更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

【  2017年06月  】 

To be free ⑦

短編(いろいろ)

2017.06.29 (Thu)

 俺と課長がびっくりしていると、長瀬さんは相手に向き直り、高らかに宣言する。「俺はあなたを愛してます。 付き合ってください!」そう言って、右手を差し出す。差し出した相手は……。「「店長!!」」俺と課長、同時に叫んだ。「え、なになに?どういうこと?これ、なに?」店長は理由(わけ)がわからず、キョロキョロと俺らを見回す。そんな店長の両肩に、長瀬さんの大きな手が乗る。「俺は、あなた……茂さんを愛してます。 付き...全文を読む

PageTop▲

To be free ⑥

短編(いろいろ)

2017.06.28 (Wed)

 「ここ?会社の人、来るんじゃない?」「ここらで一番旨い焼き鳥なんだよ。」「でも……いいの?」俺はにっこり笑って、智の背中に手を添える。中に入ると、店長が人の良さそうな顔で迎えてくれる。「いらっしゃい。あ、奥に長瀬君も来てるよ。 懐かしい人と一緒でね。」店長が嬉しそうにニコニコ笑う。「ほら、やっぱり会社の人いるよ。帰ろう。」「大丈夫。智だって、一人の時にご飯食べれるとことか、あった方がいいでしょ?」俺...全文を読む

PageTop▲

To be free ⑤

短編(いろいろ)

2017.06.28 (Wed)

 俺は、智を引き寄せ、ギュッと抱きしめる。泣きだしそうだった智の目から、ポロリと涙が零れる。抱きしめて、ギュッと抱きしめて……。俺にはそうすることしかできない。「翔君……。」自由を渇望する智。でも……俺は、智を自由になんてできない……。「俺は……智をがんじがらめにする。」腕の中の智が、俺の背に腕を回す。「腕の中から逃がしてもやらない。」智がギュッと俺を抱きしめる。「心も……返してなんてやるもんか。 一生……俺だけ...全文を読む

PageTop▲

To be free ④

短編(いろいろ)

2017.06.27 (Tue)

 絞り出すように智が言う。愛してるのに……出て行く必要なんてあるのか?どんな理由で?俺には智の言い訳にしか聞こえない。俺を傷つけない為の、優しい言い訳にしか……。「そんな嘘、つかなくていいよ。」掴んだ智の腕から手を離す。その手の動きを追う智の目。「翔君……、おいらね、ずっとしたいことだけして生きてきた。」智が俺を見つめる。「絵が描きたくなったら絵を描いて、歌いたくなったら歌って……。 釣りをして、踊って、ま...全文を読む

PageTop▲

To be free ③

短編(いろいろ)

2017.06.27 (Tue)

 不動産屋はギリギリだったけど、間取り図を数枚もらって帰ってきた。今のとこは大学時代から住んでるから、大学には近かったけど、今の会社までは少しかかる。朝はできるだけ寝てたい……。間取りにそんなにこだわりはないし。コンビニによって、350の缶を2本買う。今日はもうちょっと飲みたい気分。ツマミも2、3コ買って、レジ袋を下げ、間取り図を見ながら、いつものように鍵を差し込む。ゴンとドアにビールが当たって、カチャッ...全文を読む

PageTop▲

To be free ②

短編(いろいろ)

2017.06.26 (Mon)

 「長瀬さんは……忘れられない人、いないんですか?」「忘れられない人ねぇ……いるよ。」「え?本当に?」俺があまりにも驚いた顔をしたからか、長瀬さんがふて腐れたように口を尖らす。「なんだよ、その顔。俺にだって、忘れられない女の十人や二十人……。」「そんなにいっぱいいらないですよ~。」俺がクスクス笑うと、長瀬さんも一緒になって笑う。「忘れられない人……いるけど、もう忘れた。」長瀬さんの矛盾する答え。でもきっと、...全文を読む

PageTop▲

To be free ①

短編(いろいろ)

2017.06.26 (Mon)

 ある日、突然、あなたはいなくなった。何も言わず、部屋もそのままで。電気は点けっぱなしだし、履いて行った靴はサンダル。近くのコンビニに行くみたいに、出て行ったあなたは戻ってこない。俺の部屋にいろんな物を残して……、あなたは一人、どこかに行ってしまった。「櫻井~、今日、暇?飯食いに行かない?」声を掛けて来たのは3コ上の長瀬さん。時計を見ると、7時10分……。飯に行くにはちょうどいい。でも……。「いや、すみま...全文を読む

PageTop▲

ふたりのカタチ (157)

ふたりのカタチ(やま)【141~160】

2017.06.25 (Sun)

 おいらはびっくりして、ショウ君をまじまじと見つめる。「え……あれ?サトシ……聞いてないの?」「うん……。」「田村さんはなんて言ってた……?」ショウ君も驚いた様子で、伺うようにおいらを見る。「男の子と……抱き合ってたって……。」「抱き合う……?」「……うん。」田村さん、おいらの為にオブラートに包んでくれたんだ……。でも、余計に衝撃が大きいよ、田村さん!おいらはハンバーグのタネを掴むと、両手の間でパシパシ放る。パン、パ...全文を読む

PageTop▲

ふたりのカタチ (156)

ふたりのカタチ(やま)【141~160】

2017.06.25 (Sun)

 「な、なんでもない……。」やっぱり……聞けないよ……。ショウ君はちょっと困った顔をして、おいらをソファーに座るよう促す。おいらも、素直にソファーに座る。隣に座ったショウ君が、おいらの手を優しく握る。「今日は……家で仕事?」「うん……そう……。」家で仕事してたけど……。「でも……田村さんに会った。」ショウ君、田村さんのこと、気にしてたのって……。ショウ君をチラッと見る。ちょっとショウ君がギクッとした。ギクッと?やっぱ...全文を読む

PageTop▲

ふたりのカタチ (155)

ふたりのカタチ(やま)【141~160】

2017.06.25 (Sun)

 家に帰って、思い出すのは田村さんの言葉。「若い男と抱き合ってて……。」頭の中をその声がグルグルする。抱き合ってたのは、おいらが見たあの子?ショウ君と仲良さそうに寄り添ってたあの男の子……。何度も頭を振って、違うこと、考えようとしたけど、できなくて……。ボーッとソファーに座っていたら、日が暮れ始めてて……。夏の日暮れは遅いのに……。夕飯の準備……しとかないと……。そう思ったけど、何にもやる気が起きない。本気……だっ...全文を読む

PageTop▲

前月     2017年06月       翌月

Menu

プロフィール

tepo

Author:tepo
アメブロでメインに活動しています。

嵐の大野君が大好きで、山LOVEです♪
腐っているので、ご理解のある方、
また成人女性限定でお願いします。

a Day in Our Life
    ↓
kissからはじめよう
    ↓
 Step and Go
    ↓
  果てない空

の順で続いています。
それぞれでも楽しめるようになっていますが、順番に読むと5人の成長がよりわかるのではないかと思います。

コメント等は受け付けていません。
何かありましたら、
アメブロの方へお願いします。
リンクにあります「TRIP アメーバ」から
ブログトップへ飛べます。
よろしくお願いします。

最新記事

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR