イチオクノホシ(やま)

イチオクノホシ ~ くるみ割り人形 ~ ⑩

 ←イチオクノホシ ~ くるみ割り人形 ~ ⑨ →WONDER-LOVE Never -1-


俺は軽く智の鼻にキスをして立ち上がる。

部屋の隅に投げたコートをごそごそ探して、あれを手に握り締める。

智は黙って俺を待つ。

心臓がバクバクしてくる。

受け取ってくれる……きっと……。

智の隣に座り、智の手を開かせ、その上に手の中の物を乗せ、握らせる。

「……?」

智が不思議そうに俺を見る。

「ここの合鍵。狭いけど……一緒に暮らそう。」

智がゆっくり指を広げる。

手の中には、小さな星のついた鍵。

「翔っ!」

智が俺の首っ玉に飛びつく。

「智!」

あまりの勢いに、後ろに倒れそうになりながら、智を抱きしめる。

「最高のクリスマスプレゼント!」

智の腕に力が入って、俺は嬉しくて、でも苦しくて、智の腕をゆっくりと解く。

「プ、プレゼントは……今度選びに行こう。」

「これで十分だよ。おいらには最高のプレゼント!」

「いや……一緒に暮らすなら……ベッドは買いに行かないと……。」

語尾が段々小さくなる。

エッチが目的みたいに聞こえそうな気がして……。

「んふふ。そうだね。もうちょっと大きい方がいいか?

 でもあんまり大きなのはいらないよ。どうせずっと抱き合ってるんだから。」

智が悪戯っぽい顔で笑う。

「さ、智!」

顔が熱くなって、恥ずかしさを紛らわす為にシャンパンを持ち上げる。

「貸して……。」

智がグラスを奪って、一口飲む。

そのまま、俺の口へシャンパンを注ぎ込む。

ぬるいシャンパンは智の味。

智はそのまま、馬乗りになって俺の唇を貪り始める。

口の端から零れるシャンパン。

「翔……。」

智の細い指が、零れたシャンパンを拭って、そのまま俺のシャツのボタンを外す。

「智……。」

智の髪に指を絡め、智の頬に手を添える。

「まだ言ってなかったね。今日の舞台もすごかった。」

「ほんと?」

「うん……。コミカルで……男らしくて……。

 何より智が楽しそうだった。」

俺は思い出してクスッと笑う。

踊ってる智はいつでも楽しそうだ。

全身から踊る喜びが滲み出てる。

でも、今日の智は違う喜びに満ちていた。

元カノが結婚するからか、子供達と一緒だからか……。

昔の自分を懐かしんでいたのかもしれない。

外されたシャツの間から、智の指が滑り込んでくる。

「おいらも……翔に言わなきゃいけないことがある。」

「……何?」

智は俺の胸の筋肉を弄びながら、俺を見上げる。

「おいらの荷物……明日届くから。」

「……え?」

「押しかけ女房しようと思って……。そしたら翔がコレくれて……。

 おいら達、本当に気が合うんだなって、嬉しくなった!」

「智……。」

俺はびっくりして、智を見つめる。

「なんか最近……翔が悩んでるみたいだったから……。

 ここはおいらがガシッと引きしめなきゃダメかなと思って。」

智が小さく舌を出す。

「智……。」

智を見てると、悩んでるのがバカらしくなってくる。

智はこんなに俺のこと考えてくれて、愛してくれてる。

俺も……もっと自信を付けて……智に追いつかなきゃいけない……。

「智……。」

「おいらのサンタはちゃんと願いを叶えてくれた……。」

智の髪を梳き、智の頬を撫でる。

「俺のサンタも願いを叶えてくれたよ……。」

こんな最高のプレゼントを俺のところに届けてくれた。

「あの子の願いも叶うかな……。」

智が俺の胸に唇を当てながら言う。

「あの子?」

「ほら、おいらがメイクした男の子。やんちゃそうな。」

「ああ……。何をお願いしたんだって?」

俺も智の髪に唇を当てる。

「んふふ。おいらみたいに踊れるようになりたいって!」

「智みたいに?ずいぶん先の願いだね。」

「おいらも覚えがある……。

 初めてトゥール・アン・レーヌ見た時、絶対あれやりたいって思ったもん。」

智が楽しそうにクスクス笑う。

「じゃ、あの子も未来のダンサーだね。」

「うん……。きっと願い続ければ叶うから……。

 おいらはどっちも手に入れてる。」

「どっちも?」

「うん……。バレエも翔も……。」

智……。

俺の手が智の頬から首筋を這う。

「今日の舞台みたいに……。夢だったってことにはならない?」

これは自分に言った言葉。

もしこれが夢だったら……一生覚めなければいい。

「ふふふ。これが夢なら……現実はきっともっと甘いよ……。」

智の唇が俺の唇に重なる。

柔らかく甘噛みして、智の舌がチョロチョロ動く。

「智……。

 愛してる……。愛してるから……。」

「また、から?」

智がクスッと笑う。

「愛してるから……側にいて欲しい……。」

「ずっと……、言われなくても一緒にいるよ……。」

智の背に手を回して、智の体を引き寄せる。

くるみ割り人形は、クララのサポートでねずみの王様を倒した。

俺も、智のクララになって、智をサポートしてあげたい……。

「あ……あんっ……。」

智の声が甘くなる。

夜は……俺がリードしてもいいかな?

ねぇ、智?










関連記事
スポンサーサイト



総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png Believe
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス
もくじ  3kaku_s_L.png つなぐ
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
【イチオクノホシ ~ くるみ割り人形 ~ ⑨】へ  【WONDER-LOVE Never -1-】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【イチオクノホシ ~ くるみ割り人形 ~ ⑨】へ
  • 【WONDER-LOVE Never -1-】へ