「ふたりのカタチ」
ふたりのカタチ(やま)【1~20】

ふたりのカタチ (20)

 ←ふたりのカタチ (19) →ふたりのカタチ (21)
田村さんとの打ち合わせを終え、ビルを出てすぐ時計を見る。

3時少し前。

ショウ君はまだまだ仕事だろうし……。

それでも一応、ショウ君にメールを入れてみる。

「今、打ち合わせ、終わった!

 ショウ君は何時頃帰れる?」

すぐに返信……かと思ったら、電話が鳴る。

「もしもし、ショウ君?」

「もう、終わったの?」

「うん。」

ショウ君の優しい声。

そんな声聞いたら、今すぐ会いたくなっちゃうよ。

「電話しても平気なの?」

「今、ちょっと出て来た。」

ショウ君は軽く笑ってガサゴソと音をさせる。

携帯を持ち変えたのかな?

「岡林に、大野さんでしょってからかわれた。」

「んふふ。当たりだ。」

「……サンドイッチ、ありがとう。」

「あ、食べてくれた?」

「うん。美味しかった。」

「ふふ。よかったぁ。お腹空いたら力がでないからね。」

「おかげでバリバリ仕事してます。」

おいらは笑ってビルの前を歩き出す。

「今日も遅い?」

「そうだな……この調子なら、そんなに遅くはならないと思うけど……。」

「じゃ、夕飯作って待ってるね。おいら、ちょっとブラブラしたら帰るから。」

「ん、早く終わるようなら、待ち合わせて食事にでも行きたいとこだけど……。」

「いいよいいよ。無理しないで。お家でのんびりしよう。」

「悪い……。」

「そんなことないよ。ショウ君といられたら、それだけで幸せなんだから。」

ちょっと言葉に詰まるショウ君。

でも、すぐに優しく囁く声が聞こえる。

「サトシ……愛してる。」

最後の言葉はちょっと声をひそめて言うから、ドキッとする。

「おいらも……愛してるよ。」

おいらも同じように声をひそめて言う。

おいら達の間に、電波を通して愛しさが溢れてるみたいで、

思わず顔がニヤける。

きっとショウ君も……。

「あ、ショウ君、書類、届いたよ。」

「書類?」

「あの、区役所に出すやつ……。」

「お、やっと来た?じゃ、近い内に出しに行こう。」

「うん。」

おいらの前を足早に人が通り過ぎて、ぶつかりそうになる。

電話しながら歩いてるおいらが悪いよね……。

「じゃ、切るね。お仕事、頑張って。」

「うん。サトシも、気を付けて帰って。」

「うん。」

電話を切って、周りを見回すと……。

あれ?

ここどこら辺?

人の波はきっと駅に向かってるんだろうから……。

迷子になることはないか?

キョロキョロしながら歩いていたら、目の前に小さな美術館が現れた。

何の美術館なんだろう?

ちょっと中を覗いてみる。

人は少ないけど……近代的な感じ?

入口には

『入場無料・お気軽にお立ち寄りください。』

とあって、受付らしきものもない。

いい……のかな?

入っても……いいんだよね?

おいらはそっと入ってみる。

中も近代的な感じで、入ってすぐは大きなブース。

そこにはスクリーンが張られていて、大きな画面に何か映し出されている。

……広告の……ミュージアム?

画面はラストなのか最初なのか。

広告のミュージアムと書かれていて、次の映像を待っている。

よく見ると、2、3人のお客さんもいて、

おいらは取りあえず、先に進んでみる。

次のブースは一人用の小さなブースが10個くらい?

ブースの一つに腰かけて、置いてあるヘッドフォンを付ける。

目の前の20インチ位の小さな画面にメニューが現れ、

そこを触ると、映像が流れる仕組みらしい。

試しに一つ押してみる。

流れたのは、学生が作った環境CM……。

過去のコンクール受賞作?なのかな?

大人が作る洗練された映像とは違って、

大胆で、どこかあどけないCMに興味が沸いて、いくつか見てみる。

全く逆の切り口で作ったものや、

商業広告としてはあり得ないような組み合わせがあって。

へぇ~、こういうのも考え方次第なんだね……。

面白い……。

ヘッドフォンを置いて、奥へ進むとその奥には昔懐かしいものがいっぱいあった。

おいらは知らない、最初の携帯とか、

これって、携帯とは言えなくない?ってくらい大きい。

すごいごっついシューズは見たことがある。

有名スポーツ選手仕様で作ったやつ。

でも、今は全然見ないな、こういうの……。

そんな風に見ていたら、大きな広告が目に入った。

懐かしく、衝撃的だったポスター広告。

エイプリルフール限定で、新聞一面に載ってたの!

『こんなおもしろくない遊園地、もう二度と来たくない!』

そんなキャッチで、劇画調のイラストが印象的だった。

懐かしい……。

そう思って、そのポスターの前に行くと、

男の人が、対面のポスターを見上げて立っている。

あれ……?

見たことある後ろ姿に、近づいてみると……。

「類……さん?」

見上げていたその人は、おいらの声に振り返る。

「……サトシ……さん?」

びっくりした顔は、おいらの好きな優しい顔で笑いかける。

「こんなとこで会うなんて……運命みたいだ。」

類さんは、嬉しそうに笑って、また、ポスターを見上げた。










関連記事
スポンサーサイト



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ 3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ 3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ 3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ 3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ 3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ 3kaku_s_L.png season
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏の名前
総もくじ 3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ 3kaku_s_L.png Deepな冒険
総もくじ 3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ 3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ 3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
総もくじ 3kaku_s_L.png 大人の童話
総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png Believe
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
【ふたりのカタチ (19)】へ  【ふたりのカタチ (21)】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【ふたりのカタチ (19)】へ
  • 【ふたりのカタチ (21)】へ