「短編」
短編(いろいろ)

kagero 下

 ←kagero 中 →kagero making

秋なのに、真夏のように暑い日、

蓮がまた賞を取った。

「さすが蓮!」

窓を背に蓮の机に両手を着く。

クスッと笑う蓮。

「すごいっ!」

才能あふれる蓮。

誰もが認める蓮。

俺の褒め言葉はいつも変わらない。

ボキャブラリーの無さに、ほんと呆れる。

でも、それしかいいようのない、蓮の写真。

モノクロの、ちょっと昔風の写真。

俺には写真のことはよくわからない。

でも、蓮の写真がすごいことだけはわかる。

グッと引き寄せる。

ギュッと何かを掴まれる。

そんな写真。

洋介がやってきて、蓮の写真を見つめる。

「kagero……陽炎?」

「うん……。」

「いいタイトルだね。」

洋介が褒めると、蓮がニコッと笑う。

俺だって思ったさ。

「でも……、蓮、修司の写真はコンテストに出さないの?」

「……ん?」

蓮が不思議そうに洋介を見る。

「だって、修司の写真、いい写真あるじゃん?」

蓮は、ふふっと笑って俺を見上げる。

「……いつも見てる景色、撮ってるだけだから……。

 いいのかどうかわかんないな……。」

眩しそうに見上げる蓮の顔。

俺の後ろが窓だから、明かるくて、眩しそうなのはわかってる。

だけど、その笑顔だけで、俺の体温が上がるの、蓮、知ってる?

「あ~、あちぃ。」

一樹がパタパタと手で扇ぎながら、こっちにやってくる。

「蓮、千絵が呼んでるぞ。」

「……ん?」

蓮は教室のドアの方を見て、ゆっくり立ち上がる。

千絵がドア口に立って、こっちを見てる。

千絵の方へ歩いて行く蓮。

「どうして入って来ないの?」

洋介が聞く。

「なんか……入りづらかったんだって。」

一樹が、女のことはよくわからんと、首を竦める。

蓮と千絵が並んで立ってる。

蓮は笑ってて、千絵も楽しそうで……。

そっと、ジャケットの裾辺りで、隠すように繋がれた手……。

ギュッと繋ぐんじゃなくて、指の先だけで……。

それがすごく嫌で、二人に背を向けて、窓の外を見る。

真夏とは違う太陽……。

だけど、照りつける太陽。

この熱さは太陽のせい……。



「……そんなに、友達って大事?」

並んで歩く朱里がポツリと言う。

「そりゃ、大事じゃないの?」

「……彼女……より?」

朱里が俺を見上げる。

その首筋を、汗が伝う。

「……それは……比べられないでしょ。」

俺は朱里を見ていられなくて、そっぽを向く。

朱里が湿っぽいのは暑さのせい?

「比べるとかじゃなくて……。

 修司君にとって……彼女って何かなと思って……。」

「……友達は……大事だよ。友達と遊んじゃいけないって言うなら……。」

「友達みんなじゃなくて……。」

「みんなじゃなくて……?」

朱里に顔を向けると、朱里は視線を逸らして小さな声で言う。

「蓮君……。」

「……蓮?」

「修司君が、蓮君を特別扱いするから……。

 千絵だってきっと……。」

そんなことないよ。

蓮は千絵をちゃんと大事にしてる。

俺と三人で帰っても、電車の乗り換えから先……。

俺が降りた後は、二人並んで座ってる。

仲良さそうに片寄せて。

「千絵は気にしてないよ。」

千絵は蓮の彼女だって、自覚も自信もあるから……。

「そんなことない……。この間、二人の雰囲気が良すぎて……、

 入っていけなかったって言ってた……。」

「そんなわけ……。」

「だから……もう少し、蓮君と距離を取ってみない?」

蓮と距離を取る?

それくらいなら……。

「……別れよう。友達のことまで……指図されるのはめーわく。」

俺はニコッと笑う。

「短い間だったけど、楽しかった。」

朱里に向かって、少し汗ばんだ手を差し出す。

朱里はその手を払いのけ、涙目で俺を見上げる。

「修司君……。」

「……さようなら。」

俺の顔をじっと見て、何も言わず走って行く。

最後に流した涙の滴も、俺の心には届かない……。

走り去る朱里の後ろ姿を眺めて、ふぅと溜め息をつく。

なんとなく、視線を感じて振り返ると、蓮が申し訳なさそうに立っていた。

「……見てた?」

「……うん。」

「……どこから見てた?」

蓮は俺の隣に並ぶ。

俺らは並んで歩き出す。

俺、変なこと言ってないよな?

「……短い間だったけど……から?」

俺が聞いてるのに、蓮が聞き返す?

「知るか。聞いてたのは蓮じゃん。」

「……そこから……。」

「そっか……。」

バス停までは後500mくらい。

今行ったら、朱里に会っちゃうかな?

それはちょっと気まずい……。

蓮と一緒はだいぶ気まずい……。

「……修司、時間ある?」

「……ぅん?」

「写真、撮ってもいい……?」

「いいけど……何撮るの?」

蓮はチラッと俺を見上げる。

「え……俺?」

コクコクとうなずく蓮。

「フラれた男なんて撮っても、いい写真にならないんじゃない?」

「……修司はいつでもカッコいいよ……。」

蓮と俺は横道に逸れ、蓮はカメラを取り出す。

「ったく、趣味わりぃ。」

少し怒鳴り気味にそう言うと、蓮がカシャッとシャッターを切る。

蓮のカメラに……、蓮に見つめられて、

真っ直ぐな瞳に射抜かれて、さっきの出来事が徐々に記憶の中にうずもれて行く。

今日も熱くて、道の向こうの方に陽炎が見える。

いや、見えたような気がする。

真夏みたいな熱さ。

カシャッ。

響くシャッター音。

汗掻く俺を撮って何が楽しい?

蓮の目に、今の俺はどう映る?

フラれたカッコ悪い男?

クラスメートの一人?

俺はお前の何?

「修司!」

珍しく、蓮が大きな声を出す。

「お前は一人じゃないから……。」

「え?何?」

名前は大きな声だったのに、その後が小さくて、聞き取れない。

「お前には……俺が……いるだろ?」

カメラを下ろした蓮が、照れ臭そうにニコッと笑う。

俺の体温が一気に3℃上がる。

わかってる。

フラれた俺を慰めようとしてくれてるってこと。

特別って言ってくれてるわけでも、一番って言ってくれてるわけでもない。

でも、俺には蓮がいる……。

それだけのことが、涙が出そうなくらい嬉しかった。

蓮はシャッターを切る。

泣きそうな俺をじっと撮り続ける。

陽が沈みかけ、夕焼け空になって、初めて二人で顔を上げる。

綺麗な茜色の空。

どこまでも続く、赤ともオレンジとも言えない空。

雲が黒くたなびいて、鳥が飛ぶ。

二人で顔を見合わせ、クスッと笑って家路につく。

隣同士でバスに乗り、電車で携帯動画を見て笑う。

乗り換え駅で降りると、窓から蓮の後ろ姿が見える。

1人ぼっちの蓮がどこか寂しそうに見えるのは、

俺の欲目?

一瞬だけ、振り返って蓮がニコッと笑う。

走り出す電車に2、3歩駆け寄り、蓮の後ろ姿を見送る。

それをグッと握り締め、一人、改札を出る。

続く微熱は危険を知らせるサイレン。

蓮が笑うたび、上がる俺の体温。

でも、これはきっと、太陽が見せる陽炎と一緒。

そこにありそうに見えて、本当は存在しない……。

微熱が微熱のままで終わるなら、そんな大した風邪にならない……。

俺は早足で歩く。

あんなに暑かったのに、陽が沈んでからは風が冷たい。

蓮……薄着だったけど、大丈夫かな?

微熱の俺には、ちょうどいい風が吹く。

きっと、明日も同じように、遊んで騒いで、バスに乗って……。

そして、蓮が笑うと俺の体温が1℃上がるんだ。

若いから、暑いから……きっと何かのせいにして、蓮の隣にずっといるよ。

俺の微熱が……微熱のままでいられるように……。










関連記事
スポンサーサイト



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ 3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ 3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ 3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ 3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ 3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ 3kaku_s_L.png season
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏の名前
総もくじ 3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ 3kaku_s_L.png Deepな冒険
総もくじ 3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ 3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ 3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
総もくじ 3kaku_s_L.png 大人の童話
総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png Believe
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
【kagero 中】へ  【kagero making】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【kagero 中】へ
  • 【kagero making】へ