更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

【  2014年03月  】 

Gimmick Game - Kissからはじめよう side story -

Gimmick Game(にのあい)

2014.03.31 (Mon)

 「櫻井、あいつ、ヤバくない?」「何が?」「大野君に憧れてるって言うけど、あれ、超えてるよ。」「へぇ。」「京都でも、夜、いなかったらしいし。」「夜遊び?中学生の分際で!」「違うよ。一緒にいたらしいって。」「うっそ!」「らしいよ。もうやってるかも。」「うわぁ。俺、いくらモテなくても男は勘弁。」「俺も。絶対無理だわ。」「でも男も結構いいらしいよ。」「じゃ、お前今度誘ってみろよ。」二人はクスクス笑ってる。...全文を読む

PageTop▲

Love Situation 表 - Kissからはじめよう future story -

Love Situation(やま)

2014.03.31 (Mon)

 全文を読む

PageTop▲

君のために僕がいる - Kissからはじめよう side story -

君のために僕がいる(にのあい)

2014.03.31 (Mon)

 ニノが知らない人と親しげに話してる。「ニノ~!」ニノの前に大野君と踊ってた先輩が座ってた。「何話してるのぉ~。」ニノの隣に座る。「おおちゃんはやめとけって言ってたとこ。」「えっ?」「あいつは難しいと思うよ。」「どうしてですか?」俺は近くにあった、ニノのウーロン茶を一口飲む。「あいつのスケッチブック見たことある?」「…ないです。」ニノは黙って聞いている。「あいつさ、同じやつをいっつも描いてるの。日記...全文を読む

PageTop▲

Kissからはじめよう -19-

Kissからはじめよう(やま)

2014.03.30 (Sun)

 大野は近くの荷物にかけてあった布を取ると、自分達の体と床を拭いた。着衣を直して、窓際に腰を下ろすと翔を自分の前に座らせる。背中から抱きしめ、耳に口づけながら話す。「翔君…ありがとう。」「俺も、ありがとう。」大野はポケットから小さな箱を取り出すと、それを翔の手に握らせる。「何?」「開けてみて。」翔が箱を開けると、中にはあのピアス。「探してくれたの?」「違うよ。あの時…、おいらが買ったの。」「えっ?…店...全文を読む

PageTop▲

Kissからはじめよう -18-

Kissからはじめよう(やま)

2014.03.30 (Sun)

 全文を読む

PageTop▲

Kissからはじめよう -17-

Kissからはじめよう(やま)

2014.03.30 (Sun)

 二人は窓の下に腰を下ろした。窓の影に二つ並んだ丸い影。「ねぇ。」翔が聞く。「どうして携帯、ニノにだけ教えたの?」「それは…。」「俺だって、教えて欲しかったのに。」「…電話で言ったでしょ。翔君をダメにしちゃうからって。」「そもそも、それってなんなの?」「何って?」「ダメにしちゃうって。」大野は一つ息を吐いた。「……夢を見たんだよ。」「夢?」「そう、……翔君を脱がして、襲ってる夢。」「襲うって……。」「うん、...全文を読む

PageTop▲

Kissからはじめよう -16-

Kissからはじめよう(やま)

2014.03.29 (Sat)

 ベンチから立ち上がり、神社の右手にある建物の方へ進んでいく。「これね、神楽の舞台なんだって。今は閉めてあるけど。」大野はそのまま進み、横にある扉に手をかける。ガチャ。やはり鍵が締まっている。「この間の雨の日に見つけたの。見て。」そう言って裏の木戸に手をかける。少し力を入れて引くと戸が開く。「ね。」大野は木戸から中に入っていく。翔も続いて中に入る。中は薄暗く、埃っぽい。あの倉庫のようだ。大野は靴を脱...全文を読む

PageTop▲

Kissからはじめよう -15-

Kissからはじめよう(やま)

2014.03.29 (Sat)

 合宿所の玄関に大野が立っていた。手をポケットに突っ込んで、落ち着かないのか小刻みに体を揺らしている。うつむきがちで猫背な影が、青い月に照らされて細く長く伸びる。満月にちょっと足りない光が、木々をより一層黒々と映し出し、青い光が大野の髪にはね返り、柔らかく輝く。翔は物語の1シーンを見ているようで、立ちすくむ。「あ、翔君。」翔に気づいた大野がふにゃっと笑ってみせる。やっと、大野に会えた気がした。胸がゆ...全文を読む

PageTop▲

Kissからはじめよう -14-

Kissからはじめよう(やま)

2014.03.29 (Sat)

 しばらく先輩の話に付き合い、様子を見て翔は立ち上がった。「行くの?」二宮が翔の腕を掴む。「うん。行かせて。」二宮がすっと腕を離す。「今回は特別だからね。」「どこか行くの?」隣の人と話していた先輩が、二人の会話に気づいた。「はい、ちょっと…。」翔が言い淀む。「ふ~ん、いってらっしゃい。」意味深に、にやりと笑った。翔は見透かされているようで目を外らす。そのまま立ち上がり、「じゃ、失礼します。」そう言っ...全文を読む

PageTop▲

Kissからはじめよう -13-

Kissからはじめよう(やま)

2014.03.28 (Fri)

 次の日、翔達の出番は1日5公演の内、3公演あった。これが終わると明日、東京へ帰らなければならない。翔は出番を待って、上手で待機していた。淡い琥珀色の着物を着た大野が、翔の頭をポンと叩いた。行ってくるというように、翔に力強く笑顔を向ける。翔も心の中で頑張ってと応援した。袖から見る大野は客席から見るより、より大きく見えた。飛んだ時の足の美しさ、歌った時の声の艶、仲間のミスにも動じない貫禄。翔はドキドキし...全文を読む

PageTop▲

前月     2014年03月       翌月

Menu

プロフィール

tepo

Author:tepo
アメブロでメインに活動しています。

嵐の大野君が大好きで、山LOVEです♪
腐っているので、ご理解のある方、
また成人女性限定でお願いします。

a Day in Our Life
    ↓
kissからはじめよう
    ↓
 Step and Go
    ↓
  果てない空

の順で続いています。
それぞれでも楽しめるようになっていますが、順番に読むと5人の成長がよりわかるのではないかと思います。

コメント等は受け付けていません。
何かありましたら、
アメブロの方へお願いします。
リンクにあります「TRIP アメーバ」から
ブログトップへ飛べます。
よろしくお願いします。

最新記事

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR