「season」
CARNIVAL NIGHT Part2

CARNIVAL NIGHT Part2 #11 - season 文化祭編 -

 ←ふたりのカタチ (49) →ふたりのカタチ (50)

文化祭まで後一週間。

ショウはカズに呼ばれて、学校のスタジオにやってくる。

「はぁ……とうとう……俺のプリケツが……。」

ショウは、ちょっと体を捻って自分の尻を見る。

溜め息をつき、スタジオのドアを開ける。

「あ、やっときた。いらっしゃいませ~。」

カズの楽し気な声。

「遅いよ、ショウちゃん。」

マサキが顔をしかめて、腕を組む。

「え?なんでお前がいんの?」

「俺ら、もう準備万端だから!」

競泳用水着に着替えたジュンはそう言って、

同じく競泳用水着を着ているマサキと肩を組んでニコニコ笑っている。

「え?どーゆうことだよ!」

カメラを用意しているカズに向かって吼える。

「どうもこうも……。」

カズは楽しそうにニヤニヤ笑ってカメラを構える。

「ショウちゃんがね、競泳用水着で写真を撮らせてくれるって言ったら……。」

「俺らだって、遅れを取るわけにいかないから!」

マサキが腰に手を当て、フンッと鼻息荒く、顔を上げる。

「なんだよ、そんなのがっつり遅れてくれよ……。」

ショウは下を向いたまま、首を横に2、3度振る。

「で、一緒に撮影なんかしたら……結局、誰とキスすんだよ!」

ショウはカメラを構えるカズに向かって、眉を上げて威嚇する。

「それは……みんな横一線ですから。」

カズが怒ったショウをパシャリと撮る。

「ショウ君、怒らないで~。」

サトシも寒そうに二の腕を擦りながら、ショウを見つめる。

……え?

……なぜ……?

なぜ……サトシがここにいる……?

「サ、サトシ……なんでサトシまで……?」

「だ、だって~。みんなが撮影だって言うから……。」

サトシは眉間に皺を作りながら、眉を八の字に下げる。

「みんなが撮影だからって、サトシまで水着になること……。」

ショウがあ然としていると、サトシが小さな声で言う。

「おいらが水着になったら……キスシーン、なくなるかもしれないって……

 カズが……。」

サトシはチラッとカズを見る。

「だって、そうでしょ?チャンスは全員に平等にないと。」

カズはバックスクリーンに向かってカメラを構え、色とピントを合わせていく。

「カズ~っ!」

ショウが怒りに任せてカズに掴みかかろうとすると、カズがクスッと笑う。

「いいんですか?早く着替えないと、ジュン君とマサキに持ってかれますよ?」

ジュンとマサキはニタニタしながら、ショウを見ている。

ショウは半分振り上げた腕を、叩きつけるように大きく下し、

クルッと回って制服を脱いでいく。

「くそっ。」

それを満足そうに見たカズが、みんなに向かって声を張る。

「さ、そろそろ始めますよ~。あ、ショウちゃんのは、そこに置いてありますから。」

カズは三人をスクリーンの前に立たせる。

「そこに立って……ちょっとポーズ取ってみて。」

ジュンはスタイリッシュに足を交差させ、水着なのに、モデルのようなポーズ。

マサキはボディビルダーのようなムキムキポーズ。

サトシは……モジモジと隣の二人を見て、頬を赤らめる。

それを目にしたショウの顔が、カッと熱くなる。

急いでズボンを脱ぎ、用意してあった水着を手にして驚く。

「カズっ!なんで俺だけブーメラン!!」

「仕方ないでしょ?それしかなかったんだから。」

「ジュン達は違うじゃん!」

ジュンとマサキとサトシは競泳用のボックス型。

ショウが指先で広げた水着はビキニ型。

「三つしか借りられなかったんです!遅れてきたショウちゃんが悪い。」

「遅れてないわっ!」

カズは笑って、カメラを下ろすと、ショウを見る。

「いいから、さっさと着替えてくださいな。

 嫌なら、やらなくていいんですよ?」

ニヤッと笑うカズに……ショウはグッと息を飲んで水着に着替えた。



撮影は順調に進んで、カップルショットも数枚撮られ、

カメラで写真を確認しては、満足そうなカズ。

「ほっほっほ。これなんて超いい!」

隣で着替えているマサキに画面を向ける。

「ひゃっひゃっひゃ。いい!これ超楽し!後で俺の携帯に送って。

 待ち受けにするから。」

「じゃ、俺も、サトシが一人で撮ったやつ。全身のやつね。」

ジュンが、シャツに袖を通しながらカズにウィンクを送る。

「私の写真は高いですよ?」

カズがニヤッと笑う。

「カズ~。やっぱりおいら恥ずかしいから……。」

シャツのボタンを留めながら、泣きそうな顔でカズを見るサトシ。

「しかたないですねぇ。

 サトシの写真は門外不出……私の個人的な楽しみだけにしておきますよ。」

「お前が楽しむなっ!」

ショウが吼え、みんなが笑う。

「でも、これで、誰がキスシーンかわからなくなっちゃったんでしょ?」

マサキがみんなの顔を見回す。

「まぁ、そうですね。」

「もう日にちないよ?まだ最後できないの?」

カズはカメラからレンズを外し、違うレンズに付け替える。

「後はラストのほんのちょっとですから……なんとかなるでしょ?」

「お前まさか……。」

ショウはシャツの前を肌蹴たままカズに掴みかかる。

「当日まで内緒ってことはないだろうな?」

「……そんなこともあるかもしれませんね?」

カズは襟元を掴まれながら、器用にレンズをしまっていく。

「カズ!」

ショウがカズを引き寄せると、サトシがショウの肩に手を置く。

「ショウ君……、おいら、キスシーンあってもいいよ。フリだけだもん。

 覚悟する。」

サトシの健気な様子に、カズを離してサトシに向き直る。

自分がただサトシとキスしたいだけだなどと……思われるわけにはいかない。

「本当に大丈夫?フリでいいんだからね。フリで。」

「うん。ありがとう。」

サトシはニコッと笑ってショウを見上げた。










関連記事
スポンサーサイト



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ 3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ 3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ 3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ 3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ 3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ 3kaku_s_L.png season
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏の名前
総もくじ 3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ 3kaku_s_L.png Deepな冒険
総もくじ 3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ 3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ 3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
総もくじ 3kaku_s_L.png 大人の童話
総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png Believe
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
【ふたりのカタチ (49)】へ  【ふたりのカタチ (50)】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【ふたりのカタチ (49)】へ
  • 【ふたりのカタチ (50)】へ