更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2014 051234567891011121314151617181920212223242526272829302014 07

【  2014年06月  】 

Don't stop ~ やま+死神 Ⅲ 後 ~

Don't stop(いろいろ)

2014.06.08 (Sun)

 「やっぱり、予定時刻にHしなかったから助かった?」智君が不思議そうに俺を見る。「ん~、そうなの?」俺は死神に問いかける。「それが…、私の大失態でして…。」「なに?どうしたの?」「二人が…、あんまり仲睦まじいので…見ていられなくてですね…。」死神が俺を見て咳払いをする。それはどうもすみませんでした…。遣り残したことやれっていったの死神だろ!「一人、夜の公園を散歩しておりました。 気持ちの良い風と星空を堪能...全文を読む

PageTop▲

Don't stop ~ やま+死神 Ⅲ 中 ~

Don't stop(いろいろ)

2014.06.08 (Sun)

 気づくと陽はすっかり上り、初夏の陽気が寝室を満たしていた。「あ…何時だ?」時計を見ると11時を回っている。俺…そんなに寝た?隣を見ると、智君がいない。リビングに行くと、智君がソファーでテレビを見てる。死神は……いないようだ。「智君…。」俺は後ろから智君に抱きつく。「おはよう。翔君。うふふ。おはようじゃないね。」智君が俺の腕に手を添える。俺は隣に腰を下ろし、智君の肩に手を回す。智君の頬に手を添え、キスする...全文を読む

PageTop▲

Don't stop ~ やま+死神 Ⅲ 前 ~

Don't stop(いろいろ)

2014.06.08 (Sun)

 「……とうとう、3日目だね…。」ベッドの中で枕に顔を埋めて、智君が呟く。窓から差す木漏れ日と、鳥の鳴き声が、朝が来たことを教えてくれる。「うん。…ここまでヤリまくったら……本望…。」俺は精も根も尽き果てて、ベッドでぐったりしている。文字通り、精も、根も、使い果たした…。ヤリまくった。智君が壊れるんじゃないかと思うくらいヤリまくった。いつもはセーブする気持ちに歯止めをかけず、性欲の赴くっまにヤリまくった。で...全文を読む

PageTop▲

果てない空 -16-

果てない空 【1~20】

2014.06.08 (Sun)

 数日後、舞台の練習が始まった。歌、ダンス、演技…。すべてが要求されるミュージカル。翔は特に歌唱力が必要とされた。ボイストレーニングを中心に、念入りに練習していく。正直、翔は歌が得意だと思ったことはなかった。小さな頃からピアノを習っていたので、音感はいいはずなのだが、翔の憧れる、大野のような声には到底及ばない。声質、音域、翔にとっては課題が山積みだった。同じように、松本はソロがない代わりにハードなダ...全文を読む

PageTop▲

Don't stop ~にの(あい)+死神 Ⅲ ~

Don't stop(いろいろ)

2014.06.08 (Sun)

 「二宮さん、大丈夫ですか?」「ん……。ぼーっとする。」「それはいけませんね…。」ベッドに横になり、口に体温計を咥えた私。目の前がぼんやりする。ベッドの脇で死神が、心配そうに私を見てる。体温計を口から出すと、ぼんやりした目でほんやり見る。3…9…。え?39度?一気に体から力が抜けていく。「どうしました?二宮さん。」「熱が…。」「熱?」「人間…は病気に…なると……熱が出る…。」私はかすれた声でせつめいする。「それは…...全文を読む

PageTop▲

果てない空 -15-

果てない空 【1~20】

2014.06.03 (Tue)

 全文を読む

PageTop▲

果てない空 -14-

果てない空 【1~20】

2014.06.03 (Tue)

 1時間位経った頃、翔がやってきた。「悪い!遅れた!」「翔ちゃん、もう肉ないかんね~。」相葉があははと笑い、肉の皿を指差す。「え~っ!?ないの?ほんとに?」翔は空いている二宮の隣に座ると、お絞りで手を拭きながら、テーブルの上を物色する。「大丈夫。ちゃんととってあるから。」大野が笑い、とっておいた肉を取り出す。「潤君が、翔君がかわいそうだからって、とっといてくれたんだよ。」翔が松本を見ると、松本は照れて...全文を読む

PageTop▲

果てない空 -13-

果てない空 【1~20】

2014.06.03 (Tue)

 二日後、久しぶりに五人で飲もうという話に、相葉は大張り切りだった。予約した店に、相葉と大野が先につく。銀座のしゃぶしゃぶの店で、なかなか評判がいい。個室は政治家が使うことでも有名だ。政治家に比べればまだ幼い彼らだが、人目を避けるため、個室を頼んだ。「なんか、ちょっと大人のお店って感じじゃない?」「うん…。ジーパンでいいのかな?」大野は自分の身なりを確認して不安になる。「個室だし…、大丈夫じゃない?」...全文を読む

PageTop▲

果てない空 -12-

果てない空 【1~20】

2014.06.03 (Tue)

 「翔君…。」「……ん、ごめん。大人じゃなかったね。」翔の緊張が解ける。机の上で腕を組み顎を乗せて、大野を見る。「うん。大丈夫。おいらのせいだし…。」「そんなことないよ。」「これから3ヶ月、一緒にやっていける?」「……。」「松潤は頑張ってるんだよ。必要以上に背伸びして。」「そうやって、潤をかばう…。」「…一番年下なんだよ?」「大野君はいつだって、潤に甘い。だから、この間みたいなことになるんだよ。」「そんなこ...全文を読む

PageTop▲

果てない空 -11-

果てない空 【1~20】

2014.06.03 (Tue)

 数日後、舞台「ウエスト・サイド・ストーリー」の制作会見が行われた。翔と大野と松本はその会見に並ぶ。夏に三人の大先輩が行った舞台。それに役とほぼ同年代の三人が挑む。相手役は大きな劇団の女優陣。新人ではあっても、その踊り、歌唱力は群を抜いている。有名劇団との共演とあって、マスコミも騒ぎ、話題性は十分だった。会見はつつがなく終了し、この後の個別インタビューまで三人は控え室で待機することになった。「大野さ...全文を読む

PageTop▲

前月     2014年06月       翌月

Menu

プロフィール

tepo

Author:tepo
アメブロでメインに活動しています。

嵐の大野君が大好きで、山LOVEです♪
腐っているので、ご理解のある方、
また成人女性限定でお願いします。

a Day in Our Life
    ↓
kissからはじめよう
    ↓
 Step and Go
    ↓
  果てない空

の順で続いています。
それぞれでも楽しめるようになっていますが、順番に読むと5人の成長がよりわかるのではないかと思います。

コメント等は受け付けていません。
何かありましたら、
アメブロの方へお願いします。
リンクにあります「TRIP アメーバ」から
ブログトップへ飛べます。
よろしくお願いします。

最新記事

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR