「Love so sweet」
Love so sweet(やま)【61~80】

君は少しも悪くない 下

 ←君は少しも悪くない 上 →CARNIVAL NIGHT Part2 #28 - season 文化祭編 -


「なんだ、そうなの?」

智は頬を膨らませたまま、顔を翔に向ける。

「そうだよ!悪いか!」

「悪かないけど……仕事だよ?」

「仕事でも……こんなに多いと……。ムカついちゃダメなのかよ!」

翔はクスッと笑って、智の頬を撫でる。

「ダメなわけないでしょ?……もっと妬いてよ。」

頬を撫でるその手を、首筋まで下げる。

「な……や、妬くよ!」

「妬いて妬いて。」

翔はクスクス笑いながら、智の首筋を指先でなぞる。

「お、怒ってるんだからな!さ、触るな!」

智が翔の腕を跳ね除ける。

翔は楽しそうに笑いながら、軽く腕を組む。

「いいの?触らなくて?」

「いい!触るなっ!」

楽しそうな翔に、さらに怒りが増していく。

このままではさらに翔を楽しませてしまう。

それはさすがに悔しい。

智はアトリエのドアを開け、この怒りの矛先を、別のものに向けようと考える。

絵を描いてもいいし、音を聞いてもいい。

とにかく、翔を楽しませるのは勘弁だ。

智が一歩アトリエに足を踏み入れると、後ろから腰を抱えられ、

引きずるようにリビングに連れ戻される。

「な、なにすんだよ!」

智が手足をバタつかせても、腰を抱いた翔の方が有利で、

そのままストンとソファーに座らされる。

ソファーというよりは、翔の上?

翔は智の腰を抱いたまま、ソファーに座り、自分の膝の上に智を座らせる。

後ろから抱きしめ、首筋に顔を埋める。

「妬いてくれたの……嬉しい。」

「……うるせぇ。」

「それだけ……俺のこと好きってことだよね?」

「……ちげぇよ。」

智は暴れて翔の腕から逃れようとする。

「動かないで。」

翔が耳元で囁くと、智の体がピクッと反応する。

智は少し低めの翔の声が好きだ。

その声は、智のエロモードのスイッチをオンにする。

「ほら、動かないで。なんだか智君が欲しくなってきた……。」

耳元で囁き続ける。

智の動きがピタッと止まり、智が唾を飲む。

「ご、ごまかす…気かよ……。」

智の声が和らぐ。

もう少し……。

翔は智のYシャツの中に手を忍ばせる。

「ごまかしたりしないよ。俺が智君にどれくらい本気か教えてあげたいだけ……。」

指先を胸に這わせ、チリッと摘まむ。

「んっ……。」

智の体が跳ね、体を固くする。

「多少のスキンシップなんて……気にならないようにしてあげるから……。」

翔の唇が智のうなじを甘噛みする。

「ぁんっ……。」

智の背中が仰け反り、翔の唇の前に、柔らかそうな首筋が当たる。

翔はそこに軽く噛みつき、指先でまたチリッと胸を摘まむ。

「俺が愛してるのは智君だけだよ……。」

囁きながら、両膝を少しずつ開く。

翔の腿の上に跨るように座っていた智の足も徐々に開く。

「や……。」

智が足を閉じようとするのを止める為、翔の指が智の脇腹を撫でる。

「ぁやっ……。」

智から力が抜ける。

感度のいい智は、それに抗う術を知らない。

もう、開いた足を閉じることもできない。

「ヤキモチ、妬いて欲しいけど、そんなの必要ないって……体に教えてあげるから。」

翔の手が智の中心をなぞる。

「ぅんっ……ずり……。」

智がピクピク体を震わせながらつぶやく。

「ずるいよ……。でも、これが一番、智君、聞いてくれるから……。」

翔は両手の動きを止めず、耳元で囁き続ける。

「愛してるよ……智君……。」

「しょ……。」

快感に震え出す智を抱きながら、翔は考える。

こんな風に妬いてくれるなら、もっと他の人とのスキンシップも考えなきゃいけないな。

次は……風磨でいくか?

いつもヤキモキするのは俺なんだから、少しはいいよね?

智に見えないように微笑んで、すっかり力の抜けた智の顎を掴む。

「愛してるよ。智君。」

グッと後ろを向かせ、智の唇に唇を重ねる。

「ん……やっぱ、ずりぃ……。」

唇が離れた瞬間そう言って、智の舌が翔の中に入り込む。

舌を絡め、唾液を交わらせてキスを楽しむと、つい聞きたくなってくる。

「智君は?俺のこと好き?」

「…………。」

ジトッと睨む智の瞳を、期待を込めて見つめる。

「智君……?」

「……知るか。」

翔がニヤッと笑う。

「そういう態度、後悔するよ?」

「お、怒ってるのは俺だかんな!」

智が翔の膝から下りようとするのを、翔の腕が遮る。

両手で両膝を掴まれ、無理やり足を開かされると、智は小さく呻く。

「ゆっくり体に教えてあげる。」

智の体がゾクッと粟立ち、いつの間にか怒りが収まっていることに気づく。

「愛してる……。」

翔の言葉は智を落ち着かせる魔法の言葉だ。

「愛してる……。」

繰り返し囁く翔の言葉をBGMに、今日も二人は官能の波に飲みこまれる。

智君、今日中に愛してるって言ってくれるかな?

翔は智の耳たぶを舐めながら、そんなことを考える。

「んっ……くっ……。」

智が身を捩るのを押さえつけるように、太腿の内側に指を滑らす。

「愛してるよ……。」

「……しょ、翔君なんか……あっ……。」

強情だね。

朝までは……無理か?

翔はそれでも囁き続ける。

もうすでに、智の耳に入る翔の声が、言葉として届いていなくても……。

「愛してる……、愛してる。」










関連記事
スポンサーサイト



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ 3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ 3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ 3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ 3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ 3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ 3kaku_s_L.png season
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏の名前
総もくじ 3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ 3kaku_s_L.png Deepな冒険
総もくじ 3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ 3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ 3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
総もくじ 3kaku_s_L.png 大人の童話
総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png Believe
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス
もくじ  3kaku_s_L.png つなぐ
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
【君は少しも悪くない 上】へ  【CARNIVAL NIGHT Part2 #28 - season 文化祭編 -】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【君は少しも悪くない 上】へ
  • 【CARNIVAL NIGHT Part2 #28 - season 文化祭編 -】へ