Your Eyes(やま)

Your Eyes ⑧

 ←Your Eyes ⑦ →Your Eyes ⑨


「大野さん……。」

甘くおいらを呼ぶ櫻井君の声。

目の前の瞳は、真っ直ぐにおいらを見つめる。

「キス……してもいいですか?」

「えっ……?」

おいらはこの瞳に見つめられると動けなくなる。

何も考えられず、何もできなくなる。

それくらい、強い視線。

「な、なんでそんなこと聞く……。」

「だって……まだ返事、もらってないから……。」

櫻井君の手がおいらの肩にかかる。

「ダ、ダメだよ。大人をからかっちゃ。」

「からかってなんかいません。僕は真剣です。

 わかりませんか?」

櫻井君の瞳には揺らぎがなくて、おいらは顔を背けることもできなくて……。

わかってる。

櫻井君が真剣だってこと。

真面目で一生懸命でキラキラでピチピチの櫻井君。

そんな櫻井君が……おいらを好きだと勘違いしてるってことも!

「さ、櫻井君!」

「なんですか?」

後3センチのところでおいらを見続ける櫻井君は、慌てるおいらとは対照的におだやかで。

「ま、まずはちょっと話そうか。」

「いいですよ。どうぞ。」

「こ、このまま!?」

「どうぞ。」

後3センチの寸止めで、キラッキラの笑顔が、おいらの視界一杯に広がる。

眩しくて……でも、目を離すこともできなくて……。

仕方なく、おいらはそのまま話し出す。

「さ、櫻井君は、勘違いしてるんだと思うんだ。」

「勘違い?」

少し顔が傾く。

「そう……仕事のことを考えてる内に、おいらのことを考えて……。

 好きなんじゃないかと錯覚する……。

 よくあることだよ。」

よくあることか!?

聞いたことないぞ!

「錯覚……ですか。」

「そうだ。錯覚だ。本当はそんな気持ちじゃないのに、

 仕事の高揚感で、恋愛のような気がしてるだけなんだ。

 冷静に考えてみろ。

 37のおっさんのおいらに、櫻井君を引き付ける魅力なんてあるわけない。

 あるのは、取引先の担当課長……その肩書だけだ。」

「なるほど……。」

「どう攻略して、次の仕事に繋げるか……。

 そう考えることは、恋愛と似ていないこともない……。」

に、似てるか?

恋愛ってもっと、ドキドキしたり、キュンとしたりするもんじゃないのか!?

あ……仕事もドキッとするか……。

「仕事と恋愛の近似性については、置いておくとして……。

 僕が、大野さんに感じているのは明らかに恋愛です。」

「なぜそう言いきれる?」

目の前で動く唇は、艶があって、柔らかそうで、

それが大きな瞳と一緒になっておいらを釘付けにする。

「恋愛以外で、キスしたくなったりしますか?」

「し、しないとも言い切れないだろ?」

「例えば?」

「例えば……、あんまりお腹が空きすぎると、

 食べ物じゃなくても美味しそうな気がしてくるじゃないか……。

 ほら、空に浮かぶ雲を見て、美味しそうなハンバーグに見えたり……。」

「雲ですか……。」

「そうだ。河原に落ちてる石ころがおにぎりに見えたり……。」

櫻井君がクスッと笑う。

「可愛い幼年期だったんですね。大野さん。」

ち、違う!そうじゃない!

「でも、目の前の美味しそうなイチゴは、間違いなく美味しいと思いますよ?」

櫻井君の唇が若干近づく。

「ま、待て!よぉっく考えろ。

 目の前のイチゴはもう賞味期限切れだ。腐ってるかもしれないぞ。」

「腐ってるなんて、願ったり叶ったり!」

なぜか櫻井君が嬉しそうに笑う。

「腐る寸前が、なんでも一番おいしいんですよ。

 熟して……甘く香る……。」

櫻井君の唇が近づいてくる。

う、動けない……。

避けることも、押し返すこともできなくて……。

されるままに、唇が重なる。

柔らかい唇の感触。

次いで、温かさが伝わって……。

ただ、重ねただけの唇の気持ち良さ。

目の前の櫻井君は、目を閉じることもなく、おいらを見つめ、

おいらも見つめ返す。

イチゴは……本当に甘く、芳香な香りを放つ。

もっと味わいたい……。

もっと……。

わずかに唇を動かし、櫻井君の唇の柔らかさを楽しむ。

柔らかく熱い若い実は、齧れば今まで味わったことのない味がするはず……。

唇をまたずらし、その間に舌を押し込む。

櫻井君の瞳が大きくなる。

大きくなって、ふんわりと色を湛える。

絡まり合う舌は、果実の汁を溢れさせ、クチュッといやらしい音をさせる。

まだ青臭さの残る実は、想像以上に繊細に動き、ひたむきに追いかけてくる。

ああ……。

久しぶりだからか?

それとも男同士だから?

歳の差のせい?

……何のせいにしろ……。

その果実が魅惑的だということに変わりはなく……。

喰らい尽くしたい欲望を、必死で抑え込むおいら。

櫻井君は気付いていたのだろうか。

どんなに理由を並べ立てようと、どんなに言い訳しようと……。

櫻井君から目が離せないおいら。

会いたいと思うおいら。

イチゴが食べたかったのは……おいらの方だ。

大人の常識を盾に身を守っていたのは、

一度味わったら、離れられないことがわかっていたからだ。

この魅力的なイチゴを……。

おいらの手を、櫻井君の背中に回す。

22歳の若造に。

37のおっさんのおいらが溺れる図なんて、どう考えても滑稽で。

そんな滑稽な図になっても……。

あんまりイチゴが甘すぎて、おいらの大人の常識が……。

「おお……の…さん……。」

櫻井君の瞳の中に吸い込まれていった。










関連記事
スポンサーサイト



総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png Love so sweet
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png Believe
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス
【Your Eyes ⑦】へ  【Your Eyes ⑨】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【Your Eyes ⑦】へ
  • 【Your Eyes ⑨】へ