更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

【  2014年07月  】 

タイムカプセル ⑱

タイムカプセル(5人)

2014.07.28 (Mon)

 コンビニを右に曲がると、空き地が顔を出した。周りを木の杭と針金で囲われ、雑草が膝くらいまで育っている。時々、バッタが飛び上がり、どこからか聞こえる蝉の声もうるさいくらいだ。「さっきまで、蝉、あんまりうるさくなかったのに…。」サトシが空き地を見て、目を輝かせる。「これなら余裕で入れる。」ジュンが自転車を止め、針金の間から空き地に入っていく。4人も次々に自転車を止め、空き地に入っていく。雑草が肌を掠っ...全文を読む

PageTop▲

タイムカプセル ⑰

タイムカプセル(5人)

2014.07.27 (Sun)

 その時、後ろの方で短い悲鳴のような声が聞こえて、サトシとジュンが振り返る。後ろから勢いよく走ってくる男。ジーパンに黒いTシャツ。夏だというのに黒の目出し帽。その後ろには、道に倒れたお婆さんの姿が見える。男は走りながらキョロキョロと周りを見回すが、逃げ道は正面しかない。正面には自転車をほぼ横並びに止めている5人。細い道を埋め尽くしている。男は一番弱そうに見えたのか、真ん中にいるジュンとサトシの間に向...全文を読む

PageTop▲

タイムカプセル ⑯

タイムカプセル(5人)

2014.07.27 (Sun)

 「まだ、1本か2本、道を間違えてるだけだと思うんだ。」「そうかな?本当に辿り着けるの?」カズが意地悪そうに唇の端を上げて笑う。「辿り着けるよ!」ジュンが声を上げてると、同じくらい声を上げてカズが言う。「本当に、そんなとこあるんですかね~?」「あるよ!」自転車がなかったら、掴みかかりそうなジュンをショウが手で止める。「だから、もう1本、ずらして探してみようよ。」「それで本当に行けるんですかね~。サト...全文を読む

PageTop▲

タイムカプセル ⑮

タイムカプセル(5人)

2014.07.27 (Sun)

 やはり、10分進んでもコンビニはなかった。5人は引き返し、さっきの場所に戻ろうとしたが、今度はさっきの場所がわからなくなっていた。「もうさっきの場所、通り過ぎちゃった?」マサキが不安そうにジュンに聞く。ジュンも不安を隠せない。道に迷ってしまっては、兄ちゃんの地図も全く役に立たない。「いや、まだ着いてないよ。だよな?」ショウに同意を求める。「わからないよ…。でも、もう10分以上は戻ってるはず…。」ショ...全文を読む

PageTop▲

タイムカプセル ⑭

タイムカプセル(5人)

2014.07.24 (Thu)

 5つ目の陸橋まで来た5人は、ジュンの地図を頼りに土手を下りた。「コンビニだよね~。」サトシは自転車を引きながら、キョロキョロと周りを見回す。その道は土手沿いを走る細い道で、車も時折通るくらい。コンビニなんて、ありそうもなかった。「この辺にはなさそうだけど…。」マサキも一緒にキョロキョロする。「この辺なんだよね?」ショウが心配そうにジュンの地図を覗き込む。「ちょっと走るか。」ジュンが自転車に跨ると、み...全文を読む

PageTop▲

マダ上ヲ

短編(いろいろ)

2014.07.23 (Wed)

 全文を読む

PageTop▲

タイムカプセル ⑬

タイムカプセル(5人)

2014.07.22 (Tue)

 川はどこまでもつづいているようだった。行く手に広がる入道雲が空の青さを強調している。抜けるような青空は5人を、竜の木まで導いてくれそうな気がした。4つ目の鉄橋を越えると、サトシのこめかみを汗が伝った。サトシは汗にあたる風が心地よくて、ちょっと上を向く。緑の匂いが鼻をくすぐり、知らず知らずのうちにふふっと笑っていた。5人は5つ目の鉄橋に到着すると、お昼にすることにした。鉄橋の下のコンクリに円を描いて腰を...全文を読む

PageTop▲

タイムカプセル ⑫

タイムカプセル(5人)

2014.07.21 (Mon)

 川はゆるやかなカーブを描いて流れている。一列に並んで走る5人は3本目の陸橋の下で休憩することにした。「はぁ~、涼し~。」ジュンが芝の上に腰を下ろす。「結構、近そうだね。もっと遠いかと思った。」ショウもジュンの隣に腰を下ろす。「サトシ、ここ。」ショウは自分の隣の芝を叩き、サトシを呼ぶ。呼ばれるままに隣に座ったサトシは、ニッコリ笑って汗を拭く。「お腹空いた~。」マサキが芝の上に足を投げ出し、両手を後ろに...全文を読む

PageTop▲

タイムカプセル ⑪

タイムカプセル(5人)

2014.07.21 (Mon)

 自転車は公園から土手に向って走り始めた。ほどなくして、土手の下に着くと、5人は気持ちがいいという理由で、土手の上を走ることにした。土手の上は何もさえぎる物がなく、青い空がどこまでも続く。行く手には大きな入道雲が待ち構えている。「ジュン、道、聞いてきた?」ショウがリュックの中を探りながら、ジュンに言う。任せろと言わんばかりの顔で、ジュンが鞄から紙を取り出す。その紙をみんなの前に広げると、そこには、と...全文を読む

PageTop▲

Love so sweet ⑰

Love so sweet(やま)【1~20】

2014.07.20 (Sun)

 おいらの前には今朝発売のタブロイド紙。目に飛び込んでくるのは「翔・熱愛」の文字。ソファーに座って片足を抱きこむ。わかってるよ?こんなことあるわけないって。「禁断の愛」?おいらと翔君の方が禁断だよ!でも、本当だったらどうしようって。頭をもたげないわけじゃない…。愛されている自信がないわけでもない…。でも……。う~ん。頭がグルグルする。こういう話が載るよって翔君からも聞いてたけど、実際に目の前にすると……。...全文を読む

PageTop▲

前月     2014年07月       翌月

Menu

プロフィール

tepo

Author:tepo
アメブロでメインに活動しています。

嵐の大野君が大好きで、山LOVEです♪
腐っているので、ご理解のある方、
また成人女性限定でお願いします。

a Day in Our Life
    ↓
kissからはじめよう
    ↓
 Step and Go
    ↓
  果てない空

の順で続いています。
それぞれでも楽しめるようになっていますが、順番に読むと5人の成長がよりわかるのではないかと思います。

コメント等は受け付けていません。
何かありましたら、
アメブロの方へお願いします。
リンクにあります「TRIP アメーバ」から
ブログトップへ飛べます。
よろしくお願いします。

最新記事

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR