「ふたりのカタチ」
ふたりのカタチ(やま)【41~60】

ふたりのカタチ (49)

 ←CARNIVAL NIGHT Part2 #10 - season 文化祭編 - →CARNIVAL NIGHT Part2 #11 - season 文化祭編 -

「上?」

おいらが首を捻ると、類さんはおいらの手を取って店を出て行く。

「え……類さん……ちょっ……。」

おいらは振り返って店員さんを見る。

店員さんはにこやかに笑って、頭を下げる。

「お、おいらの服は?」

「ここにある。」

気付くと、類さんの肩には大きな紙袋が下がってて、

類さんは楽しそうに表通りを歩いて行く。

「ちょ……、恥ずかしいから……。」

おいらが類さんに隠れるように歩くと、さらに楽しそうに笑う。

「すぐですよ。大丈夫。」

ビルを回って裏に行くと、エレベーターに乗り込む。

3階のボタンを押して、満足そうにおいらを見る。

「いやぁ、本当に上出来。これなら櫻井さんも大喜びだ。」

ほんとに?ショウ君、喜んでくれる?

3階に着くと、エレベーターの前はまたお店で……。

類さんは躊躇することなく中に入って行く。

「ごめんね。こんな時間に。」

「電話もらわなかったら、締めてるとこ。」

中から出て来た、いかにもお洒落な男の人が、おいらをしげしげと見る。

耳に大きなピアス……。

「この子?」

「うん。髪は切らないで。メイクとブローでなんとかならない?」

「ならないこともないけど、一時しのぎだよ?」

「一時的でいいんだ。ずっとじゃないから。」

「それならなんとか……。」

男の人はおいらの顔を右から、左から、前から、順に見て行く。

「綺麗な顔だし、可愛くなるんじゃない?」

「じゃ、よろしく。」

男の人はおいらの背中に手を添えて、奥へと連れて行く。

「え、あ、類さん?」

「いってらっしゃい。」

類さんは入口で手を振っておいらを見送る。

不安そうなおいらを見て、お洒落な人がニコッと笑う。

「大丈夫。俺に任せて。」

任せるって、何を!

おいらは椅子に座らされ、前を向かされる。

鏡に映った、ワンピースのおいら……。

やっぱり恥ずかしい……。

「その色っぽい感じも残したいね……。」

お洒落な人がニヤッと笑う。

「え……。」

おいらは体を縮めて顔を伏せる。

「ほら、前向いて。」

両頬を後ろから掴まれて、前を向かされる。

「じっとしててね。すぐ終わるから。」

その後は……何してるんだかよくわからないけど、

目をつぶってとか、上向いてとか言われて、言われるままにしていたら……。

「ほら、可愛い。」

お洒落な人が鏡の中のおいらを見つめて、ニコッと笑う。

おいらも改めて、目の前の鏡を見つめる。

……自分じゃないみたい……。

おいらじゃないおいらが、こっちを見て首を傾げた。

「こんなに可愛くなると思わなかった!ちょっと写真撮っていい?」

「は、はい。」

お洒落な人がカメラを持って戻って来る。

何枚か撮ると、おいらの手を取って立たせてくれる。

「最後に全身も撮らせてね。あ、できれば好きな人のこと考えて。」

好きな人?

ショウ君のこと考えるの?

ショウ君も……そう言えば、高校時代に女装してたっけ……。

可愛かったな。眠れる森の美女……。

パシャリと全身写真を撮られて、画面で写真を確認し、にっこり笑う。

「いいね。可愛く撮れた。」

お洒落な人が、おいらを入口の方へ連れて行ってくれる。

パンプスが……やっぱり歩きにくい……。

入口で待っていた類さんが、おいらを見て、目を見開く。

「……思ってた以上だ。」

おいらを上から下へ眺めて、うなずく類さん。

「これなら、櫻井さんもびっくりして、喜んでくれるよ。」

ショウ君……少しは疲れが取れるかな?

「あ、でもこれ、お金……。」

いったいいくらしてるんだろ?

おいらには全然想像もできない。

「ああ、大丈夫。気にしないで。今日のはプレゼントだから。」

「プレゼントなんて、してもらうこと、おいら……。」

「それくらい、聖母マリアには感謝してるんです。受け取ってください。」

「い、いえ、おいらが払います。類さんには手伝ってもらっただけで

 もう十分ですから。」

それを聞いていたお洒落な人が、割り込んでくる。

「ウチのはいらないよ。この写真、メイクページで使わせてくれれば。」

お洒落な人は、カメラを見ながらにっこり笑う。

「メイクページ?」

「HPの。仕上がり例でUPしてもいい?」

「いいですけど……。」

おいらはちょっと不安になって、お洒落な人を見上げる。

「ああ、女の人として出すから。心配しないで。」

「はぁ……。」

おいらだってわからないんだったら……心配なこともないか?

「じゃ、じゃぁ、ワンピース代はおいらが払います。」

おいらは真面目な顔で類さんを見上げる。

本気で言ってるのをわかってくれたのか、類さんが、困ったように肩を竦める。

「しかたない。じゃ、ネックレスはプレゼント。」

「ネックレス……。」

これ、高いんじゃないのかな?

だって、こんなにキラキラしてる……そんな高価な物、もらえない。

「ネックレスは……返してきます。」

「どうして?」

「おいら……これないと、キレイになれない?」

眉を寄せて類さんを見上げると、

類さんは、ふぅと小さく溜め息をついて、おいらの肩に手を添える。

「マリア様は欲がない……。」

類さんが首を横に振ると、お洒落な人が笑い出す。

「ははは。これは類の負けだね?返して来てやんなよ。

 この可愛い人は、類に借りは作りたくないらしい。」

「そういうわけじゃ……。」

おいらが困って類さんを見ると、類さんは肩に添えた手をおいらの後ろに回し、

ネックレスを外してくれる。

「類さん……?」

おいらが見上げると、溜め息混じりに類さんが言う。

「じゃ、これは返してくるから……せめて、パンプスくらいはプレゼントさせて。ね?」

パンプスって高いのかな?

でも、全部断るのも……。

「じゃ、これだけ……。」

「よかった。素敵な靴は素敵な所へ連れて行ってくれるからね?」

類さんはそう言って、クスッと笑った。










関連記事
スポンサーサイト



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ 3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ 3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ 3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ 3kaku_s_L.png Love so sweet
総もくじ 3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ 3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ 3kaku_s_L.png season
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏の名前
総もくじ 3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ 3kaku_s_L.png Deepな冒険
総もくじ 3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ 3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ 3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png Love so sweet
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png Believe
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス
もくじ  3kaku_s_L.png MONSTER(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
【CARNIVAL NIGHT Part2 #10 - season 文化祭編 -】へ  【CARNIVAL NIGHT Part2 #11 - season 文化祭編 -】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【CARNIVAL NIGHT Part2 #10 - season 文化祭編 -】へ
  • 【CARNIVAL NIGHT Part2 #11 - season 文化祭編 -】へ