「ふたりのカタチ」
ふたりのカタチ(やま)【81~100】

ふたりのカタチ (83)

 ←CARNIVAL NIGHT Part2 #27 - season 文化祭編 - →WONDER-LOVE -1-


おいらはすぐにメールを開く。

『もう家に帰ってますか?

 サトシさんの家の近くで仕事があって、今、駅にいます。

 時間があるようなら、少し、お話しできませんか?』

おいらは手にしたぶりと大根を見て考える。

『わかりました。

 駅前のコーヒーショップで待っててください。』

おいらは急いで家に帰って、冷蔵庫にぶりと大根をしまう。

家に呼ぶのは……ショウ君が嫌だよね?

冷蔵庫を閉めて、廊下を歩いていると、メールが入る。

今度はショウ君。

さっき会ったばっかりなのに……。

おいらはメールを開いて読んでみる。

『もう家に着いた?俺も速攻で仕事終わらせて帰るから、

 さっきの続き……楽しみにしてる!』

 ……っもう、ショウ君は!

メールを読みながら顔が赤くなるのがわかる。

ショウ君の会社で、あんなことするなんて……。

ぜ、全部、ショウ君のせいだからね!

思い出しただけで、下腹部が疼いて……。

顔がさらに熱くなる。

素早く返信を打って……。

『着いたよ。続きは……ショウ君が疲れてなかったらね。』

あ……、類さんに会うって言った方がいいかな?

仕事中なのに、変な心配させちゃう?

おいらは悩んでメールを続ける。

『……今から類さんに会って来るね。

 大丈夫だから、心配しないで。

 あ、メールもすぐには見ないから、

 心配して細かく送って来ちゃダメだよ!』

返信ボタンを押して、玄関に急ぐ。

早くしないと、ぶり大根作る時間、なくなっちゃう!

玄関を出ると、携帯が鳴る。

今度は着信。

おいらは携帯を見て、溜め息をつく。

やっぱり心配しちゃうよね……。

携帯を開いて電話に出る。

「もしもし。」

「俺、今から帰るから!」

「おいらは大丈夫だから。みんなに迷惑かけちゃうよ。」

「いや、大丈夫。明日早出するから。」

「そう言う問題じゃない。」

おいらは駅に向かって歩き始める。

早く行って、早く帰ってこないと、本当にショウ君が帰って来ちゃいそうで……。

「本当に大丈夫だから。佐々木にもチームのみんなにも許可は取った!」

「……なんて言ったの?」

「サトシの一大事だ!早く帰らないと、サトシが襲われる!」

「……襲われないから、大丈夫。会うのも駅前のコーヒーショップだし。

 ショウ君……、お願いだから仕事してて。」

「サトシが心配で仕事なんか手に付かない!」

「ショウ君!!」

思いの外大きな声に、通りすがりの人が振り返る。

「他の誰かなら、グッと我慢する。我慢できる。でもあいつだけはダメだ。」

「……そんなにおいら信用してくれない?

 そりゃ、おいらが悪いんだけど……。」

「サトシ……。」

おいらは周りに人がいないことを確認する。

「ね、ショウ君。おいらは本当に大丈夫だから、ショウ君はちゃんと仕事して帰って来て。

 で、さっきの続き……しよ?」

「…………。」

「おいら、仕事してるショウ君、大好きだから……。

 ショウ君が仕事してる姿、思い出しただけで……疼く……。」

最後の言葉は声が小さくなって……ショウ君、聞こえなかったかも。

聞こえなくてもいいんだけど……。

「サトシ……。」

「仕事してるショウ君、本当にカッコよかったよ。惚れ直しちゃった。

 チームのみんなもショウ君を信頼してて……すごいなって。

 おいらも負けないように頑張らないとって思った。

 ショウ君の隣に並べる仕事しなくちゃって。」

「サトシの方がすごいよ。どんどん大きくなって、仕事の幅も広くなって……。」

「だから、その為にも、類さんとはちゃんと話さないと。

 イベントはまだこれからなんだから。」

「……わかったよ。仕事……終わらせて帰るから。」

「ショウ君……ありがとう。」

「……今、さっきの会議室にいるんだ。」

「さっきの?」

「うん……サトシの残り香を嗅ぎながら……。」

「ショ、ショウ君!」

おいらの顔がカッと熱くなる。

今日はほんと、すぐ顔が赤くなるから……。

「馬車馬のように働いて、速攻で帰るから!」

ショウ君の声の力強さが……怖い……?

「み、みんなに迷惑かけないようにね?

 無理やり急がせたりとか……ダメだよ?」

「ははは。みんなも俺の勢いに煽られるよ。

 佐々木なんか特に!」

「……佐々木さん……。」

「あいつ、サトシが捨てた缶を拾おうとしたんだぞ?

 俺が止めなかったら、間違いなく拾ってた!」

「…………。」

佐々木さん、それじゃストーカーだから……。

「大野サトシの口にした缶をみすみすゴミにするなんて、できません!って。」

佐々木さんの声真似をするショウ君。

すっごい……似てる……。

「ま、気持ちはわかるけど、持って帰るなら、俺だからって言ってやった!」

「違うでしょ!」

「そうだよ。俺はサトシの周りの物じゃなく、サトシ自身を感じたいから……。」

「ショウ君……。」

「……ちゃんと……話しておいで。俺も速攻仕事、終わらすけど。」

「んふふ……ショウ君……。」

おいらはホッとして、携帯を握り締める。

「ショウ君、大好き。」

「……ははは。一人で聞いてるからかな?なんか……照れる。」

「照れたショウ君、見たい!」

「帰ったら、いくらでも見れるから、言って?」

「うん。何度でも……ショウ君、大好き!」

「だから……今言われたら、すぐ帰りたくなっちゃうから!」

「ご、ごめん……。」

「謝らなくていいけど……。」

「んふふ。うん。」

おいら達は二人でなんだかほんわかして……。

「じゃ、切るね。もうすぐコーヒーショップ。」

「わかった……早く帰るんだよ?」

「うん。ショウ君も、無理しないでね。」

「……努力します。」

「うふふ。じゃ後でね。」

おいらはそっと電話を切った。

コーヒーショップはすぐ目の前。










関連記事
スポンサーサイト



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ 3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ 3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ 3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ 3kaku_s_L.png Love so sweet
総もくじ 3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ 3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ 3kaku_s_L.png season
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏の名前
総もくじ 3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ 3kaku_s_L.png Deepな冒険
総もくじ 3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ 3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ 3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png Love so sweet
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png Believe
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス
【CARNIVAL NIGHT Part2 #27 - season 文化祭編 -】へ  【WONDER-LOVE -1-】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【CARNIVAL NIGHT Part2 #27 - season 文化祭編 -】へ
  • 【WONDER-LOVE -1-】へ