「三日月」
Daylight(潤×颯)

Daylight ③ - 三日月 side story -

 ←Daylight ② - 三日月 side story - →Daylight ④ - 三日月 side story -

俺は傷をそっと握り込んで、颯の顔を見つめる。

颯は……俺の血で唇を汚しながら、にっこり微笑んで、俺を見る。

「颯様は……何もわかっていない。」

「何が?何が分かっていないと言うの?

 僕はちゃんとわかってる。僕の気持ちは……。」

そう、颯は自分のことしかわかっちゃいない。

俺の考えることなんて、想像もしていない。

こんな幼気な天使の羽を、引き裂きたくて仕方ない俺なんて、

颯に想像できるわけもない。

俺は、颯の唇の汚れを、親指の腹で拭っていく。

俺の指にそって、捩れる赤い唇……。

ゴクッと唾を飲み込む。

汚いものから隔離され、大事に大事に育てられた颯……。

そう育てたのは俺なのに。

汚い感情と行動で、颯を傷つけたくて仕方ない。

こんなに美しく成長するから……。

こんなに愛しい笑顔を俺に向けるから……。

颯は俺を見つめたまま、瞳を揺らして口を開く。

「大好きだよ。潤。」

あぁ、そうだね。颯はいつもそう言ってくれる。

雅紀様のことも、和子様のことも大好きな颯。

その二人にすら嫉妬する俺……。

俺の顔を見て、切なそうに眉を寄せる颯が、俺の両腕を掴む。

「やめないでくれるよね?ずっと……僕の側にいてくれるよね?」

俺は親指についた俺の血を舐める。

鉄の味に交じって、颯の味を感じて、衝動に拍車がかかる。

でも、ゴクッと唾を飲んだのは颯。

「僕……潤が側にいてくれるなら、なんでもするよ……。

 だからお願い……。」

颯の手に力がこもる。

なんでも?

その言葉の意味を、お前はわかっているのか?

「未来の公爵様が、そんなことを言ってはいけない。」

「本当だよ。僕……なんでもする。」

「颯様は……何もわかってない……。」

俺は颯を引き剥がし、奥の棚から止血できそうな布を探す。

「わかってるよ。わかってる!」

「わかっちゃいないんだよ。」

水場で血を洗い流し、顔を拭いたタオルで拭う。

水が染み、ズンズンと痛みが広がっていく。

颯は、俺の中のドス黒い感情を知っても、今のまま、俺を好きだと言ってくれるだろうか?

俺は片手と口を使って、布を傷口に巻いて行く。

「僕がやる。」

颯がやってきて、布を取ろうとする。

俺は歯で布を引っ張ったまま、背中で颯から傷を隠す。

「汚れるから、あっちに行ってろ。」

「僕の為にケガしたのに!」

あぁ、そうだよ。颯の為についた傷など、痛いわけがない。

お前の為なら、俺は……どれだけ血を流してもかまわない。

「いいから、あっちにいけ。」

「そんなに……僕がきらい?」

嫌いなわけないだろう。

いっそ、嫌いになれたらどんなに楽か……。

「……あぁ、嫌いだ。」

颯の動きが止まる。

「本当に?」

「……本当だ。だから、近くに寄らないでくれ。」

「……潤…………。」

颯が傷ついたのがわかる。

人から、悪意なんか向けられたことないだろう颯。

羨望や嫉妬は受けても、颯を目の前にして、拒絶できる人間なんて、きっと存在しない。

俺だって……。

俺は布の最後をキュッと結び、手を軽く握ってきつさを確認する。

「潤……。主人として命令する。」

意を決したような颯の声に、思わず振り返る。

「僕に……キスして。」

「颯……。」

「命令だよ。潤は僕に逆らっちゃいけない。」

颯の茶色い目が、俺の反抗をゆるしてくれない。

「さぁ、キスして……。」

颯が俺の体の向きを変える。

目の前に立つ颯は、俺を見上げ、俺を待つ。

颯の目に絡み取られた俺は……抗えない衝動に……。

ダメだと叫ぶ俺の心を押さえつけて……。

唇を……重ねる。

颯の唇は、想像通り柔らかく、想像以上に甘美な……。

重ねた唇から、血の味がして、ペロッと颯の唇を舐める。

ビクッと震える颯。

怖がればいい。

怖くなればこれ以上は……。

俺は颯の頭を抱え込み、唇をこじ開け、舌を押し込む。

「んっ!」

抵抗できず、身をこわばらせる颯。

颯の舌を探し、唾液と舌で絡めとる。

「ぁんっ!」

さらに奥に押し込んで、思いっきり吸い上げる。

密着する舌と舌。

込み上げる唾液は甘く切なく……。

しばらくキスを続けると、颯の体から力が抜ける。

ダラッと俺に体を預ける颯。

俺はそっと唇を離す。

「颯様……気まぐれがすぎます。」

「き、気まぐれなんかじゃ……。」

「気まぐれじゃなくて、こんなことをされるのは困る。」

颯が思いつめた顔で俺を見つめる。

「僕は……ただ、僕の気持ちを分かって欲しくて……。

 ただそれだけ……。」

俺は小さく溜め息をつく。

「颯様は……小さな好奇心に煽られただけです。

 俺を好きなわけじゃない。」

「違う!」

「違わない。」

俺は立てない颯を、横抱きに抱きあげる。

颯はゆっくり、俺の首に腕を回す。

「違う……。僕は……潤を……。」

ぎゅっと抱き着く颯から、あの香りが漂う。

俺は傷を握り込んで耐える。

ズキッと広がる痛みが、俺を麻痺させてくれる。

「潤を愛してる。」

颯の声が耳元で響く。

「そんなことを簡単に……。」

「簡単じゃない!僕は潤を愛してる。たとえ……智おじ様のことが好きでも……。」

「颯様……。」

俺は目の前の颯から視線を逸らす。

「僕じゃ……魅力ない?……おじ様の……代わりでもいいよ……。」

「颯!」

思わず声が大きくなる。

「お前が誰かの代わりだって?もしそんなことを言うやつがいたら、

 俺の前に連れて来い!二度とそんなことが言えないようにしてやる。」

「潤……。」

「颯は誰の代わりでもない。颯は……あ、いや、颯様は十分に魅力的なんだから、

 そんなこと考えちゃいけない。」

颯が嬉しそうにクスッと笑う。

「嬉しい!颯でいいよ。颯って呼んで。」

「ダメだ。」

「じゃ……愛してるって言ってくれる?」

見上げる颯の瞳が潤む。

そんな顏でそんなことを言われたら……。

逆らえる人間がこの世に……いるわけがない。

「潤……。」

颯の唇が俺の唇を包み込む。

両手の塞がっている俺は、颯に抗うことができない。

颯にされるまま、舌を絡め合う。

「はぁ……。」

甘く優しい吐息と唾液の音が、俺の最後の砦を崩壊させる。

颯を抱き上げたまま、颯の唇に貪りつく。

首に回った颯の腕も、俺を捕らえて離さない。

荒くなる息遣い。

熱を帯びる唇。

夢中になってキスをする俺達に、時間の感覚など存在しない。

いつまでも……このままでいたかった。

だが、俺のドス黒い感情は、これだけで終わらせてはくれない。

苦しさに、唇を離す颯に向かって、俺は低くつぶやく。

「愛するということが……どういうことかわかっているのか。」

颯が上気した頬をさらに上気させ、俺を見つめる。

「……わからない……たぶん。でも、潤が教えてくれるでしょう?」

俺は颯を抱く手をシャツの中に滑り込ませる。

ビクッと背中が波打つ。

「こういうことを……するんだぞ。」

「……潤なら……潤だから……いいよ。」

颯が俺の胸にその頬を寄せる。

「怖くは……ないのか。」

「怖い?何が?……潤が?」

クスッと笑う颯。

大きな茶色の瞳が、俺を取り込んでいく。

「怖くなんかない……。僕は……潤を愛してるから。」

「颯……。」

俺は颯の唇に唇を合わせ、そのままそっとずらしていく。

「ぁんっ……。」

颯の吐息が聞こえると……ただ……突き動かされる衝動に身を任すしかなかった。

「颯……。」

「潤……んっ……あぁ…んっ……。」

俺は……愛する天使の羽を……この手でもぎ取った……。










関連記事
スポンサーサイト



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ 3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ 3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ 3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ 3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ 3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ 3kaku_s_L.png season
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏の名前
総もくじ 3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ 3kaku_s_L.png Deepな冒険
総もくじ 3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ 3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ 3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
総もくじ 3kaku_s_L.png 大人の童話
総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png Believe
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス
もくじ  3kaku_s_L.png つなぐ
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
【Daylight ② - 三日月 side story -】へ  【Daylight ④ - 三日月 side story -】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【Daylight ② - 三日月 side story -】へ
  • 【Daylight ④ - 三日月 side story -】へ