「ふたりのカタチ」
ふたりのカタチ(やま)【21~40】

ふたりのカタチ (40)

 ←テ・アゲロ  the missing ⑦ -14- →ふたりのカタチ (41)


その日、ショウ君の帰りはやっぱり遅くて……。

なかなか帰って来なくて、ちょっと心配になる。

時計を見ると、もうすぐ次の日になる時間。

おいらはアトリエで、描きかけの手を止め、携帯を開いて見る。

ショウ君からのメールはない。

「ショウ君、大丈夫かな……。」

おいらは考えて、メールを打つ。

『お疲れさま。まだお仕事?』

すぐに返信が返って来る。

『今、電車。もうすぐ駅。』

『じゃ、ご飯温めておくね。』

おいらもすぐに返信を入れる。

『まだ起きてたの?眠いでしょ。』

『大丈夫。描いてたから。』

『あ、駅着いた。走って帰るから!』

『危ないから、ゆっくり帰ってきて。

 おいら、眠くないから大丈夫。』

携帯を閉じ、キッチンに急ぐ。

お味噌汁に火を入れて、夕飯の用意をする。

ショウ君が家に着いたのは、その5分後。

「ショウ君!ほんとに走って帰ってきたの?」

玄関のショウ君はこめかみに汗を垂らして、にこっと笑う。

「走って帰るって言ったろ?」

靴を脱ぎ、ネクタイを緩めながら、リビングに向かう。

おいらはショウ君から鞄を受け取り、脱いだ上着をもらう。

「暗いから、走ったら危ないよ。」

上着をハンガーに掛け、ショウ君を見上げる。

「ご飯にする?お風呂にする?」

ショウ君の汗の匂い……今日は特に強い。

「サトシにする……。」

ショウ君は時計を外しながら、おいらの唇に唇を合わせる。

汗の光るショウ君の喉元……。

緩めたシャツの間にも汗が滲んでて……。

おいらはショウ君の肩に腕を乗せる。

「ぁんっ……。嬉しいけど……今日は……シャワーの方が……いぃ…みたい……。」

舌を絡ませながら、ショウ君の汗を見つめる。

「ん……さすがに、シャワー浴びて来るか?」

「うん。おいらは好きだけど……。」

ショウ君がにっこり笑って、おいらの頭を撫で、グッとシャツに押し付ける。

「あんっ。」

ショウ君の匂いがおいらを包む。

いつもより濃厚な……ショウ君の匂い。

おいらは思いっきり匂いを吸い込む。

ショウ君もギュッと抱きしめて、ポンポンと頭を撫でると、おいらを離す。

「じゃ、ダッシュで浴びてくるから、待ってて。」

「うん。」

おいらも笑って、ショウ君からネクタイと時計を受け取る。

バスルームに入って行くショウ君。

おいらもネクタイと時計をしまって、ご飯の用意をしなくっちゃね。



「……ショウ君?」

「…………ん?」

目の前でご飯を食べるショウ君。

目が……閉じる。

「ショウ君?」

「…………。」

ショウ君の箸を持つ手がどんどん下がっていく。

「ショウ君……?」

「……ぁっ…………。」

体をビクッとさせ、一瞬目を開けて、寝てなんかいなかったように、にっこり笑う。

でも、すぐまた目が閉じて……。

ご飯食べながら寝るなんて、なんか子供みたい。

おいらはそんなショウ君を見ながらクスッと笑う。

可愛い……。

いつもはカッコいいショウ君なのに。

可愛くて、抱きしめてあげたくなる。

でも……、ご飯食べながら寝ちゃうくらい疲れてるんだ……。

おいらは箸を置いて、ショウ君の隣に行く。

「ショウ君、もう寝よう。」

ショウ君の手から、箸とお茶碗を取って、後ろから抱きしめる。

また、ショウ君は体をビクッとさせ、おいらに気づく。

「……サトシ…………。」

「もう寝よ?」

おいらはショウ君を立たせて、腰に手を回す。

「……うん。」

ショウ君もおいらの肩に手を回し、一緒に寝室に向かう。

ベッドに着くと、ショウ君はおいらに覆いかぶさるようにベッドになだれ込む。

「ちょ……ショウ……君っ!」

ショウ君は、ちょっと体をずらして、おいらの頬に唇を這わせる。

「ショウ君……寝ない…と……。」

ショウ君の唇が首筋を這って……。

「あっ……ショ……。」

ショウ君の手がおいらを弄んで……。

「ダメ……疲れてるから……。」

「……疲れてなんかないよ……大丈夫だから……させて……。」

ショウ君の手がおいらのスエットを引き下げる。

「でも……。」

ショウ君の手がおいらの肌をまさぐると、おいらの体は敏感に反応する。

「ゃんっ……ショウ……。」

Tシャツを捲り上げ、おいらの胸に顔を埋めるショウ君。

おいらも翔君の後頭部を掻きあげる。

「あぁんっ……。」

「……サトシ……サト……。」

おいらのを握りながら、ショウ君の舌先が、おいらの胸を舐めまわす。

「ぁあ……ショウ…くっ……。」

おいらの背中に刺激が走り、仰け反るように首を伸ばす。

「ショ……。」

ショウ君の重みが、おいらにかかって、幸せな気持ちで満たされる。

「ショウ君……。」

おいらのを握ったショウ君の手が、パラッとおいらから離れる。

「ショ……。」

見ると、おいらの胸に頬をつけ、ピタッと動かないショウ君。

「え……まさか……。」

ゆっくりとショウ君の下から這い出る。

それにも気づかず、寝息を立てるショウ君……。

「ショウ君……。」

おいらは身なりを整えて、ショウ君に寄り添うにように体を寄せる。

「ゆっくり寝て……。」

ショウ君の唇に唇を当てると、うつ伏せのショウ君の肩に顔を埋める。

「おいらも……。」

大きな欠伸を一つして、そっと目を閉じる。

ショウ君の寝息を聞きながら、ショウ君の匂いを感じて……。

「ショウ君……おやすみ……。」

おいらもすぐに意識が遠のいた。










関連記事
スポンサーサイト



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ 3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ 3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ 3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ 3kaku_s_L.png Love so sweet
総もくじ 3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ 3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ 3kaku_s_L.png season
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏の名前
総もくじ 3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ 3kaku_s_L.png Deepな冒険
総もくじ 3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ 3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ 3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png Love so sweet
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png Believe
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス
もくじ  3kaku_s_L.png MONSTER(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
【テ・アゲロ  the missing ⑦ -14-】へ  【ふたりのカタチ (41)】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【テ・アゲロ  the missing ⑦ -14-】へ
  • 【ふたりのカタチ (41)】へ