「Welcome to our party」
Welcome to our party(5人)【21~Last】

Welcome to our party ㊴

 ←Welcome to our party ㊳ →Welcome to our party ㊵

ピッ。

智はリモコンでテレビを消すと、それをソファーに軽く放る。

残された智と翔は、どちらともなしにダイニングに向い、いつもの席に腰かける。

お互い、二人っきりになると、何を言っていいのかわからない。

隣同士で、ただ黙って3人のいるキッチンの様子を伺う。

笑いあう3人の和やかな声を聞いていると、

緊張していた二人の空気も徐々に和らいでいく。

智は穏やかな調子でポツリと言う。

「本当に……松潤のこと、好きになったわけじゃない?」

「も、もちろん!心はずっと智君のままだよ。」

どもりながら言う翔に、智はクスッと笑って、じっと翔の顔を見据える。

「信じるよ……。でも……松潤のこと、可愛いと思ったんだよね?」

「う……うん……。」

翔は視線を外し、開いたり閉じたりしている自分の手を見つめる。

「生意気なんだけど、真面目で……可愛いもんね……松潤……。

 なんでも許してあげたくなっちゃう。」

智の声はどこか楽しそうで、翔は顏を上げて智を見つめる。

「智君……!」

「くふふ。おいらだって、そう思うんだから、翔君が助けてあげたいって思うの、

 わからなくない。同じ場面になったら、おいらも……助けてあげちゃうかもしれない。」

「…………。」

翔は智の言わんとすることが分からず、首を傾げて見つめ続ける。

「だって、みんなカッコよくて可愛くて、日本中の女の子がキャーキャー言うような

 アイドルなんだもん。誰が誰を好きになっても全然おかしくない……。」

「智君……?」

翔は傾げた首をさらに傾げる。

「ニノも相葉ちゃんも頼りがいがあるのに、可愛らしいとこもあって。」

智の言葉を遮るように、翔が前のめりになって言う。

「俺は……、智君が一番カッコいいと思ってる。

 笑った顔の可愛いらしさなんて、誰にも負けない!」

力強くそう言う翔に、智はクスッと笑う。

「そうかな?」

智は視線をキッチンに移し、手を組んで顎を乗せる。

「そうだよ!智君が一番!」

「そういう翔君だって、男らしいフェロモンバシバシだし。

 頭も良くて、なんと言ってもイケメン!」

「そんなことないよ……。」

「松潤が好きになったって、当たり前。」

「智君……。」

智はキッチンの様子を気にしながら、チラッと翔の方を見る。

「後で……翔君の部屋に行ってもいい?」

「え……。」

翔は智を見つめたまま動きが止まる。

「みんな誰かが好きで……男同士でもメンバーでも、そんなこと全く気にしてなくて。」

智は翔の顔を見据えてにっこり笑う。

「それでいいんだって、わかったから。」

「智君……。」

「おいらも……忘れさせてやるって言ったよね?」

智がニヤッと笑うと、キッチンから雅紀が料理を手にやってきた。

「ほら~、できたよ~!旨そうでしょ?」

両手に生姜焼きを持って、楽しそうに笑う雅紀に、二人もにっこり微笑む。

「作ったのは私と潤君ですけどね!」

後ろから和也の声がする。

「も、盛り付けたのは俺じゃん!」

「盛り付け?キャベツと肉、並べただけでしょーが!」

「それも立派な料理の手順だろ!」

「いいから、しゃべってないでさっさと持っていく!」

「わかったよ~!」

雅紀はテーブルに皿を並べながら小声で言う。

「……ニノ、ベッドでは可愛いのに……。」

「何か言いました?」

間髪入れずに言う和也の声に、ビクッとして雅紀が振り返る。

「……地獄耳!」

智と翔は声を上げて笑うと、和也に怒られるから行けと手で促す。

3人が代わる代わる皿を運んできて、あっという間に夕食の支度が整った。

全員がテーブルについて、ビールを注いでいく。

智が隣の翔のグラスに。

翔は向いの潤のグラスに。

潤の隣の和也は、向いの智のグラスに。

「ニノの意地悪!」

ぶぅたれる雅紀をみんなで笑って、一番遠い潤が雅紀のグラスにビールを注ぐ。

雅紀はふくれっ面のまま、最後の和也に注いで、全員がグラスを手に取る。

いつもの食卓。

でも、いつもと違う食卓。

全員で頂きますをして、夕食を食べ始める。

一度自分の気持ちを晒してしまえば、みんなの口も軽くなる。

ずっと隠して溜めていたせいか、今までの鬱憤(うっぷん)が、次々と口を付く。

「私がどんなにアピールしたって、全然気づかないんですよ!この鈍ちんは!」

ビールを飲みながら、愚痴を言い出す和也に、雅紀が声を上げる。

「そんなこと言ったって、はっきり言ってくれなきゃわかんないじゃん!」

「はっきり?はっきりアピールしてましたけどね?」

「そうだね、傍から見ててもわかったよ?」

智が言うと、雅紀がさらに声を張り上げる。

「リーダーはニノを見てたからわかったんだよ。俺だって松潤見てたから、

 松潤が翔ちゃん好きなのすぐわかったもん。」

「え?俺、ちゃんと隠せてなかった?」

潤が生姜焼きを摘まみながら、ビールのせいか、赤い顔で笑う。

「わかるわかる!翔ちゃんだって気づいてたでしょ?」

「ま、まぁね……。」

翔は大きな口を開けて、大盛りの千切りキャベツを口に入れる。

口の端からはみ出たキャベツを、智がピッと引っ張って、翔の口へ押し込む。

智の顔を見ながら、嬉しそうに笑う翔を見て、潤がクスクス笑う。

「俺だって、翔さんがリーダーしか見てないの、すぐわかったし。」

潤はビールを一口飲んで智を見る。

「なんであれでリーダーが気づかないのかわかんなかったよ。」

「あ~、わかる!俺だって、翔ちゃんがリーダー好きなのすぐわかった!」

「まあ、あんだけ見てれば誰でもわかんじゃないの?」

和也もニヤリと笑って、柴漬けをパクリと口へ放り込む。

「ま、わからないような人だから、翔さんが好きになったんだろうけど。」

智は照れ臭そうに笑って翔を見る。

翔もはにかんだように笑って、チラッと智を見る。

「でも……わからないですからね?1年後……3年後……。

 誰が誰を好きなのか……。人の心は変わりますから。ね?」

和也が雅紀に向かってウィンクする。

「ははは……ニノ、ほんと意地悪。」

「私だって、今、ちょっとリーダーに傾いちゃってますから。」

「え?え~~っ?勘弁してよ~!」

雅紀の泣きそうな顔を見て、みんな、声を上げて笑った。










関連記事
スポンサーサイト



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ 3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ 3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ 3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ 3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ 3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ 3kaku_s_L.png season
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏の名前
総もくじ 3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ 3kaku_s_L.png Deepな冒険
総もくじ 3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ 3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ 3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
総もくじ 3kaku_s_L.png 大人の童話
総もくじ  3kaku_s_L.png a Day in Our Life
総もくじ  3kaku_s_L.png Kissからはじめよう
総もくじ  3kaku_s_L.png Step and Go
総もくじ  3kaku_s_L.png 果てない空
総もくじ  3kaku_s_L.png タイムカプセル
総もくじ  3kaku_s_L.png Hello Goodbye
総もくじ  3kaku_s_L.png season
もくじ  3kaku_s_L.png 五里霧中(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏の名前
もくじ  3kaku_s_L.png Troublemaker(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png Crazy Moon(5人)
総もくじ  3kaku_s_L.png Welcome to our party
総もくじ  3kaku_s_L.png Deepな冒険
もくじ  3kaku_s_L.png 花火(やま)
もくじ  3kaku_s_L.png miyabi-night(5人)
もくじ  3kaku_s_L.png ZERO-G
もくじ  3kaku_s_L.png 復活LOVE(やま)
総もくじ  3kaku_s_L.png 三日月
総もくじ  3kaku_s_L.png WONDER-LOVE
総もくじ  3kaku_s_L.png みんなと作ったお話
もくじ  3kaku_s_L.png Believe
もくじ  3kaku_s_L.png コスモス
総もくじ  3kaku_s_L.png 大人の童話
もくじ  3kaku_s_L.png 智君BD
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png ティータイム
【Welcome to our party ㊳】へ  【Welcome to our party ㊵】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【Welcome to our party ㊳】へ
  • 【Welcome to our party ㊵】へ