* Novel List

NovelListは小説の第一番目の記事にユーザー タ グ  を設定することで自動作成される、掲載小説の一覧ページです。
  ⇒NovelList のサンプルページ
詳しくは作者ブログ 五つの基本設定 『4.Novel List のための設定』をご参照ください。

NovelListのリンクボタンが不要な場合はスタイルシートの末尾に以下を追加してください。
.go-novel { display : none!important ; }

小説関連の表示が全て不要な場合はスタイルシートの末尾に以下を追加すると消えます。
.delete { display : none!important ; }

※尚、ユーザー タ グ を設定するとこの説明文は表示されなくなります。

  WONDER-LOVE Ever  

*  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2018.05.20 ~  執筆
「ブラン!」ノアの声に、ブランの体がピクッと揺れる。上空でブランを見つけたノアは羽を閉じ、ブランの元に下りて来る。振り返ったブランはふくれっ面を隠しもせず、抱えた膝に顎を乗せる。「やっぱりここにいた!」ブランがいたのは、地獄の宮の最上階の屋根の上。ここからなら地獄が一望に見渡せる。完成したバベルの塔は高く高く、天まで続き、三途の川がゆるやかに流れる。やってきたノアもブランの隣に腰を下ろす。「ブラン...

 WONDER-LOVE Ever -1- 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ 

 ▲PageTop 

  Sunshine  

*  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2018.04.24 ~  執筆
「じゃ、行って来る。」「ん、いってらっしゃい。」ショウ君の手がおいらの腰に回る。されるまま、おいらもショウ君の首に手を回す。いってらっしゃいのチュー。外国の人がするみたいな、軽くておしゃれなキス……。にはならず、ショウ君の舌はおいらの舌を舐めまわす。「あ…んっ……ショ……。」吐息を吐いて、軽く首を振っても、ショウ君の手は顎を押さえて離してくれない。深くなるキスは、おいらの腰をショウ君に押し付けて行く……。...

 Sunshine -ふたりのカタチ side story - 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ 

 ▲PageTop 

「短編」
  短編(いろいろ)  

*  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2018.04.17 ~  執筆
目の前にはいく筋もの道。真っ黒いフードを被った男が、おいらに問う。「あなたはそっちの道を選択するの?」おいらが答える。「……そうだよ。何かモンクある?」男がさらに聞く。「そっちの道は難しいよ。いいの?」「いいんだよ。おいらがそう決めたんだから!」黒いフードの中で、男がふふっと笑う。「なら歩んでごらん。あなたが選択した道を。」真っ黒い男が、フードの下からサッと腕を上げ、パチンと指を鳴らす。すると、おい...

 wanna be… 上 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ 【 総もくじ 】

 ▲PageTop 

  夢でいいから(やま)  

*  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2018.03.25 ~  執筆
「ほんとっ、わりぃ!」顔の前で両手を合わせ、俺を拝み倒そうとするのは、社内一のキレ者同期櫻井。「んなこと言われたって……。」「そこをなんとか!」「できるか、そんなこと!」「できる!大野ならできる!」できるって言われたって、全然嬉しくねぇぞ。「もう、頼めるの、大野しかいないんだよ。」それがそもそもわかんねぇ。なんで俺なんだ?「無理無理。他を当たれ。」「当たれるなら、当たってるよ!」おっ、キレ始めた?櫻...

 夢でいいから ① 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ 

 ▲PageTop 

  BORDER  

*  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2018.03.15 ~  執筆
「ん、んん~。」カーテンの隙間から差し込む光の眩しさに、智はギュッと目をつぶる。もう朝……。う~んと伸びをする。その手が櫻井の顔に当たる。「んっ。」しかめた顔の櫻井に、智がクスッと笑う。「おはよ。もう朝だよ。」櫻井の頬を撫で、チュッと自分の唇を当てる。「ん~っ。まだ、ねぶぃ~……。」欠伸を噛み殺し、櫻井の腕が智を包む。「んふふ。起きないと……。」そう言う智も、布団から出ることなく、櫻井の腕に埋もれる。体...

 BORDER ① 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ 

 ▲PageTop