FC2ブログ

更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

【  2019年06月  】 

WONDER-LOVE Ever -122-

WONDER-LOVE Ever【101~ 】

2019.06.29 (Sat)

 サトシがナスからジョウロを上げると、庭の隅がガサゴソする。「おはよう。」サトシの声に、ノアが首を伸ばす。「来た!」「来た?誰?」ブランもノアの頭の上から顔を出そうとする。「トラさん!」ノアがニッと笑って、庭に下りて行く。サトシが入れ違いにリビングに入るその足元を、ブランがスルッと横切る。「トラさん!虎次郎さ~~~んっ!」ノアが嬉しそうに虎次郎に駆け寄って行く。「お、元気にしてたか?」虎次郎がノアの...全文を読む

PageTop▲

WONDER-LOVE Ever -121-

WONDER-LOVE Ever【101~ 】

2019.06.28 (Fri)

 ショウが出て行くと、サトシは二人を廊下に下し、脱衣所に向かう。いっぱいになっている洗濯機の蓋を閉め、ボタンを押す。グッ、グッと洗濯機が動きだし、ノアとブランがサトシの後ろに隠れる。「何これ?」「音が気持ちわる~!」機械音を聞いたことのないノアがブルッと震える。「そう?面白そうじゃない?」サトシの後ろから顔を出して興味津々のブランを、サトシが手で追い立てる。「さ、洗濯機は危ないからね~。」「昨日、あ...全文を読む

PageTop▲

WONDER-LOVE Ever -120-

WONDER-LOVE Ever【101~ 】

2019.06.27 (Thu)

 ブランは朝の陽ざしが眩しくて目を開ける。 カーテンが少し空き、その隙間から差す一筋の光は、天界を思わせる。 ママン……。 思いっきり両手を伸ばして、ノアの温もりを探す。 伸ばした手は、何にもぶつかることなく、シーツを撫でる。 見渡すと、広いベッドの上にはブランとショウしかいない。 「ノア……?」 起き上がろうとして、体が思うように動かないことに気付く。 重い……。 足の方を見ると、太腿の辺りにショウの足が乗って...全文を読む

PageTop▲

WONDER-LOVE Ever -119-

WONDER-LOVE Ever【101~ 】

2019.06.26 (Wed)

 どこかでガタガタと音がして目が覚めた。いつの間に眠っていたのだろう。ノアが、首だけ上げてキョロキョロと周りを見まわす。ドタドタと廊下を走る音。あれ?サトシたち、出た?どんなに首を伸ばしても、洗濯機の外は見ることができない。ノアは小さく声を掛けてみる。「サトシ。」足音は全く気付く様子もなく遠ざかって行く。仕方なく、洗濯機の中に視線を戻す。「ブラン。」ブランの腹を揺する。「ブラン、起きて。」「ん、ん~...全文を読む

PageTop▲

Sunshine (74)

Sunshine(やま)【61~80】

2019.06.25 (Tue)

 「でもさ、そんな昔から続いてるってことは、二人は本気だってことだよな?」ショウ君が、すっかり綺麗になったお皿を店員さんに差し出す。「だといいけど……。」ジュン君が渋い顔で店員さんからコーヒーを受け取る。おいらは上目遣いで二人を見ながら、まだ少し残っていたドライカレーをかっ込む。「木村さん、良い人そうだったぞ?」「ん~。」ジュン君は渋い顔でカリカリと後頭部を掻く。「考えてみて。二十歳そこそこの若い男を...全文を読む

PageTop▲

Sunshine (73)

Sunshine(やま)【61~80】

2019.06.24 (Mon)

 少し時間がずれてたから、ジュン君と三人でランチできた。庭を背景に海鮮バケットを食べる姿が様になる。今日の翔君はからあげ丼。ちなみにおいらはまたドライカレー。ほんと、ここのドライカレー好きなんだよね。ピリッとした辛さも、奥行きのある味わいも。「カズの写真、すっごいよかったよ~。」「あ、行って来たんだ。」「うん、会期まだあるから、ジュン君も絶対行った方がいいよ!ね?」ショウ君に相槌を求めると、大きくう...全文を読む

PageTop▲

明日に向かって吠えろ ~ 或る作家の呟き ~ ③

明日に向かって(やま)

2019.06.23 (Sun)

 『……サトシが始めてそれを意識したのは中学2年の頃だった。 同級生の唇がふと目に留まった。 ふっくらと厚い、熟したイチゴのような唇。 その唇が動く度、ズクリと腹の奥で何かが蠢く。 彼がしゃべる度、そのズクリがムクムクと大きくなり、 どうしようもない衝動に駆り立てられる。 その衝動の正体がわからぬまま、ただ、目が離せない。 口の中に溜まった唾を、ゴクンと嚥下する。 音が、大きく響き渡ったような気がして...全文を読む

PageTop▲

WONDER-LOVE Ever -118-

WONDER-LOVE Ever【101~ 】

2019.06.21 (Fri)

 「僕たち……これからどうなる?」ブランが、ノアを覗き見るように首を傾げる。「どうもしないよ!僕たちは二人一緒にサトシんちで暮らす!」「ママンと帝王様と……兄弟たちと離れて?」「……うん。」「悪魔君たちもミカエル様もガブリエル様もいないここで?」「…………うん。」「凪様もウリエル先生も……。」「もういいから!」被せ気味に怒鳴ったノアがブランを睨む。「じゃ、ブランはどうしたいの? 戻ったら、僕たち離れ離れだよ!」...全文を読む

PageTop▲

Sunshine (72)

Sunshine(やま)【61~80】

2019.06.20 (Thu)

 バスが停まって二人で降りる。向かったのはジュン君のカフェ。中に入って行って、カウンターの方を見ると、ジュン君が、ラフなカッコにエプロンで鍋を振ってる。料理してる横顔がイケメン!最近は天使度が増したって言うか……恰好もそうだけど、セットしない髪とか、ナチュラル感が増してて可愛い。ほら、今日だって、首回りがゆったりしたTシャツにシャツ羽織ってデニム履いてるだけ。それだけで、雑誌の1ページみたいに嵌ってる...全文を読む

PageTop▲

愛を歌おう ④

にのあい

2019.06.19 (Wed)

 泣いてることに気付いたら、涙が後から後から溢れて来て、止まらなくて。顔を隠すように、手の甲で拭ったけど、それじゃ全然おっつかなくて。こんなに泣いたこと、なかったんじゃないかな。大野さんと別れた、あの時だって涙なんかでなくって。どうしていいかわからず、ヒックヒックしゃくりあげながら泣いていたら、相葉さんがやってきて、ポンポンと頭を撫でてくれた。その手があったかくて、涙が余計に止まらなくなって。しまい...全文を読む

PageTop▲

前月     2019年06月       翌月

Menu

プロフィール

tepo

Author:tepo
アメブロでメインに活動しています。

嵐の大野君が大好きで、山LOVEです♪
腐っているので、ご理解のある方、
また成人女性限定でお願いします。

a Day in Our Life
    ↓
kissからはじめよう
    ↓
 Step and Go
    ↓
  果てない空

の順で続いています。
それぞれでも楽しめるようになっていますが、順番に読むと5人の成長がよりわかるのではないかと思います。

コメント等は受け付けていません。
何かありましたら、
アメブロの方へお願いします。
リンクにあります「TRIP アメーバ」から
ブログトップへ飛べます。
よろしくお願いします。

最新記事

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR