、グラッと足下が揺れました。

サトシが寝返りを打ったのです。

「ぎゃあっ!」

顎に片手でぶら下がって、なんとか下敷きになるのは免れると、

よいしょ、よいしょと顎に上ります。

腕の力はあるようです。

顎を上りきると、頬の広い部分が目の前に広がります。

今は平らになっている頬。

そこを進み、右と左でショーは考えます。

右に行けば瞼。

左に行けば耳。

まずは瞼の方に行ってみることにしました。

瞼はもちろん閉じられています。

起きている時には気づかなかった、睫毛の長さに驚きます。

ショーの髪の毛より長いのです。

睫毛の先の小さな山の上で、腰を下ろし、ちょっと休みます。

寝息と共に揺れる睫毛が綺麗で、ぼーっと見つめてしまいます。

まるで水辺でそよぐ長い葦のようです。

ショーは思い立って、睫毛の根元も舐めてみました。

ちょっとしょっぱいような気がします。

それでも、それはやはり美味しく、睫毛の付け根に沿って唇を這わせると、

目尻にちょっと溜まった涙に遭遇しました。

その涙に、舌を突っ込みます。

じわっとしょっぱさが口の中で広がります。

でも、それはまずい物ではありません。

むしろ、体が欲しているようで、何度も何度も涙の中に舌を差し込みました。

体にグンっと力が沸いてくるような、ショーはそんな気がして、涙を舐めとります。

さて、お腹もそこそこになったところで、今度は耳の方へ向かいます。

耳は、横になったショー位の大きさで、大きな穴が空いています。

まずは入り組んだ耳の間に入り込みました。

岩場を歩く感じです。

サトシの綺麗な耳は、ちゃんと掃除がされていて、ツルンとしています。

試しにそこも舐めてみました。

やはり、ちょっとしょっぱい気がします。

耳たぶの柔らかい所に座って、そこを舐めてみると、

サトシが

「あ……。」

と小さく声を上げました。

もう一度、今度はもっと大きな口を上げて、齧り付きます。

すると、先ほどよりもっとはっきりと、サトシが声を上げます。

おもしろくなったショーは何度も何度もサトシの耳を甘噛みします。

時には、ちょっと歯を立てたりします。

その度に、サトシは声にならない声を発しました。

「ぁんっ……。」

「は…ぁ……。」

「ぃやぁ……。」

気持ち良さそうな、気持ち悪そうな、そんな声です。

最後に、大きな穴に、足を突っ込んでみました。

中は何もない空洞のようです。

縁に腰かけ、バタバタと足を動かすと、

サトシの手が、ショーを払い退けようとします。

飛ばされてはかなわないと、ショーは体中でサトシの指に抱き着きました。

サトシは、耳元をもう一度軽く払って、手を蒲団の中に戻します。

蒲団の中は暗く、今、自分がどこにいるのか全くわかりません。

ショーは仕方なく、勘に頼って歩き出しました。

服の上……なのは確かなようです。

時々、布に寄った皺なのか、凹凸があって転びそうになったので、

ショーは布の隙間から、中に入ることにしました。

サトシの肌に足を付けると、暖かい感触にゾクッとしました。

しっとりとしていて、でもなだらかですべすべしています。

ショーはその上で寝転んでみました。

サトシの鼓動を感じます。

息と共に上下するサトシの肌。

想像だにしない心地よさです。

今日はここで寝ようかと思いましたが、ここで寝るのはリスクが高すぎます。

ショーは口を尖らせて起き上がります。

とりあえず、布団から出ないといけません。

サトシの肌の上を突き進みます。

上からかかる圧力が弱くなったら蒲団の端でしょう。

ショーは闇雲に歩きましたが、

なだらかな肌の上は気持ちよかったので、全然苦痛ではありません。

もちろん、暗かったので、ちょっとビクビクはしましたが、

ここはサトシの上です。

何も怖がることはありません。

少し進むと、不思議な山に行きあたりました。

目の前にそびえたっているのです。

サトシの体で、こんなに出っ張った所があっただろうか……。

ショーは考えますが、思いつきません。

仕方なく、その山の正体を調べてみることにしました。










関連記事
スポンサーサイト



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ 3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ 3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ 3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ 3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ 3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ 3kaku_s_L.png season
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏の名前
総もくじ 3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ 3kaku_s_L.png Deepな冒険
総もくじ 3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ 3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ 3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
総もくじ 3kaku_s_L.png 大人の童話
総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png Believe
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
【Wonderful ②】へ  【Wonderful ④】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【Wonderful ②】へ
  • 【Wonderful ④】へ