「テ・アゲロ」
テ・アゲロ the missing (5人)

テ・アゲロ  the missing ⑦ -3-

 ←ふたりのカタチ (25) →ふたりのカタチ (26)


赤いカード……。

数年前、世間を席巻した連続殺人事件。

現場に残されていた赤いカードが特徴で、

そこに描かれていたのが椅子の絵とSiriusという文字。

この事件は不可思議なことが多く、被害者たちの接点も皆無。

ただ共通するのは、赤いカードが残されていたという一点のみ。

この赤いカードがミステリー好きを刺激し、警察が隠したにもかかわらず、

どこからか出回り、カードのみが拡散していった。

もうだいぶ風化した事件ではあったが、カードを見れば、誰もが思い出す程度に

事件は連日、新聞紙面を賑わせた。

そのカードが風磨の部屋にあったのだ。

「これがあったの……?」

相葉がカードを手に取る。

裏はただ真っ白なだけで、これがトランプやタロットカードの類でないのはすぐわかる。

「そうなんです。それで心配になって……。」

翔は舞と顔を見合わせる。

「確かに……それは心配ですね。」

二宮は相葉からそのカードをひったくると、相葉に行けと目で合図を送る。

「でも……。」

相葉がカードから離れられずにいると、大野も相葉の腕を押して首を左右に振る。

仕方なく、相葉がカウンターに戻ると、その様子を見ていた翔が怪訝そうに大野を見る。

「何か……あるんですか?」

「え?何が?」

「ここの……マスター?」

翔が相葉の後ろ姿に目をやる。

「ああ、気にしなくていいから……。」

「でも様子が……。」

尚も相葉を見つめる翔に、大野は溜め息をついて言う。

「相葉ちゃんは……元警察官だから。」

「警察官?」

翔がびっくりして、ガチャッとコーヒーをこぼす。

「お兄ちゃん!」

それをすかさず拭きながら、舞も相葉に目をやる。

「そんな風には見えない……。もっと優しい仕事が向いてそう。」

「……だから、今は喫茶店のマスター。」

大野が舞と翔に向かって、ニコッと笑う。

その笑顔は、これ以上この話はするなと言っているようで、

二人はまた顔を見合わせ、視線を二宮の手にあるカードに注ぐ。

「取りあえず、居場所さえわかれば安心できるから……。

 まだ数日家に帰ってないだけですし、大事(おおごと)にはしたくなくて……。」

翔が言うと、二宮は顔の前からカードを退かし、翔を見据える。

「つまり……親御さんはまだ知らないと……。」

「はい……。探してみて、わからなかったら言おうかと思ってます。」

「期日は?」

大野が聞く。

「え?」

舞が聞き返す。

「二日だな。二日で見つからなかったら警察へ行け。

 事件に巻き込まれてるかもしれない。

 このカードがある以上、その可能性がないわけじゃない。」

大野の鋭い視線に、翔はドキッとしながらうなずく。

「わかってます……。よろしくお願いします!」

翔と舞は二人同時に頭を下げた。



二人を見送って、マイガールを出ようとする大野を、相葉が呼び止める。

「あれ……。」

心配そうに大野を見つめる。

「わかってる。また、動き出したのかもな。」

「……シリウス……なんで今頃……。」

「そんなに心配しなくても大丈夫ですよ。きっと小春ちゃんは覚えてない。」

二宮も相葉の肩を叩いて、相葉を励ます。

「これがきっかけで……あいつの尻尾が掴めれば……。」

大野がつぶやくと、二宮が宥めるように大野の腕に手を掛ける。

「今回の依頼は……いなくなった風磨さんを探すこと。

 シリウスを探すことじゃない。」

「わかってるさ……。取りあえず、俺は大学に行ってくる。」

「わかりました。二日しかありません。私は友人をあたります。」

「俺も!何か手伝わせてよ。」

相葉の言葉に、大野と二宮は顔を見合わせ、首を振る。

「あなたは、ここで待っててください。何かわかったら必ず教えるから。

 もうすぐ小春ちゃんが帰ってくるでしょ?」

「でも……。」

「おいら達が信じられないのか?」

「そんなことないけど……。」

「だったらおとなしく待ってろ。」

大野の鋭い視線に、相葉はグッと唇を引き結び、拳を握りしめた。



大学の構内。

楽しそうに会話する二人の女子学生。

一人が、思い出したように目を見開いて相手の顔を見つめる。

「ね、聞いて!すごいの!」

興奮した様子に、びっくりして顔を上げる女子学生。

「何、どうしたの?」

「昨日行ったお店、オニかっこよくてぇ!」

「へぇ、どんな感じ?」

「いろいろ。癒し系もドSっぽいのもいた~。

 可愛い系もカッコいい系も全部そろってる!」

「うっそ、マジそんなとこある?ホスト?」

「違う違う、普通に可愛いカフェなんだけどぉ。」

「カフェ?オニやばくね?」

「でしょでしょ!」

「マジ行きたい!」

「おいらも~、マジ行きたい~!」

二人が振り返ると、見たことのない男が、二人の後ろに立っている。

知らない男にも関わらず、人好きのする微笑みが、二人の表情を和らげる。

「マジ行きたいんだけど~、ちょっと聞いてもいいかな?」

「な、なんですか?」

「菊池君って知ってる?」

「……風磨君?」

大野はニヤッと笑うと、二人に顔を近づけた。










関連記事
スポンサーサイト



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ 3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ 3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ 3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ 3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ 3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ 3kaku_s_L.png season
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏の名前
総もくじ 3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ 3kaku_s_L.png Deepな冒険
総もくじ 3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ 3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ 3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
総もくじ 3kaku_s_L.png 大人の童話
総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png Believe
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス
もくじ  3kaku_s_L.png つなぐ
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
【ふたりのカタチ (25)】へ  【ふたりのカタチ (26)】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【ふたりのカタチ (25)】へ
  • 【ふたりのカタチ (26)】へ