復活LOVE(やま)

復活LOVE ⑮

 ←復活LOVE ⑭ →復活LOVE ⑯

「だから……先生の返事も聞きたい。」

俺には自信があった。

あの頃も……そして今も。

「翔君……ずるい……。」

先生は、俺の手を見つめてつぶやく。

「何がずるいの?」

「……だって……。」

次々流れる涙を拭きもせず、先生は続ける。

「じゃぁさ、あの時描いてた絵……今も持ってる?」

「……絵?」

「そう……覚えてない?」

「……もう、ないよ。」

先生は手の甲で涙を拭きながら、そう言う。

「ないの?」

「…………ない……。」

俺は先生の顔に残った涙を指の腹で拭き、先生に笑いかける。

「俺……あの年の夏休み……見たんだ。」

「……見た?あの絵を……?」

「うん……。」

先生は、困ったように眉を八の字にして……俺の手からそっと手を引き抜いた。

俺は、温もりの消えた手の平を、じっと見つめて、話し続ける。

「どうしても先生に会いたくて……我慢できなくて……美術準備室に行ったんだ。」

先生は何も言わず、潤んだ目で俺を見つめる。

「先生はいなくて……でも、イーゼルにあの絵が掛けてあって……。」

俺は手の平をゆっくり握り締める。

「びっくりした。明るい、春を思わせるような背景だったはずなのに、

 暗い色で塗り潰されていたから。その暗い中に一部だけ赤い色があって……。」

俺は握り締めた手をテーブルに置く。

「涙が流れた……先生も苦しいんだと思った。

 先生も……俺のことが好きなんだってわかった……。」

「……翔君…………。」

また、先生の目に涙が溜まっていく。

「それなのに、稲垣先生と一緒にいる。どうして?って思った。

 どうして先生は俺のとこに来てくれないのかって。

 俺の気持ちは知ってるはずなのに……俺の……俺の為だったんだよね?」

先生はゆっくり首を振り、徐々に激しく振っていく。

「ち、違う。翔君の為じゃない。自分の為。自分の保身で翔君を傷つけた……。」

「あの頃は……先生はあの絵を描きあげて、俺への気持ちに区切りをつけ、

 稲垣先生のところへ行ったんだと思った。思おうとした。

 一刻(いっとき)でも俺を好きでいてくれたんならそれでいいって、自分に言い聞かせて。

 それをバネに……受験勉強に打ち込んだ。絶対受かってやる、見返してやるって。」

俺は思い出してクスッと笑う。

「子供だったんだよ……見た目だけじゃなく、中身も。」

「違う。翔君の考えは正しかった。……おいらは……。」

「違わないよ。その証拠に……稲垣先生、断ったんでしょ?」

「それは……。」

先生が口ごもる。

「……約束……したんだって?稲垣先生が言ってた。

 きっと先生は約束を守って、俺の前には現れない。

 現れても、決して本当の気持ちは言わないだろうって。」

先生が目を見張る。

澄んだ目が、憂いを含んで俺を見つめる。

「例え卒業してしまっても、先生と俺は教師と生徒。

 だから……先生の気持ちは封印しなきゃいけないって……言われたんでしょ?」

先生は声が出そうになるのを堪えるように、両手で口を覆う。

長い指が先生の顔を半分隠す。

「稲垣先生、協力する代わりに約束して欲しいって言ったんでしょ?」

「……稲垣先生が……正しいから……。」

先生がまた俯きそうになる。

俺は、先生の両手首を掴んで、ゆっくり口から外していく。

「もし……運命の歯車が回り出したら……あの約束は無効……。

 僕も……夜空の向こうの明日を……歩き出したからって。

 稲垣先生からの伝言。」

「稲垣先生……。」

また先生の目から涙がこぼれる。

「先生……泣き過ぎ……。」

俺の指で、先生の涙を拭っていく。

拭っても、拭っても止まらぬ涙。

「だって……。」

先生は鼻をすすって、立ち上がると、ティッシュを取って戻ってくる。

「それ聞いた時、俺、先生のこと探したんだよ。

 でも、探し出すことはできなくて……これが運命なのかって思った。

 もし、先生が俺を、本当に必要としてくれてるんなら、

 きっと運命の歯車は回り出すはず……。

 稲垣先生、ロマンティストだね。

 俺は言っててちょっと……恥ずかしい。」

俺がクスッと笑うと、先生もやっと微かに微笑んでくれる。

「引っ越しの挨拶に先生が来た時……。

 本当は……先生が俺たちのことを覚えててくれてるかどうか自信がなかった……。

 もう昔のことだから、全部忘れて先生と生徒の方がいいのかなって思いもした。

 先生も、全然そのことに触れないし……。」

「忘れるわけ……ないよ。」

涙で霞んだ先生の声。

鼻にかかって、艶っぽく聞こえる。

「うん。忘れるわけない。でも、辛かったことより先に、

 楽しかった、甘酸っぱい思い出ばっかり蘇って……嬉しかった。」

「翔君……。おいらも。楽しかったことばっかり思い出してた。

 翔君に辛い思いばっかりさせたのに。」

「そんなことないって、まだわかってくれない?」

先生が、鼻を噛みながら首を振る。

「だから……先生、あの時の告白の返事……聞かせてくれる?」










関連記事
スポンサーサイト



総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png Believe
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス
もくじ  3kaku_s_L.png つなぐ
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
【復活LOVE ⑭】へ  【復活LOVE ⑯】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【復活LOVE ⑭】へ
  • 【復活LOVE ⑯】へ