愛と勇気とチェリーパイ(5人)

愛と勇気とチェリーパイ #14 下

 ←愛と勇気とチェリーパイ #14 上 →ナイスな心意気 ⑯ 上


しばらくボーっと幸せな家族を見ていたら、MJがプリンを持ってきてくれる。

「何?赤ちゃん、欲しくなっちゃった?」

MJが優しい顔で笑う。

そこは……言っちゃいけないとこよ?MJ!

三十路の女は何かと敏感なんだから!

「赤ちゃんの面倒より、上司の面倒みないといけないから。」

あたしはクスッと笑ってMJを見上げる。

「お姉さん、モテそうなのに。」

「どうでもいい人にモテてもしょうがないの。いいなと思う人にモテないと!」

と、ちょっと強がって見せる。

ええ、ええ、モテた記憶なんて一度もありませんよ。

人生なんて、そんなもんよ。

でも、あたしはこのカフェに出会ったから!

人生最悪のドツボの日にね!

MJが持ってきてくれたプリンは……。

綺麗に飾られた、色とりどりのフルーツ。

切り方も洒落てて、オレンジがクルクルしてたりとか、リンゴが段々になってたりとか!

中央に鎮座するプリンの上には生クリームとチェリー。

その横に小さなバニラが添えてあって、まさにプリン・ア・ラ・モード!

アイバ君もコーヒーをカウンターに出してくれる。

「できたよ!」

ニコッと笑う、太陽の笑顔。

あたしはプリンをスプーンで掬う。

プルンと揺れる柔らかいプリン。

さっきの赤ちゃんのほっぺたみたい!

口に入れた瞬間広がる優しい甘さ。

「超美味しい!」

思わず漏れる本音。

やっぱりさ、この懐かしくも新しいこの感じ?

スタイリッシュなのに郷愁を感じさせるこういうのは、まさにMJって感じ!

「美味しい?」

「うん♪」

あたしが落ちそうな頬を持ち上げて、声の方を見ると、いつの間にか隣に座ってた店長。

「あれ?いつ来たの?」

「今。」

店長はニコニコ笑ってあたしを見てる。

いやん♪

恥ずかしいからそんな顏で見ないで。

ちょっとはにかんで顔を背けると、店長がクスッと笑う。

「いいよね~。女の子がケーキ食べてるのって。」

……もう、女の子って歳じゃないですけどね!

ほら!MJのせいでちょっと卑屈になっちゃうじゃない!

そういう時はほら、店内のイケメンのイチャイチャ……。

店内を見回すと……。

あ……相変わらずニノちゃんが、イチャイチャしてくれてる!

今日はショウ君?

後ろからショウ君の腰に手を添えて、脇の下から覗き込むように……何してるの?

え?そのまま抱き着いちゃう?

店長~!ニノちゃんにショウ君、取られちゃいいますよ~と思ったら、

店長も二人をガン見!

心なしが寂しそうに見えるのは、腐女子心のなせるわざ?

ニノちゃんはそのまま前に回って、ショウ君に向かって背伸び……。

なになになに?

キス?

キスのおねだり?

店の中で?

公衆の面前で?

あたしの目がカッと見開くと、隣の店長の目もカッと見開かれる。

ニノちゃんに笑いながら何か言うショウ君。

なに?

愛を囁いちゃってる?

すると、ショウ君の脇から顔を出すニノちゃん。

「店長~!ショウちゃんが何か隠してる~!」

え?そうなの?

な~んだ、それを探してたの?

期待しちゃうじゃない!

で、ショウ君、何を隠したの~?

ショウ君は頭を掻きながらあたし達の方にやってくる。

「ショウ君、何隠してるの?」

店長が、ちょっと意地悪そうな顔でショウ君を見る。

困ったショウ君は……ポケットからごそごそと何か取り出して……。

「いや……その……なんて言うか……。」

なんだろう?珍しく歯切れの悪いショウ君。

「だからね、歩いてたら、すごく趣味のいいアンティークショップを見つけてね……。」

趣味の良いアンティークショップ?

「で……これまた趣味の良さそうな店長さんがいてね……。」

……で?

「……で…………これなんだけど……。」

ショウ君が店長の前に差し出したのは小さな箱。

「……おいらに?」

「うん……。」

店長はそれを受け取ると、じっと見つめる。

何?何が入ってるの?それはもしかして、あれですか?

指輪とかですか?

ペアリングですか~?

あたしが店長の手の中の箱を覗き込むと、店長が隠すようにポケットに突っ込む。

「これは……帰ってから開けるね。」

「え……。」

「えっ……?」

ショウ君とあたしが同時に声を発する。

「中身が何でも……受け取ってくれるってこと?」

ショウ君が心配そうに聞く。

「そりゃ……ショウ君からのプレゼント、受け取らないわけないでしょ?」

店長がニコッと笑う。

「お返しに……。」

店長は立ち上がって、レジ脇に行くと、壁にかかってる一枚の絵を外す。

「これね……おいらの最近の一押し。

 若手アーティストの作品なんだけどね、おいらの好きな海なんだ~。」

店長はその絵をショウ君に渡す。

あたしも隣に並んで一緒に見つめる。

澄んだ空と凪いだ海。

穏やかで、満ち足りた、愛に溢れた絵……。

サインはS.O.カケル……。

「このカケルって人、本物は売らないらしくって、レプリカなんだけど……。

 やっぱレプリカじゃダメかな?」

店長が眉を寄せると、ショウ君がおずおずと聞く。

「これを……なんで俺に?」

店長はクスッと笑う。

「ショウ君ちに飾ってあったら、おいら、いつでも見れるから。」

「それなら別にマサキんちでも、ジュンちでも……。」

「この絵は、ショウ君と一緒に見たいんだ。

 なんでだろうね?」

店長がにっこり笑うと、ショウ君が切なそうに顔を歪めて……。

それに堪えるように、にっこり笑う。

なんだろう……見てるだけでキュンとする。

ショウ君……それほどまでに店長のこと……。

「サトシ君……また、絵や釣り道具で部屋がいっぱいになったんでしょ!」

「んふふ。……バレた?」

「バレるよ!ちゃんと要らないものは捨てないと!」

「それをショウ君に言われたくない!」

「だったら……。」

二人がやいのやいの言い出して、絵を前にして笑いながらケンカしてる。

うふふ。ケンカまで可愛い二人。

知ってるのかな?今日が何の日か。

知っててプレゼントしてるなら……。

…………。

そこはあえて聞かずに妄想しとこう。

だって、それはねぇ?

愛する二人に任せないとね!

奥のボックス席から、楽しそうな赤ちゃんの笑い声が聞こえる。

幸せそうな親子……。

赤ちゃんがカピバラのぬいぐるみを嬉しそうにハムハムしてる!

可愛い……。

それより、赤ちゃんのパパと、一緒にいる男の人……。

この二人も私の目には……。

ダメね。腐ったフィルターはそう簡単には外せない!

だって、ここ、イケメンばっかりなんだもん!

うふふ。今日もたくさん、癒されました!

ありがとね~♪

あ~、でもね、店長!

…………いったい何もらったの?

後でもいいから、それだけは教えて~!!










関連記事
スポンサーサイト



総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png Love so sweet
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png Believe
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス
【愛と勇気とチェリーパイ #14 上】へ  【ナイスな心意気 ⑯ 上】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【愛と勇気とチェリーパイ #14 上】へ
  • 【ナイスな心意気 ⑯ 上】へ