FC2ブログ

* Novel List

NovelListは小説の第一番目の記事にユーザー タ グ  を設定することで自動作成される、掲載小説の一覧ページです。
  ⇒NovelList のサンプルページ
詳しくは作者ブログ 五つの基本設定 『4.Novel List のための設定』をご参照ください。

NovelListのリンクボタンが不要な場合はスタイルシートの末尾に以下を追加してください。
.go-novel { display : none!important ; }

小説関連の表示が全て不要な場合はスタイルシートの末尾に以下を追加すると消えます。
.delete { display : none!important ; }

※尚、ユーザー タ グ を設定するとこの説明文は表示されなくなります。

「短編」
  短編(いろいろ)  

*  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2019.02.23 ~  執筆
「部長……なんだって?」「……着いてきたの?」風のない、冬にしては温かい夜。缶ビールを握って、橋の上で川を見つめる俺を、櫻井が心配そうに見つめる。「あなたの表情が……気になって。」俺の隣にやってきて、欄干に肘を突く。俺はギュッと唇を噛みしめ、ビールを煽る。「広島だって……。」「広島?……異動?」ゆっくりうなずき、櫻井に向き直る。「それじゃ、俺達、遠恋……。」櫻井の言葉を遮って言う。「別れよう。」驚いた櫻井の顔...

 サヨナラのあとで ① 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ 【 総もくじ 】

 ▲PageTop 

  STORY  

*  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2019.01.08 ~  執筆
「先生!准教授、おめでとうございます。」構内の売店で、声を掛けられて振り返る。爽やかな笑顔の好青年が立っている。確か……菊池…君だったかな?「ああ、ありがとう。」私は手にした菓子パン二つで、悩みながら返事をする。クリームのついた甘いパンにしようか、コロッケの入った総菜パンにしようか。う~む、悩む。「先生なら当然ですか?」「まさか。そんなことはない……順番ってところかな?」結局、二つとも持って、レジに向...

 STORY scene#1 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ 

 ▲PageTop 

「短編」
  短編(いろいろ)  

*  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2019.01.03 ~  執筆
「カップルかよ!」誰かのヤジに、んふふっとほくそ笑む。だって、そういうの、好きじゃん?ファンの子とか。結構、メンバーも。ほら、みんなおもしろそうに笑ってるし。「これで撮影終了で~す!」スタッフの声に、みんながバラバラと動き出したところで、翔ちゃんが、笑いながら俺の肩を叩く。「ははは、お疲れさん。」離れてく翔ちゃんの腕。「お疲れさん。」見上げた翔ちゃんはいつもの笑顔。「大ちゃん、大ちゃん!絶対見た方...

 もどり雨 上 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ 【 総もくじ 】

 ▲PageTop 

「タイムカプセル」
  手つなごぉ  

*  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2018.12.24 ~  執筆
「マー君、もう帰る?」下駄箱から靴を取り出してたら、サトシがやってきた。「うん、帰る。サトシも?」「うん。一緒に帰ろ?」サトシの後ろを見ると、誰もいない。ラッキー。サトシ一人だ!いつもはショウちゃんとかカズとかジュン君がやってきて、サトシと話したくても話せない。オレも頑張ってるんだけど、ジュン君睨むし、カズはブツブツ言うし、ショウちゃん割って入って来るし!サトシと一緒にいると、なんでだか和むんだよ...

 手つなごぉ ① 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ 【 総もくじ 】

 ▲PageTop 

  イチオクノホシ(やま)  

*  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2018.12.15 ~  執筆
目を開けると、ルームランプの中で微睡む横顔。長い睫毛から、通った鼻筋。ほとんど音のしない寝息。ん~、……このテンポはアダージョ。唇から零れる息遣いは甘いドルチェ。若い肌の上の柔らかそうな産毛のラインはレガート。そっと撫でると、微かに動く、光沢を放つ筋肉。「起きた……?」「…………。」口の端が動いたように見えたのは気のせいか?密着した智の肩甲骨が、ゆっくりと俺の胸を押す。シーツを引き寄せ、仄かな明りからも逃...

 イチオクノホシ ~ Swan Lake ~ ① 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ 

 ▲PageTop