「season」
CARNIVAL NIGHT Part2

CARNIVAL NIGHT Part2 #9 - season 文化祭編 -

 ←ふたりのカタチ (46) →ふたりのカタチ (47)


文化祭の準備は着々と進んでいく。

5人もそれぞれの部活の準備、台詞の暗記に余念がない。

台詞を覚えないと、プロデューサー兼監督に鬼のように怒られる。

「この舞台が、芸術科の将来を担うんです!

 もっと真剣にやってもらわないと困ります!」

カズが、脚本を丸めて、メガホンのように叩く。

「芸術科の将来?なんで?」

マサキがポロリとつぶやく。

「そうは言ってもさぁ。」

ショウが不満そうに口を尖らす。

「これ、ギャグじゃん?」

「コメディと言って頂きたい。」

「俺らが姫やるだけでギャグだよ~。」

マサキがケラケラと笑う。

「いやいや、俺の姫は美しいと評判よ?」

ジュンがスカートを広げて、お辞儀する。

「うん、ジュン君、キレイ~。」

サトシもジュンに称賛の声を上げ、両手を合わせてにっこり笑う。

「待て待て。俺だってキレイでしょ?」

ショウが、二人の間に割って入り、腰を屈めてポーズを取る。

「ショウ君は……いかつい姫~。」

サトシがコロコロと笑う。

「むっ……ダイエットしなきゃダメか?」

「いいよ~、ショウ君はそのままで。」

サトシがショウを見上げる。

ショウは上目遣いのサトシと目が合って、ビクッとし、そっと視線を逸らす。

「い、いや、ジュンに負けるわけにはいかないから……。」

「ジュン君に?」

サトシが小首を傾げる。

「え?ええ~?俺は?俺はライバルに入ってないの~?」

マサキが二人の顔を順に覗き込む。

「お、お前はいいんだよ。お前まで入ってくんな。」

ショウがマサキの顔を手で押しのける。

「え~、ずるい!俺だけのけ者~!」

「そんなことないよ。マー君が可愛いから、敵わないって思ってるんだよ。」

サトシがにっこり笑う。

「そ、そうかな?」

マサキは、はにかんだ笑顔でサトシを見つめる。

「うん。マー君、可愛い。」

マサキが顔を赤くして頭を掻くと、二人の間にまた、ズイッとショウが割り込む。

「確かに、三人の中ではマサキは可愛い系かもしれない。

 でも、俺だって可愛くなれる!」

ショウは足を内股にし、小首を傾げ、軽く握った手を頬にあてる。

斜め上を見るようにして目を大きくすると、ショウのつぶらな瞳がさらに大きくなる。

「ショウ君、めっちゃ可愛い!」

サトシが喜んで手を叩く。

「俺だってやればできるんだよ。」

勝ち誇ったように笑うショウに、マサキとジュンが顔を見合わせ、肩を竦める。

「で、いつできんの?続き?」

ショウがカズを見ると、クラスの子と打ち合わせしていたカズが笑う。

「もうちょっとですかねぇ?」

「もうできてもいい頃だろ。」

ショウが声に凄みを利かす。

「それはまぁ、そうなんですけど……。」

カズがみんなを見回す。

サトシは不安そうにカズを見る。

ショウは凄みを利かせたままカズを見続ける。

マサキも不安そうにカズを見る。

マサキの頭の中には、こんなギリギリで台詞が覚えられるかどうか、

そっちの不安がいっぱいだ。

ジュンは、ニヤッと笑ってカズを見ている。

「わかりました。できたとこまでお渡しします。」

そう言うと、女の子が薄い脚本を4冊持って来る。

「これが続きです。ラスト以外はできてますから、これで台詞を覚えてきてください。」

「なんだ、できてんじゃん。」

ジュンが受け取りながら不満そうに眉を上げる。

「用意してるのに、先にショウちゃんが文句言っただけです。」

「文句じゃねぇよ。正当な要求だ!」

ショウも脚本をパラパラと捲る。

「まだ、こんなに覚えんの~?」

マサキは悲鳴を上げて、サトシに助けを求める。

「おいらだって、覚えないと……。」

サトシも脚本をパラパラ捲る。

「ちょっと待て。」

ショウが最後のページまで捲り、顔を上げてカズを見る。

「なんです?」

「これ、キスシーンないじゃん。」

「だから、キスシーンはラストですから。」

カズのしれっとした態度に、ショウがムッとする。

「ラスト?」

「そう、感動のラストはキスシーンで!」

「え?」

サトシがびっくりして、三人を見回す。

「おいら、本当にキスするの?」

「ああ、フリでいいんですよ、フリで。お芝居なんだから。」

「そ、そっかぁ、よかった。」

サトシがにっこり笑う。

そこへ被服部の子がやって来て、サトシに手招きする。

「ちょっとお借りしてもいいですか?」

「ああ、どうぞどうぞ。こっちは三人の場面、練習してるから。」

サトシはキョロキョロ4人を見ると、被服部の子に連れられて、教室を出て行った。

「え?ちょっと待って。フリなの?」

ジュンが眉間に皺を寄せる。

「そこは……フリにするかどうかは、姫の腕にかかってますから。」

カズが力こぶを作って、二の腕を叩く。

「あ、そうなの?ブチュッとこっちからしちゃってもいいわけ?」

マサキが楽しそうにそう言うと、ショウにバコンと頭を叩かれる。

「お前がするわけじゃないから。」

「わかんないじゃん。脚本できてないんだもん。」

「でも、もう、決まってんだろ?」

ジュンがニヤリと笑ってカズを見る。

「まだ決めかねてましてね~。三人共可愛いから。」

カズがクスッと笑う。

「早く決めろよ!」

ショウが吼える。

「そこは、まぁ……とりあえず、最後まで覚えてくださいよ。

 当日まで日にち無いんだから。」

カズがニヤッと笑って、机の上に胡坐をかく。

「じゃ、3場ね~。」

「え?もう?」

「脚本、見ながらでいいから。」

カズの合図で練習が再開する。










関連記事
スポンサーサイト



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ 3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ 3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ 3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ 3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ 3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ 3kaku_s_L.png season
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏の名前
総もくじ 3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ 3kaku_s_L.png Deepな冒険
総もくじ 3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ 3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ 3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
総もくじ 3kaku_s_L.png 大人の童話
総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png Believe
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス
もくじ  3kaku_s_L.png つなぐ
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
【ふたりのカタチ (46)】へ  【ふたりのカタチ (47)】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【ふたりのカタチ (46)】へ
  • 【ふたりのカタチ (47)】へ