「ふたりのカタチ」
ふたりのカタチ(やま)【21~40】

ふたりのカタチ (26)

 ←テ・アゲロ  the missing ⑦ -3- →テ・アゲロ  the missing ⑦ -4-

最後のスープまで全部飲んで、カウンターの中を見る。

忙しそうなマー君が、おいらに気づいてニコッと笑う。

「美味しかった!ご馳走様!」

「塩ラーメンなんて珍しかったね。」

「うん。なんか、今日は塩気分。」

おいらが笑うと、マー君も麺を上げながらニコッと笑う。

「いつも同じ味じゃ飽きちゃうからね。たまには違う味も欲しくなる。」

「飽きないよ。マー君の味噌ラーメンは。」

「そうでしょ。毎日食べても飽きない味を……追求してます!」

シャッと麺を切って、丼に入れる。

だから美味しいんだね。マー君のラーメンは。

「んふふ。じゃ、そろそろ行くね。」

「おぅ。いつもありがと!」

おいらは笑って席を立つ。

類さんが伝票を持って先にレジに向かってる。

「あ、おいらの分。」

類さんにお金を渡そうとすると、類さんが首を振る。

「この間、誘ったのにジュンが出しちゃったから。今日は俺が。」

それでもお金を差し出すと、その手をそのまま突っ返される。

「もし悪いと思ってくれるなら……次回、サトシさんが出してください。

 それでチャラ。ね?」

類さんがウィンクする。

イケメンのウィンクは……アイドルみたいで見惚れちゃう。

こういうの、ジュン君以外にさりげなくできる人、知らなかったんだけど、いるんだね。

ショウ君も、こういうことはあんまりしないし。

カズがやる時はわざとで、さりげなくなくて。

マー君はウィンクできないし。

お店から出ると、並んでる人を避けて、類さんがおいらを呼ぶ。

「今日はこの後、どうします?」

「この後……。」

特に何もないけど……。

今日はショウ君も遅くなるだろうし……。

でも、夜の3回のために……。

んふふ。恥ずかしいけど、いろいろ準備しないと……。

ご飯も力の付くもの食べて欲しいし……。

顔を赤くしながら考えるおいらを見て、類さんがクスッと笑う。

「櫻井さんと約束がある?」

「……はい…………。」

類さんに見られて恥ずかしさが増す。

他の人がいるのに……夜のこと考えてるなんて……。

チラッと目が合って、Hなおいらを見透かされそうで恥ずかしさ倍増。

「羨ましいですね。櫻井さん。サトシさんにそんな顔で思ってもらえるなんて。」

「そんなこと……。」

おいらは顔を伏せて、下を向く。

「そんなことありますよ。」

類さんが、おいらの顎に手を掛け、グイッと上に向ける。

目の前の類さんの顔が近くて、びっくりする。

「る、類さん……。」

「俺のことを考える時は……どんな顔をしてくれるのかな?」

「え……それは……。」

おいらは一歩後退ると、類さんも一歩踏み出す。

「唇が真っ赤だ。」

「る、類さん……。」

「顔も真っ赤だ。食べた後だから?それとも櫻井さんのことを考えたから?」

おいらがさらに後退ると、背中が壁にくっつく。

並んでる人からは、隣の店の窪みと大きな類さんの背中できっとおいらは見えない。

「類さん……ちょっ……。」

おいらは類さんのあばらの辺りに手を着いて、押し返すけど、類さんはビクともしない。

類さんの顔がどんどん近づいてくる。

「じっとして……。」

え?何?おいら、キス、されちゃう?

これってそういうシチュエーション……だよね?

「る、類さんっ!」

「ちょっとだけ……。」

類さんの顔がおいらの顔のすぐ前に来て、どうしていいかわからなくて、

おいらはギュッと口と目を閉じて、顔を背けた。

すると、おいらを呼ぶ声がする。

「サトシ!」

類さんの背中越しに聞こえる声。

「あ、マー君っ!」

おいらが叫ぶのと同時に、類さんが、ハンカチでおいらの口の端を擦った。

……えっ?

類さんを見てみると、ニコッと優しく笑いながら、ハンカチの汚れをおいらに見せる。

「口の端にネギが付いてたから。」

おいらの顔がカァーッと赤くなる。

おいら……一人で勘違い……。

「何?サトシ?どうしたの?」

マー君がちょっと怖い顔で類さんを睨む。

「ああ、汚れを取ってあげたのが、どうも恥ずかしかったらしくて……。」

類さんが爽やかに笑う。

「サトシ、大丈夫?」

マー君がおいらの顔を覗き込む。

「うん……だいじょぶ……。」

恥ずかしくって、顔を上げられない。

「俺、もう終わるから、久しぶりに俺んち来ない?うちの子達も会いたがってるし。」

マー君が、おいらの肩を掴む。

「う、うん。」

おいらはそっと顔を上げる。

マー君の奥で、類さんがニコッと笑う。

「じゃ、俺はそろそろ戻ります。」

類さんが爽やかな笑顔で会釈する。

「は、はい。今日はご馳走様でした……。」

小さな声で言ったのに、ちゃんと類さんには聞こえてたのか、

小さく頷いて、声に出さずに口をパクパクする。

『つ・ぎ・は・よ・ろ・し・く』

心配そうにおいらを見ていたマー君が振り返ると、

類さんは軽く会釈して駅に向かって歩き出した。










関連記事
スポンサーサイト



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ 3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ 3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ 3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ 3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ 3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ 3kaku_s_L.png season
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏の名前
総もくじ 3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ 3kaku_s_L.png Deepな冒険
総もくじ 3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ 3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ 3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
総もくじ 3kaku_s_L.png 大人の童話
総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png Believe
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス
もくじ  3kaku_s_L.png つなぐ
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
【テ・アゲロ  the missing ⑦ -3-】へ  【テ・アゲロ  the missing ⑦ -4-】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【テ・アゲロ  the missing ⑦ -3-】へ
  • 【テ・アゲロ  the missing ⑦ -4-】へ