愛と勇気とチェリーパイ(5人)

愛と勇気とチェリーパイ #15 上

 ←WONDER-LOVE Never -8- →愛と勇気とチェリーパイ #15 下


やっとこの日が来た!

あたしは扉の前でお店を見上げる。

年末年始、Cafe Happinessは1週間もお休み。

なかなか長い休暇が取れないからって店長が……。

そりゃあね、店員にとってはそうかもしれないけど、

あたしにとっては長い長~い苦しみよ?

1週間もイケメン達に会えないんだから!

掃除したり、友達に会ったり、テレビ見たり、

それなりに忙しかったけど、物足りなさは尋常じゃない!

もうね、一人で悶えちゃうくらい妄想してたわよ。

イケメン達に会えないことがこれほど切実だなんて、思ってもみなかった!

そして、待ちに待った今日、久しぶりのイケメン達にやっと会えるの!

久しぶりのせいか、ちょっとドキドキしながら重い扉を引いて中に入る。

まだ開店して間がない時間なのに、店内には数組のお客さんがいて、

イケメン達はみんな忙しそうに働いてる。

最初に気付いてくれたのはニノちゃん。

「あ、明けましておめでとうございます♪」

ニノちゃんの変わらない笑顔~♪

ほんと、可愛いんだから!

ああ、心が浄化されていく~。

その声に気づいたアイバ君があたしに笑いかけてくれる。

「おめでとうございま~す。年末年始は実家帰ったの?」

アイバ君の笑顔に誘われて、カウンターの端の席に腰かける。

「うん。大晦日と元日だけね。すぐに帰って来ちゃった。」

「なんで?久しぶりでしょ?実家。」

アイバ君はグラスを拭きながら、首を傾げる。

「この歳の独身女に実家はきついのよ。」

「そんなことないでしょ?今は結婚年齢も上がってるし。」

いつの間にか隣にいたショウ君がお冷を差し出し、おしぼりを置く。

「明けましておめでとうございます。

本年も何卒、この店をよろしくお願いいたします。」

ショウ君が丁寧に腰を折る。

あたしも立ち上がって挨拶する。

「こちらこそ、今年もよろしくお願いします。」

ほんと、よろしくお願いしますね!

なんと言ってもこの店があたしの癒し、元気の素!

この1週間なんてね、びっくりするほどお肌はカサカサ、

腕にはポツポツが出て、大変だったんだから。

シートパックをびっくりするくらい肌が吸い込んでくの。

わかる?

朝晩パックしてたわよ。

内からケアできなくても、外からはしなくちゃね。

やっぱりイケメンを見て女性ホルモン分泌させなきゃダメなのねって

身をもってわかったわ!

「今日は何にする?ケーキ?」

アイバ君がカウンターの中から聞いてくる。

「うん。ランチもいいかなと思ったけど、今日は久しぶりのケーキが食べたい!」

「じゃ、ケーキとコーヒーね。」

アイバ君がニカッと笑う。

あたしも大きくうなずいて、つられて笑顔になる。

いいのよね~。

アイバ君の太陽みたいな笑顔!

「お正月はお節ばっかりになっちゃうからね。」

ショウ君がちょっと面白くなさそうにつぶやくのが聞こえる。

あら?もしかしてお正月は実家?店長とは別?

「今日、店長とMJは?」

「店長はもうすぐ来るんじゃない?MJは……。」

ショウ君がチラッと奥のボックス席に目を向ける。

「お客さんのサプライズで忙しい。」

さわやかな笑顔で笑いかけるショウ君は、まさにイケメンの鏡!

その知的な笑顔、どんなに見たかったことか~。

ついでに店長に向けるデレ顔も、お願いしますね!

「あ、忙しいのにケーキ頼んで大丈夫?」

「あはは。大丈夫だよ~。MJのケーキがなかったら、ウチの店、すぐつぶれちゃうから。」

アイバ君がふざけてそう言うと、ショウ君もうなずく。

そんなことないよ。

これだけイケメンがいたら、お水だけだってお客さん来ちゃうから!

ショウ君を呼ぶお客さんの声で、慌ててレジに戻るショウ君。

それと同時にアイバ君もコーヒーの用意を始めたから、あたしはゆっくり店内を見回す。

お正月飾りはあるけど、相変わらず落ち着く雰囲気。

店長の絵がいくつか増えてる。

そう言えば、ショウ君から店長へのプレゼントって何だったんだろう?

奥の席から笑い声が聞こえてくる。

チラッと見ると、一番奥の席で楽しそうに笑う4、5人の女性客。

その目はショウ君を追っていて、

あの人達もイケメンの恩恵に授かっているのがすぐわかる。

だってね、本当に化粧のノリが違うんだから!

久しぶりだからかな。

イケメン達の笑顔がやけに眩しくて。

早くイチャイチャを見せて!

と思ってたら、奥からMJが出て来た!

「明けましておめでとうございます。」

勢いよく声を掛けると、MJの天使の笑顔が帰ってくる。

「おめでとうごさいます。」

あぁ~、なんて可愛いの。

なんて綺麗なの。

ほんとに天使!まさに天使!

その天使の手には、キラキラ光り輝く……。

「ほい、コーヒー。」

アイバ君がカウンターにカップを置く。

そこに注がれる薫り高い液体。

MJはカウンターを回って、あたしの目の前にケーキを置く。

キラキラ光る魅惑のチョコケーキ。

「トロワショコラ。3つのショコラの味をご堪能ください。」

今日のMJはちょっと畏まって、ケーキのお皿の隣にコーヒーを取ってくれる。

「綺麗……。」

スポンジ?ムース?

何層にも重なったケーキの上に、見るからにトロトロのチョコがかかってる。

そのケーキの隣には可愛いマカロン。

ピンクはストロベリー?

チョコのマカロンと並んで、コロンと寄り添い合って。

う~ん、可愛い!

「感想聞きたいから、また後で来るね。」

MJが天使の笑顔を振りまいてキッチンに戻って行く。

もちろん、アイバ君の後ろを通る時のスキンシップも忘れない。

サイフォンを洗うアイバ君の後ろから、耳元に唇を当てて何かしゃべってる。

なになに?

今日の夜は空いてる?

そんなことここで聞くなよ。

なに?照れてんの?

なんて会話が聞こえるよう……。

うっとり。

もちろん妄想です。

でも、だってね!

MJってば、お約束の腰に手は健在だし、なぜか色っぽい目で耳元見てるし、

後ろから腰に手を当てるって、どうなの?

これ、妄想しても仕方ないと思わない?

あ~、あたしの女性ホルモンが!

ドクドクと音を立てて流れてくるわ~!










関連記事
スポンサーサイト



総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png Love so sweet
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png Believe
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス
もくじ  3kaku_s_L.png MONSTER(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
【WONDER-LOVE Never -8-】へ  【愛と勇気とチェリーパイ #15 下】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【WONDER-LOVE Never -8-】へ
  • 【愛と勇気とチェリーパイ #15 下】へ