FC2ブログ

* Novel List

NovelListは小説の第一番目の記事にユーザー タ グ  を設定することで自動作成される、掲載小説の一覧ページです。
  ⇒NovelList のサンプルページ
詳しくは作者ブログ 五つの基本設定 『4.Novel List のための設定』をご参照ください。

NovelListのリンクボタンが不要な場合はスタイルシートの末尾に以下を追加してください。
.go-novel { display : none!important ; }

小説関連の表示が全て不要な場合はスタイルシートの末尾に以下を追加すると消えます。
.delete { display : none!important ; }

※尚、ユーザー タ グ を設定するとこの説明文は表示されなくなります。

  Baby Blue(いちご)  

*  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2018.08.30 ~  執筆
小さい頃から見てた夢は、水色がかった透明な色彩で、その中に、ポワンと笑うサトシがいた。サトシは俺の成長と同じように大きくなって、それでもただ、ポワンと笑う。ただ、それだけの夢。サトシは幼稚園からの幼馴染。サトシの他にも幼馴染はいたけど、他のみんなとはちょっと違うサトシの笑顔。ただ単純にその笑顔を一人占めしたくて、張り合ったりしたこともあったけど……。俺の望むサトシの笑顔は……別の場所にあるって気付いた...

 Baby Blue 上  』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ 

 ▲PageTop 

  愛してると言えない(やま)  

*  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2018.08.19 ~  執筆
「潤……。」アクリル板越しに向かい合う潤はやつれていた。頬がこけ、目も落ちくぼみ、相当憔悴している。元々目鼻立ちの整った潤だ。凄みが増して、犯人然として見える。ほんの二日前は、キラキラ輝く笑顔だったのに……。「翔さん、俺……。」「わかってる。」アクリル板に手を添える。潤も俺の手に合わせ、透明な板の向こうから手を合わせる。「やってない……、俺はやってない!」「わかってるから。」「翔さん……。」今にも泣きそうに...

 愛してると言えない 1話 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ 

 ▲PageTop 

  夏疾風(やま)  

*  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2018.08.10 ~  執筆
翔く……あ、いや、櫻井さんのパンツがなくなった……。そんなに騒ぐことかぁ?男がパンツの一枚や二枚なくなったからって……。騒ぐくらい、大事なパンツだったんか?そのパンツ……相葉先生に誕生日に貰ったって言ってたパンツだろ?……そんなに大事なパンツなら履かずに家に飾っとけ!くそっ。パンツがなくなったくらいで騒ぐんじゃねぇよ!あ、そうか。相葉先生へのアピールか。ないのは盗まれたからですって、そう言いたかったのか!そ...

 夏疾風 大野の推理? 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ 

 ▲PageTop 

「短編」
  短編(いろいろ)  

*  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2018.08.05 ~  執筆
小さな明りのついた小部屋。部屋にあるのは書き物机と椅子が一つ。あなたは椅子に座ったり、立ったり。不自然な動き。ソワソワするあなたの表情は暗い。ただ、ドアだけを見つめ、不安げに首を振る。不安で歪む顔、眉間による皺。それはあなたの美しさを際立たせる。長い指がこめかみを撫で、髪を掻き上げる。男にしては細い体を、自ら抱きしめ、煩わし気にシャツのボタンを一つ外す。不安を振り払おうと、あなたが窓に向かって笑顔...

 サワレナイ 上 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ 【 総もくじ 】

 ▲PageTop 

  ワイルドアットハート(やま)  

*  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2018.07.24 ~  執筆
「ぐふふふふふ。翔ちゃんも登り始めたんだね、でっかい山に!」楽しそうな相葉君の笑い顔。そんなに笑わなくてもいいのに。ほら、目が三日月みたいになってるし!「笑うなよ。」「ごめんごめん。」相葉君が焼酎のグラスを口にする。楽屋で話そうかと思ったけど、誰かに聞かれるとまずいので、知り合いの居酒屋に個室を取ってもらった。「ちゃんと自分で調べたのはえらいよ~。」相葉君が上から目線で俺の頭を撫でる。なんだよその...

 Love Rainbow ① - ワイルドアットハートおまけ - 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ 

 ▲PageTop