「みんなと作ったお話」
touch me now(やま)

touch me now ④

 ←touch me now ③ →touch me now ⑤

▶Aに進む(179)

 Bに進む(26)



Aに進みました



ホテルに戻って、部屋に入る。

ニノと潤が言うように、智君を放置……できるのか?俺に?

だが、あの二人の言うことは聞いた方がいい気がする……。

なんせ、ニノは自称智君のメンタリスト。

お、俺だって負けてないけど……。

智君の匂い、最後まで嗅ぎ分けたの、俺だけだったし……。

智君のソロ曲だって……。

智君は俺の体全部知ってるって言ってくれたけど……。

それだけ見ててくれてたってことじゃないの?

俺だって知ってるよ。

ずっと見てたんだから。

ずっと……。

俺は窓のカーテンを開ける。

ネオン輝く街並み。

「智君もこの景色見てるのかな……。」

一人の時は……考えてもいいよね?

智君……。

その夜は悶々とする気持ちを抑えて一人、ベッドに横になった。

昼間の智君の唇を思い出し、夢に出てくれることを願って……。


次の日のライブ前。

楽屋でも、できるだけ智君を見ず、新聞を読み漁る。

リオが近いから、情報収集も必要で、俺には好都合。

智君を少しでも見ちゃったら……放置なんてできなくなる!

そのままライブが始まって、ライブ中もできるだけ智君を見ないようにして……。

背中だけを見てた。

智君の、ちょっと猫背な背中……。

歌ってる時、踊ってる時のピンと張った背中……。

この背中を、ずっと見て、追いかけて、

とっても大きく見えて、大きく感じて……。

背中だけじゃなく、横顔も見れるようになった頃だよな。

智君より大きくなったのは。

あの頃から、もう好きだったのかな……。

なつかしいアリーナだからか、感傷的になってくる。

いかん、いかん!

ライブに集中!

MCもいつも通りにそつなくかわし……。

二人の振りもサラッとこなし……。

いつも通り……。

智君もいつも通り……。

でも、若干、智君も俺を避けてる?

ライブも終わり、急いで都内に戻る。

智君と会話することなく、車の中もお互い寝たふり……。

って、智君はガチ寝かな?

会話も視線も交わさず……別々の仕事へ……。

放置ってさ……放置する方もこんなに辛いものなのか?

別れ際、潤とニノに視線を向けると、大人っぽい顔を作って、二人が静かにうなずいた。



次に智君と一緒になったのは番組の収録。

いつものように楽屋に入り、いつものように新聞を広げる。

すでに智君は来ていて、ニノの隣に座っている。

ニノの小さなコソコソ声。

たまに聞こえてくる、くすぐったそうな智君の笑い声。

相葉ちゃんのサラダを食べるムシャムシャ音と重なって、なぜだかイライラしてくる。

グッと新聞を握り締め、神経を集中して新聞の活字を追う。

潤がニノに声を掛け、二人が楽屋から出て行くと、

相葉ちゃんの咀嚼の音だけ響いて……。

さすがに居心地が悪い。

智君はどうしてるだろう。

これで本当に俺のこと気になってくれてるのかな?

いや……まだライブと今回だけだから、放置にならないか……。

あ~!見たい!智君が見たい!

せめてチラッと智君の様子だけでもわかったら……。

このまま新聞をしまったら智君が見える。

だけど……もし仮に万が一、智君が俺を見てたら目が合って……。

放置にならなくなる?

ええい!昔の漫画みたいに新聞に穴でも開けてみようか?

「翔ちゃん……どっか痛いの?」

キャベツの千切りを口の端に付けた相葉ちゃんが、新聞の端から心配そうにのぞき込む。

「い、いや……別に……。」

「ふぅん、そう?なんか、すっごい怖い顔してたから。」

口の端をポリポリ掻いて、キャベツを口に入れる相葉ちゃん。

「こ、怖い?」

「うん。こ~んな!」

相葉ちゃんが眉間に皺を寄せ、眉毛を手で吊り上げる。

「歌舞伎のやつみたい!」

言いながら笑い出す。

俺、そんな顔してたのか?

「我慢はよくないよ!」

相葉ちゃんがポンと俺の肩を叩く。

…………。

……相葉ちゃん……わかってないよね?

痛いの我慢って意味だよね?

……でもやっぱり侮れない男だ。相葉雅紀は!

そんなやり取りをしている内に潤とニノが戻って来て、

収録が始まると、みんな一緒に楽屋を出た。

収録中も収録の合間も、できるだけ智君から遠ざかった。

これじゃ、放置じゃなくて避けてるみたい?

でも、そうでもしなきゃ、俺が智君を無視なんてできない!

収録中の智君はいつもと変わりがなくて……。

この作戦、本当に合ってるのか?

収録が終わって、速攻帰り支度を終えたニノを捕まえて、楽屋の端に連れて行く。

「ニノ……ちょっと……。」

「ん?」

ニノは別段嫌そうでもなく、付いてくる。

「本当にこの作戦……大丈夫?」

ニノは、ああとうなずいてニヤリと笑う。

「大丈夫。効果出てるから。」

「効果?俺には全然。」

「ほら、見てみ。リーダー、こっちが気になって仕方ないから。」

チラッと智君の方に目をやると、一瞬智君と目が合って、すぐに逸らされた。

「ね?」

「翔さん!」

後ろからやってきたのは潤だ。

「今日、これから飲みに行くよ。」

「え?これから?」

潤が俺の耳元で囁く。

「次の作戦……考えなくていいの?」

「作戦……?」

潤の隣でニノもニヤッと笑う。

俺は声を潜めて言う。

「それを言うなら、放置っていつまで続けるの?」

ニノと潤は顔を見合わせて笑う。

「もう、根を上げたんですか?」

「翔さん、辛抱ないなぁ。」

「う、うるさい!」

ああ、もう放置なんてやめちゃって、智君と飲みに行きたいよ!




A 潤と飲みに行く。



B 智君を飲みに誘う。










関連記事
スポンサーサイト



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ 3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ 3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ 3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ 3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ 3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ 3kaku_s_L.png season
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏の名前
総もくじ 3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ 3kaku_s_L.png Deepな冒険
総もくじ 3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ 3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ 3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
総もくじ 3kaku_s_L.png 大人の童話
総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png Believe
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
【touch me now ③】へ  【touch me now ⑤】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【touch me now ③】へ
  • 【touch me now ⑤】へ