「ふたりのカタチ」
ふたりのカタチ(やま)【41~60】

ふたりのカタチ (45)

 ←ふたりのカタチ (44) →CARNIVAL NIGHT Part2 #8 - season 文化祭編 -


待ち合わせ場所の美術館に向かう。

類さんと偶然会った美術館。

田村さんと類さんも、もうすぐ来る?

携帯を開くと待ち合わせ時間の10分前。

ショウ君は忙しく仕事してるのかな。

おいらは空を見上げる。

もう暗くなった空には、少しだけど星も輝いてて、

遅くまで仕事するショウ君が浮かんでくる。

そこで、携帯が震える。

どっちか遅くなるのかなと思って、携帯を開くと田村さんの名前。

「もしもし。」

「大野さん?ごめん。ちょっとトラブってる。

 落ち着いたら行くから、先に初めてて。」

「わかったけど……、大丈夫?」

「ちょっと、新人がやっちゃって。ま、これも洗礼だな?」

田村さんが軽く笑う。

「取りあえず、印刷は抑えたから、なんとかなるはずなんだけど、一人にできないし。」

「そうだね。こっちは大丈夫だから。」

「また連絡する。」

「うん。」

田村さんの電話を切ると、ちょうど類さんがやって来た。

「いつも早いですね。」

小走りで駆け寄ってくる。

走ると、長い足がさらに長く見える。

「類さんもちゃんと5分前には来ますよね。」

「ふふふ、デートは5分前が鉄則です。」

「デートって。」

おいらが笑うと類さんも笑う。

「田村さんはいつもギリギリですね。」

「うふふ。忙しい人だから。あ、今日はちょっと遅れるみたいです。

 なんか、トラブルがあったみたいで。」

「トラブル?」

「詳しくはわからないけど……。また連絡くれるって……。」

「そうですか、では先に行きましょうか?」

「はい。」

おいらは類さんについて歩き出す。

これも二人っきりって言うかな?

後で田村さん来るけど……。

ショウ君、まだ仕事中だよなぁ。

「サトシさん?」

「は、はい!」

おいらは呼ばれてるのに気づかなかったみたいで、ちょっと大きな声にびっくりする。

「聞いてた?」

「え?」

「あ~、やっぱり聞いてない。」

「ご、ごめんなさい……。」

おいらが俯くと、類さんがクスッと笑う。

「この間、あそこであった時、落ち込んでたでしょ?」

……うん、落ち込んだ類さんが来る場所。

ここが聖域だって言ってた。

奥さんにも内緒の、踏ん張る為の場所だって。

「あの時、サトシさんに会えて、本当に吹っ切れたんだ。」

「んふふ。それはあそこが類さんの聖域だからで……。」

「まるで、教会で聖母に会えたような、そんな感じ。」

「類さん、大げさだから。」

おいらは首筋を撫でて、顔を伏せる。

「大げさじゃないよ、本当にそう思ったんだから。」

「類さん……。」

顔を上げると、類さんはニコッと笑って、おいらの背に手を添える。

「だから、お礼がしたかったんです。」

「類さん……そんなのいいのに。」

「ううん。これは気持ちだから。あなたに……。」

類さんが立ち止まる。

おいらも釣られて立ち止まる。

「どうしてもお礼がしたくて。」

「類さん……。」

「ありがとう……。あなたのおかげです。」

おいらはどんな顔をすればいいのかわからなくて、少し笑って見せる。

そんなおいらを見て、類さんがクスッと笑う。

「なんのことかわからないですよね?イベントが終わったらお話します。」

「……はい。」

「だから、このイベント、成功させないと。」

「もちろん。」

おいらがニコッと笑うと、類さんがおいらの肩に手を回す。

「さ、今日は飲みましょうか?イベントの成功を願って。」

「そうですね。おいらのできることは少ないけど……頑張ります。」

「ははは。そんなことないですよ。もちろん、映画のヒットが大前提ですけど。」

「そうです。映画、ヒットするといいですね。」

「面白いですからねぇ。大丈夫だと思いますよ。」

「もう観たんですか?」

「いえ、まだ編集が終わってないから。脚本(ホン)と撮りっぱなしのを少し。」

「どうでした?」

「5人が良い演技してます。一人、あんまり出てないですけど。」

「あ~、おいらの好きな人、たくさん出てるといいなぁ。」

「そうですね。今回は少な目です。」

「いつも少ないです。」

二人でそんなおしゃべりをしていたら、目的のお店に到着した。

外観はビストロ風?

洋食のお店って言ってたよな……。

類さんがスッと入って行って、カウンターの中に軽く会釈する。

すると、マスターが、目で奥へ続く通路を示す。

類さんは軽く頷いて、奥へ入って行く。

「奥?」

おいらが小さな声で聞くと、

「小部屋もあるんです。隠れ家みたいでしょ?」

類さんも小さな声で答えてくれる。

シンプルなドアを開けると、中にはこじんまりとして落ち着くくらいのスペース。

なんか、友達の家って感じ?

テーブルとイスだけだけど、小さな窓にカーテンも付いていて、ホッとする温かみがある。

「可愛らしい……。」

おいらは椅子の背を撫でる。

テーブルとイスも木でできた素朴な感じのもので、

ちょっと類さんとは不似合いな気がする。

「類さんぽくないですね。」

「そうですか?」

「類さんはもっとスタイリッシュに見えます。」

「ふふふ。今日はサトシさんに合わせました。」

おいら達は向い合って座り、お店の人がお冷とおしぼりを持ってきた。










関連記事
スポンサーサイト



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ 3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ 3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ 3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ 3kaku_s_L.png Love so sweet
総もくじ 3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ 3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ 3kaku_s_L.png season
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏の名前
総もくじ 3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ 3kaku_s_L.png Deepな冒険
総もくじ 3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ 3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ 3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png Love so sweet
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png Believe
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス
【ふたりのカタチ (44)】へ  【CARNIVAL NIGHT Part2 #8 - season 文化祭編 -】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【ふたりのカタチ (44)】へ
  • 【CARNIVAL NIGHT Part2 #8 - season 文化祭編 -】へ