「ふたりのカタチ」
ふたりのカタチ(やま)【141~160】

ふたりのカタチ (147)

 ←ふたりのカタチ (146) →ふたりのカタチ (148)

とてもサラダ用とは思えないキュウリでサラダを作り、

ビール片手に餃子を摘まむ。

今日はダイニングじゃなく、リビングで一杯。

テレビで、新しいCMを見たくって。

今日から放送は第一弾のCM。

試写のとは違うやつ。

9時台の番組の途中でCMが流れた。

「ほら、これ!カッコいいんだよ!」

テレビを指さし、ショウ君の腕を掴む。

ショウ君はビールを飲みながら、目だけでテレビを見る。

安彦先生、ショウ君だって知ってるはず!

「おっ、すげぇっ!」

「でしょでしょ?」

「すごいなぁ。サトシはこういう人と一緒に仕事してるんだ。」

「一緒にって言うか……ほとんど関わりはないけど……。」

おいらもビールを口に運ぶ。

嬉しい反面、照れ臭い……。

少しでも安彦先生に関われたこと、すごいなぁって自分でも思う。

「おいらの描いたキャラクターが先生の手でデザインされて、

 動いてるって、すごいよね!」

「すごいよ。……なんか、サトシが遠い……。」

ショウ君が悪戯っぽく笑って、おいらの髪を撫でる。

「じゃ、ほんとに遠くに行っちゃう!」

テーブルのお皿を片づけようと手を伸ばして腰を浮かすと、

ショウ君の腕がおいらの腰を攫う。

「あっ。」

そのままソファーに沈められて、おいらを上から見つめるショウ君。

「すごいよ……。サトシはすごい。」

そんなに真っ直ぐ見つめて言われたら……照れ臭くって……。

おいらは視線をテーブルに向ける。

テーブルの向こうのテレビに、映画に出演する5人が映ってる。

「あ、見て。おいらあの、キャスターやる……。」

おいらの口はショウ君に塞がれ、いつの間に手にしたのか、

ショウ君の腕がスッと伸びて、リモコンでテレビが消える。

「ショ……んっ。」

絡まり合う舌に、ゾクゾクしながら、ショウ君の背に腕を回す。

ショウ君がおいらの顔の脇に両肘を付き、おいらの髪を撫でながらキスを続ける。

「あ……ふ…ぅんっ……。」

足を少しずらして、おいらの足の間にショウ君の左膝を入れる。

少し膝を立てると、ショウ君のに当たって……。

ショウ君の片手が、おいらのTシャツを捲り上げる。

「あ……ショ……。」

指先が胸の筋肉を優しく撫でる。

ショウ君の前髪が首筋をくすぐりながら、唇が胸に向かって下がって行く。

「俺の前で……他の男、褒めようとしたでしょ?」

ショウ君の声が少し意地悪。

「え……好きな芸能人、教えてあげたかっただけだよ……。

 前にやってたドラマがすごくよくてね……。」

「ほら、俺以外を好きなんて言う……。」

ショウ君の唇がおいらの胸を摘まむ。

背中を刺激が駆け抜ける。

「あぁっ!」

仰け反る喉を、ショウ君の手が滑る。

「……芸能人……じゃん……ぁあっ……ショ、やめ……。」

「抱いてって言ったの、サトシだよ?」

そうだけど……それは……。

「芸能人だろうと、サトシの口から他のやつが好きだなんて、聞きたくない。」

「ショウ君……。」

上目使いのショウ君が……エロい。

胸元からおいらを見上げ、顔を動かさずに指だけ動かす。

開いたシャツの間から見える胸元が……エロくて、ドキッとする。

「あ……やぁ……。」

ショウ君の膝が、おいらの足の間を上ってくる。

太腿の内側を優しく擦るようにゆっくりと。

「んっ……ショウ君だって、ドラマ……見て、いいなって言ったりするくせに……。」

「サトシ以上にカッコ良くて可愛くて……セクシーなやつ、見たことないよ?」

ショウ君の唇から、赤い舌先が出て、胸の上を動き回る。

「あぁ……んっ……。」

思わず、ショウ君の髪の中に指を突っ込む。

止めて欲しいけど、止めて欲しくない……。

疼くおいらの下半身……。

「うそ……社長と執事のドラマで、社長が可愛いなって言ってた。」

「サトシの次にね。」

ニヤッと笑うショウ君。

ずるい……。

「おいらだって!ショウ君よりカッコいい人、見たことないよ?」

「ほんとに?」

「……ほんとだよ。キャスターの人だって……ショウ君に似てるから……。」

「俺に?」

ショウ君が胸から顔を上げる。

「……そうだよ。フッとした表情とか、頭の良さそうなとことか……。」

おいらが口を尖らせて、ショウ君を見ると、ショウ君が満面の笑みで笑う。

その顔……反則だからね!

ずるいよ、ショウ君!

「だったら……俺だけ見てればいい……。

 俺以外、見なければいい……。」

「そんなの無理……。」

ショウ君が伸び上がって、唇をおいらに押し付ける。

「んんっ!」

唇を離したショウ君が言う。

「ずっとキスしてれば……俺しか見えないよ?」

勝気で、大胆で、自信に満ちてて……。

さっき、情けない顔してたショウ君とは思えない。

「キスしてなくても……。」

おいらは両手を、ショウ君の頭の後ろに回す。

「ショウ君しか見てないから。」

今度はおいらから、ショウ君の唇に唇を押し当てる。

ショウ君の腕がおいらの背中に回って、おいらを抱きしめる。

っもう、ショウ君……意地悪でずるくて我が儘で……でも、大好き!










関連記事
スポンサーサイト



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ 3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ 3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ 3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ 3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ 3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ 3kaku_s_L.png season
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏の名前
総もくじ 3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ 3kaku_s_L.png Deepな冒険
総もくじ 3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ 3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ 3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
総もくじ 3kaku_s_L.png 大人の童話
総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png Believe
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス
もくじ  3kaku_s_L.png つなぐ
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
【ふたりのカタチ (146)】へ  【ふたりのカタチ (148)】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【ふたりのカタチ (146)】へ
  • 【ふたりのカタチ (148)】へ