「season」
CARNIVAL NIGHT Part2

CARNIVAL NIGHT Part2 #18 - season 文化祭編 -

 ←ふたりのカタチ (72) →ふたりのカタチ (73)
「ジュン君、その髪、どうしたの?」

サトシが不思議そうに聞く。

「ああ、これ?」

ジュンは、ウィッグを外すと、坊主頭を撫でる。

「これだと似合わないからって、被せられた。」

片頬を膨らませ、頭の方に眼玉を向けるジュン。

「最初は帽子でいいって言ってたのに……。」

また、ウイッグを頭に乗せ、キュッキュと整える。

「え?被ったまま?」

「だって、これ持って歩けって。」

ジュンは脇に挟んでいたボードを取り出す。

『あなたの人生は変えられる!?
 カジノ 普通科校舎2階奥!』

派手に書かれた文字を掲げて、ジュンが苦笑いする。

「坊主じゃ怪しい人なんだって。」

「まあ、そうね。確かに。」

カズもクスクス笑う。

「俺のこと、使いすぎなんだよ!」

「そりゃ、ジュン君がクラスにいたら、使わないわけないでしょ!」

「クラスにいなくても、使われてるけどね?カズ?」

ジュンが顎を上げ、目を細めてカズを見る。

「まぁまぁ、イケメンはみんなで使わないとね。」

カズがそう言って笑い続ける。

通りかかった女子のグループが、3人をじろじろと見て歩を緩める。

見られて、おどおどするサトシ。

にこやかに笑顔を向けるカズ。

ウィンクで看板を指さすジュン。

三者三様の対応に、女の子達から悲鳴が上がる。

「何?あの可愛い子!ピュア~!」

「え?あのさわやかな笑顔、何組?何年?」

「いや~♪ウィンクなんて、イケメンじゃなきゃできな~い!」

女の子達がキャーキャー言いながら通り過ぎると、三人は顔を見合わせる。

「女子は単純。」

おもしろそうにカズが言う。

「そこが可愛いんじゃん?」

ジュンが片頬を上げて笑う。

「なんか、ちょっと怖い……。」

サトシがボソッと言うと、カズとジュンがクスクス笑う。

「確かに!サトシにはちょっと怖いかもね。近づかない方がいいですよ~。

 食べられちゃうから!」

カズが脅すように顔を近づけて言う。

「た、食べられちゃうって!」

サトシがカズを両手で押し返す。

「おいらだって、男だし!食べちゃうし!」

カズとジュンは顔を見合わせて、大声で笑う。

「そうだよね、サトシだって食べちゃうよね。」

ジュンがサトシの肩に腕を回す。

「そうそう。明日は姫を食べてもらいましょうか。」

カズもサトシの肩に腕を回す。

三人で縺(もつ)れるように笑いながら歩いていると、ショウのクラスの前に出る。

「先にショウちゃんとこ見とく?マサキんとこ、遠いし。」

「そうする?」

「いいよ~。」

三人はそのままの体勢で中に入って行く。

中は薄暗がりで、すぐにはショウがわからない。

人も多い。

大盛況のようだ。

「何してんだよ!カズ!ジュン!」

奥から声だけが響く。

そっちの方を向くと、カウンター越しに、

ショウが目を三角にしてカズとジュンを睨んでいる。

「ショウ君!」

サトシが叫ぶと、ジュンとカズがサトシに回した腕に、ギュッと力を込める。

「悔しかったらこっちにくれば?」

「もう、終わるんですよね?」

ショウはチラッと時計を見て、内山に向かって言う。

「俺、もう終わるわ。」

「櫻井!まだ後10分あるぞ!」

「知るかっ。」

ショウがカウンターを出ようとすると、サトシが残念そうに言う。

「おいら……ショウ君のバーテンダー姿、見たかったのに、もう終わり?」

ショウの足が、ピクッと止まる。

「サトシ、見たいの?」

ショウが聞くと、サトシは大きくうなずく。

「……やっぱり、俺がサトシ達のは作るわ。」

ショウがカウンターに戻ると、内山が外国人のように肩を竦める。

「え~、バーテンもああ言ってるので、こちらでご注文を。」

内山が手招きしてサトシ達を呼ぶ。

「ウッチー!」

サトシが駆け寄ると、内山はにっこり笑ってメニュー表を指さす。

「おいら、ブルーハワイ!」

「じゃ、俺、バイオレット!」

「それじゃ、私はレモンにしましょうかね?」

「かしこまりました。100円ずつになります。」

三人はお金を出して、空いてる席を探す。

ちょうど、出て行ったばかりの席があって、そそくさと座る。

カウンターの中のショウは、シェイカーの中に瓶から何かを入れ、

蓋をし、シャカシャカと音をさせ、リズミカルに振って行く。

「わぁ~、ショウ君カッコいいね。」

サトシがポワンとした目で見つめると、ショウは片手でシェイカーを振りながら、片手で瓶を真上に放り投げる。

「え?」

三人が驚いていると、その瓶をクルッと回って、後ろ手でキャッチする。

「おおーーっ。」

教室中から歓声と拍手が沸き起こる。

リズムに乗ったまま、シェイカーの蓋を取ると、

今度はグラスを持ってシェイカーを投げる。

「ショウ君カッコいいー!」

サトシが声を上げると、シェイカーはショウの持つグラスの中へ。

青い液体が、ドクドクとグラスに注がれていく。

それに炭酸を注ぎ、カウンターに置くと、ショウは右手を胸に当て、お辞儀する。

拍手が沸き起こって、サトシが立ち上がる。

「ショウ君、すごい!」

目をキラキラさせるサトシに、ショウがフフッと笑う。

「なんだ、そんなこともできるんなら、早く言ってよ。」

内山が不満げに口を尖らす。

「できたって言うか。サトシだからやったまで。

 他のやつに見せる気なんかねぇよ。」

「もっと客が増えたのに。」

「これ以上、座る席ないだろが!」

「……それもそうか?」

ショウ人気のせいか、バーの雰囲気のせいか、確かに盛り上がりを見せる店内。

他の二つはグラスで作り、ショウがテーブルへ運ぶ。

「なんだよ、俺らのは振ってくんないの?」

「当たり前だろ?全部振ってたら時間がかかってしょうがない。」

ショウはサトシの隣に座る。

「ショウ君、超カッコ良かった!」

サトシに褒められ、ショウは頭を掻いて照れる。

照れを隠そうとしたのか、ジュンの頭を指さして言う。

「で、どうしたの?その頭。」

ショウ以外の三人が顔を見合わせる。

「イケメンは使われる為にあるんですよ。

 だから、ショウちゃんもちゃんとウッチーに使われなさい!」

カズの言葉にジュンが笑う。

「カズにもでしょ?」

「そう!私にもです!」

ショウは、何のことかわからず、首を傾げた。










関連記事
スポンサーサイト



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ 3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ 3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ 3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ 3kaku_s_L.png Love so sweet
総もくじ 3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ 3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ 3kaku_s_L.png season
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏の名前
総もくじ 3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ 3kaku_s_L.png Deepな冒険
総もくじ 3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ 3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ 3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png Love so sweet
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png Believe
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス
もくじ  3kaku_s_L.png MONSTER(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
【ふたりのカタチ (72)】へ  【ふたりのカタチ (73)】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【ふたりのカタチ (72)】へ
  • 【ふたりのカタチ (73)】へ