Believe

Believe -15-

 ←Believe -14- →Believe -16-


すぐに食事が下げられ、部屋に戻される。

寝間着に着替えながら、ベッドに腰かけ、ぼーっと考える。

ガンディア公の言ったあいつ。

父さんと母さんの敵のあいつ。

本当のあいつはどっち?

僕は立ち上がって、あいつの寝所に向かう。

今日は……来なくていいとは言われなかった。

でも、あいつの寝所の前で入るのを躊躇う。

今晩は、ガンディア公の所に行くかもしれない。

ガンディア公の気持ちを考えれば、そうしてあげて欲しいと思う反面、

行って欲しくないと思う自分もいる。

行って欲しくない?

僕はどうして行って欲しくない?

いや……もう部屋にはいないかもしれない。

ガンディア公の所に行って……。

そう思うと、やるせない気持ちでいっぱいになる。

あいつがいてもいなくても、これは僕の仕事だ。

この部屋に来て、ベッドで寝る、それが僕の仕事なんだ。

自分に言い聞かせ、扉を開ける。

椅子に座るあいつの背中が見える。

ホッとして、ベッドに入ろうと、片足を乗せ、動きを止める。

寂しそうな、苦しそうな背中。

「……行かなくていいの?」

ポツリと、思ってたことが口をついて出る。

「……どこへ?」

あいつが身動きせず答える。

「ガンディア公の……とこ。」

「……久しぶりだからと言って、一緒に寝る歳でもない。」

「でも……。」

「お前は黙っていろ。私とマサキの問題だ。」

「でも、きっと待ってるよ。」

「しゃべるなと言っている。聞こえなかったのか?」

僕はベッドから足を下す。

「……待ってる。あんたに抱きしめて欲しくて待ってる!」

「言うな!」

あいつは目を開け、悲痛な顔で僕を見る。

「ほら、そんなに心配してるくせに!」

「それ以上しゃべるな!」

あいつは僕の腕を掴んで引き寄せると、膝の上で抱きかかえるようにして唇を奪う。

「んっ!」

激しいキスは抵抗を許さない。

勢いよく舌を絡められ、なすすべなく蹂躙されていく。

「あっんっ……。」

蹂躙されてるはずなのに、僕もあいつの舌を求めて吸い上げる。

激しいキスは、お互いの体ですら絡まり合う。

あいつの膝の上で、あいつの首に腕を回し、あいつの中にのめり込んでいく。

行かせたくない……。

そう思う気持ちの表れなのか。

あいつは、僕を力強く抱きしめ、背中を撫でるように擦り、

布越しに触れあう肌と肌が熱い。

「んっ。」

口の端から唾液が垂れ、顎を伝う。

そんなことを気にする様子もなく、あいつの唇は僕の唇を喰らい尽くす。

あまりの激しさに、息もできない。

「んぁっ……。」

口を開け、息を吸いこもうとしても、あいつの舌が奥へ奥へと攻めたててくる。

「あっ、んっ……。」

どうにも苦しくなって、あいつの胸を拳で叩く。

ドン、ドンドン。

数回叩いても止めてくれない。

僕は、あいつの胸に手をついて、思いっきり突き放した。

「んあっ!」

やっと離れた唇で、思い切り息を吸いこむ。

「はぁ~~~っ。」

「お前はまだ息ができないのか?」

「こ、こんなの、できるわけない!」

僕が数回深呼吸すると、あいつの表情が少し和らぐ。

膝の上に横座りする僕を、座りがいいように引き上げて、腰に腕を回す。

なんだか小さな子供になったような気がする……。

恥ずかしくなって、チラッとあいつを見ると、やっぱり表情は曇ったまま……。

「心配……なんでしょ?」

僕はあいつの肩に腕を掛ける。

「ああ、心配だ……。」

「だったら……。」

「それでも……マサキの気持ちに応えてやることはできない。」

ガンディア公の気持ちに気付いてる……。

気付いているから、行けない?

「それは……兄弟だから?」

あいつは言葉を選ぶようにゆっくり話す。

「私はマサキをそういう目で見ることができない。

 私にとってマサキは、いついかなる時も可愛い弟だ。」

兄弟以上の気持ちを持つガンディア公。

兄弟以上になれないこいつ……。

気持ちは誰にも変えることはできない。

自分に嘘もつけないし、裏切ることも……。

ガンディア公が言ってたのは自分のことだ。

僕は?

僕は自分の気持ちに嘘をついていない?

裏切っていない?

「マサキの所に行けば、あいつに期待を持たせる……。」

僕は何も言えない。

ガンディア公が期待するのがわかっているから。

……そう、今の僕みたいに。

ダメだってわかってるのに、

敵だってわかっているのに……期待している僕の心。

キスするのは僕だけ?

僕は浮名を流す女達とは違うよね?

特別……、そう、特別だと言って欲しくて。

優しく笑いかけながら、そう言って欲しくて……。

父さんと母さんの敵のこいつに……。

敵なのに……。

僕はあいつの顔をじっと見つめる。

「ショウ……?」

「僕は……、僕はあんたの何?」

あいつは……少し困った顔をして……、

もう一度唇を合わせた。










関連記事
スポンサーサイト



総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png Love so sweet
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png Believe
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス
もくじ  3kaku_s_L.png MONSTER(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
【Believe -14-】へ  【Believe -16-】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【Believe -14-】へ
  • 【Believe -16-】へ