更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

【  2017年05月  】 

テ・アゲロ  the twins ⑧ -16-

テ・アゲロ the twins (5人)

2017.05.30 (Tue)

 「ちょっと!ちゃんと仕事してるんでしょうね?」電話口から、二宮の怒鳴り声が聞こえてくる。「当たり前だ!こっちは貞操の危機だってのに、仕事してるんだぞ。」周りに人影はないが、大野は声をひそめる。何と言っても携帯と違って、場所を変えて電話ができない。「貞操?そんなもん、最初(はな)からないでしょ。 あるんだったら、さっさとゴミ箱に捨てて、それ使って稼いでください!」「鬼だな。」「それくらい、貧窮した事務...全文を読む

PageTop▲

テ・アゲロ  the twins ⑧ -15-

テ・アゲロ the twins (5人)

2017.05.29 (Mon)

 朝食後、仕方なく大野は有岡と連れ立って、外に出る。このまま帰りたいのはやまやまだが、神事に使う花と言うのも見てみたい。夜とは違った、爽やかな空気に、大野が大きく深呼吸する。「はぁ~~~。空気が旨い!」「この辺は、空気を汚す物が何もないですからね……。 俺は汚れた空気、大好きですけど。 あ~あ、早く汚れた空気が吸いたい~。」大野は呆れ顔で有岡を見る。「ばかか。砂埃でも吸ってろ。」「ここから出られるんだ...全文を読む

PageTop▲

MONSTER ⑳

MONSTER(やま)

2017.05.28 (Sun)

 「飽きるまでなんて……どうして言うの?」俯いていた野獣が顔を上げます。「サトシ……。」「おいらが……そんな飽きっぽいやつだと……ショウ君をそんな風に思ってると……、 そう言いたいの?」「違う!そう言う意味じゃ……。」野獣が前のめりになって叫びます。「じゃ、どういう意味?」「それは……。」野獣がまた俯こうとした時、野獣の肩で、リスが拳を握りしめて応援します。「王子……!」野獣もグッと拳を握りしめます。「自信がないの...全文を読む

PageTop▲

MONSTER ⑲

MONSTER(やま)

2017.05.28 (Sun)

 「サトシ兄ちゃん!」三人が一斉に叫びます。「暴力は絶対ダメだって教えなかったか? しかも、無手の相手に道具を使うなんて!」サトシは野獣を端に寄せ、両手は腰、仁王立ちで立っています。薄暗い中でもわかるほど、目の吊り上がったサトシを見て、三人は嬉しいよりも先に、怖くてドキドキしています。本当に怒ったら、三人にとって、野獣よりもサトシの方が怖いのです。三人は体を寄せ合って震えます。「マサキ!カズナリ!ジ...全文を読む

PageTop▲

MONSTER ⑱

MONSTER(やま)

2017.05.28 (Sun)

 野獣はもう一口リンゴを食べます。野獣の口に押されて、リンゴがサトシの顔に近づきます。「サトシは、食べないのか?」リンゴを持ったまま、困ったサトシは目の前のリンゴにパクッと食いつきます。それを見た野獣も、そのままリンゴを食べ続けます。サトシの指を甘い果汁が伝います。野獣の口は大きく、3口で反対側の果肉が亡くなってしまいました。サトシはリンゴの向きを変えます。目の前のリンゴに齧りつきながら野獣を見上げ...全文を読む

PageTop▲

ティータイム 7

ティータイム

2017.05.28 (Sun)

 ごきげんよう、皆様。昨日、久しぶりにあのsalonに行って来ましたの。大野さんがいないんですもの。わたくしの足が遠のいても仕方ありませんわ。ですけど、皆様、朗報です!翔様が、海上で大野さんを捕まえたようなんですの!お二人でヨットでクルージング中とのこと……。ああ、想像するだけで胸がキュンッ……としませんこと?あのお二人が頬を寄せ合って会話している様子……。船首で両手を広げる大野さんを後ろから抱きしめる翔様……...全文を読む

PageTop▲

ティータイム 6

ティータイム

2017.05.28 (Sun)

 ごきげんよう、皆様。今日は残念なお知らせがありますの。あのsalonの大野さんが……、大野さんが……。……旅に出られてしまったの~~~っ!わたくし、半身をもぎ取られたような胸の痛みを感じておりますわ……。あの、大野さんの歌声を聞くことができないなんて……!あの穏やかな笑顔。フッと見せる憂いを帯びた横顔……。それに、当分、お目にかかることができないなんて……!わたくし、胸がいっぱいで、ケーキも喉を通りませんの……。...全文を読む

PageTop▲

MONSTER ⑰

MONSTER(やま)

2017.05.28 (Sun)

 サトシは部屋で悶々としていました。何をしても、すぐに野獣の顔が浮かんできます。夢の中の野獣の舌使いと、パンケーキを食べた時の野獣の口元が、交互に頭の中に現れて、サトシを苦しめます。「おいら、ほんとどうしちゃったんだろ……。」ベッドの上で、額に手を翳し、天井を見上げます。すると、いつの間にか枕元にいたリスがサトシに近寄ってきます。「リスさん……まだいたの?」サトシはリスに指を出します。リスがカシカシとサ...全文を読む

PageTop▲

MONSTER ⑯

MONSTER(やま)

2017.05.27 (Sat)

 その頃、サトシの家では弟たちが頭を寄せ合っていました。「サトシ兄ちゃん……大丈夫かな……?」心配そうに城の方に目をやるジュンの肩を、マサキが叩きます。「大丈夫だよ。サトシ兄ちゃんだよ?いざとなったら野獣を蹴り飛ばして逃げてくるよ!」元気づけようと、声を上げて笑いますが、マサキの声は空滑りするばかり。「オレのせいでサトシ兄ちゃんが……。」ジュンは泣きそうな顔でマサキを見上げます。「そうですね……これ以上は待...全文を読む

PageTop▲

MONSTER ⑮

MONSTER(やま)

2017.05.27 (Sat)

 「おいら……どうしちゃったんだろ……。」サトシは部屋に駆け込むと大きく深呼吸します。何度も何度も空気を吸い込むと、少し落ち着いてきたような気がします。「ショ、ショウ君の笑顔が可愛いなと思ったら……。」先ほどの野獣の笑顔を思い出します。また、カッと顔が熱くなり、心臓が鳴り出します。「あぁ~、おいらどうしちゃったんだ?胸が痛い……。」サトシは自分の胸をギュッと掴むと、ドサッとベッドに体を投げ出します。冷たいシ...全文を読む

PageTop▲

前月     2017年05月       翌月

Menu

プロフィール

tepo

Author:tepo
アメブロでメインに活動しています。

嵐の大野君が大好きで、山LOVEです♪
腐っているので、ご理解のある方、
また成人女性限定でお願いします。

a Day in Our Life
    ↓
kissからはじめよう
    ↓
 Step and Go
    ↓
  果てない空

の順で続いています。
それぞれでも楽しめるようになっていますが、順番に読むと5人の成長がよりわかるのではないかと思います。

コメント等は受け付けていません。
何かありましたら、
アメブロの方へお願いします。
リンクにあります「TRIP アメーバ」から
ブログトップへ飛べます。
よろしくお願いします。

最新記事

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR