愛と勇気とチェリーパイ(5人)

愛と勇気とチェリーパイ #13 上

 ←ふたりのカタチ (27) →愛と勇気とチェリーパイ #13 下


め、めずらしい……。

あたしはコーヒーカップで顔を半分隠しながら、ボックス席を歩く店長を見つめる。

こんな時間から店長がいるなんて、見たことない。

しかも、その店長の仕事を、心配そうに見守る4人……。

あれじゃ、仕事にならないんじゃない?

店長は呑気な感じでニコニコしてるけど……。

あ……声をかけられた。

あぁ……すかさずショウ君が割って入った!

あっ……店長の肘がメニューに当たってる……。

あ、あ、メニューが落ちちゃう!

うぁっ!……誰かの手がメニューを掴んだ!

……さすが、抜群の反射神経!

ニノちゃん、やるぅ!

うわっ、今度は店長、何か聞かれてる……。

ちゃんと説明できるのかな……。

あはは、やっぱり、頭掻いてる、店長~っ!

困った顔もまた可愛い!

……今度はMJかぁ。

MJなら間違いなく丁寧に答えてくれるね。

今度は何?

……店長がコーヒー持ってくの!?

大丈夫?コーヒーこぼさない?

あ……あぁ……あっ!……ふぅ、セーフ。

なんか、見てるだけで心臓バクバク。

でもね、コーヒーを運ぶ店長の動き、すっごくキレイ。

流れるようって言うか、ステップを踏むみたいに柔らかくって、

わざとぶつかりそうになってるんじゃない?

そんな風に思っちゃうくらい、軽いの。

コーヒーを置いて、アイバ君のところに戻って来る時のあの顔!

どんなもんだい!おいらにだってできるだろ?

そう言って、鼻を弾いてる。

ね?絶対そうでしょ?

アイバ君も、いつもとはちょっと違う、柔らかさが2割増しくらいの笑顔で笑ってる。

いつもの、元気いっぱいとは、やっぱりちょっと違うんだよねぇ。

あ……みんなが店長のところへ戻って来た。

……あれは……もう仕事、しなくていいからって、宥められてるよね?

特にショウ君の口がよく動いてる……。

店長が口でショウ君に勝とうなんて、絶対無理!

あ……ショゲた顔してトボトボこっちに来た……。

「店長、今日はどうしたんですか?こんなに早く。」

あたしは、前の席に置いていたバッグを退かして、店長に視線を向ける。

店長はドカッと前の席に座って、テーブルを覆うように両手を広げてベタッと頬を付ける。

「みんな~、おいらを信用してない!」

クイッと顔だけ上げて、テーブルに顎をつく。

眉を八の字にして、口を尖らせる店長は、とても三十路過ぎのおじさんには見えない。

よくて中学生?一瞬だったら小学生?

「ふふふ。店長が心配なんですね。」

「違うよ、おいらにはできないと思ってるんだ。」

「そんなことないでしょ?」

「いいや!絶対そう!」

子供みたいに拗ねてる店長があんまりにも可愛くて、思わず写メ撮りたくなっちゃう。

「そんな顔ばっかりしてたら、写真撮っちゃいますよ?」

「えっ?」

店長が、バッと上半身を起こして、両手で顔を半分隠す。

「ダメ。こんな顔、末代までの恥!」

「あははは。店長、時代劇みたい。」

あたしが声を上げて笑うと、店長も楽しくなってきたのか、目がどんどん湾曲してくる。

「んふふふ。」

「あははは。」

二人で顔を見合わせて笑っていると、ショウ君が心配そうにやってくる。

「ほら、ショウ君が心配してやってきた。」

あたしが小さな声で言うと、店長が、チラッとウィンクする。

「んっ、うぅぅ……。」

「て、店長……、智君……泣かないで。怒ったんじゃないんだよ。」

「うっぅぅぅ……。」

「店長なんだから、いつもみたいにどんと構えててくれればって……。

 そう言っただけなんだよ?」

店長が顔をテーブルに伏せて声を上げる。

「ぅわぁ~っ。」

「智君っ!」

どうしていいかわからないショウ君が、オロオロしながら、

店長の右に行ったり左に行ったり。

あたしはおかしくって、顔を隠してクスクス笑う。

「智君?……ねぇ、泣かないで……。」

すると、その後ろからニノちゃんがツカツカとやって来て、ドンと、店長の椅子を蹴る。

「ほらほら、忙しいんだから、泣き真似なんかしてんじゃないの!」

ガシガシと椅子を蹴り続ける。

振動で、店長の体がズレて、店長が顔を上げると、もちろん泣いてるわけもなく……。

「智君っ!」

ショウ君が顔を覗き込む。

んふっと笑う店長と目が合って、パァーッと笑顔になるショウ君。

いつもクールなショウ君なのに、こと店長のことになると素直になっちゃう。

はぁ……この二人、絶対何かあると思うんだけどなぁ……。

ないのかなぁ?

「ショウさんも、店長にばっかかまってないで、お客さん!」

ニノちゃんが、クイッと顎で一番奥のボックス席を指し示す。

黒い帽子に黒のTシャツの男の人が、一人、小さくなって座ってる。

店長の肩に手を置いて、ポンと一度叩くと、仕方なさそうに離れていく。

ニノちゃんが困ったもんだと肩を竦めて、お客さんのところに戻って行く。

残されたあたしと店長は顔を見合わせてクスッと笑う。










関連記事
スポンサーサイト



総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png Believe
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
【ふたりのカタチ (27)】へ  【愛と勇気とチェリーパイ #13 下】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【ふたりのカタチ (27)】へ
  • 【愛と勇気とチェリーパイ #13 下】へ